カテゴリー「Mac用Game」の記事

2020年4月30日 (木)

Aleph One JPをMacでプレイする(Catalina版)

Aleph One についての詳しい説明は省略するが、早く言えばフリーの 3D FPS (一人称シューティングゲーム) の実行環境である。プレイするには別途シナリオファイルが必要で、長年にわたり多くのシナリオが作成されている。

marathon-infinity
(クリックして拡大)
(プレイ中のシナリオは Marathon Infinity。写っているのはその最終ステージ)

幸いなことに、日本語版も開発されており、有志達の手により日本語化されたシナリオもいくつか配布されていて、英語が苦手な人でも楽しめる環境が整っている。

本項で扱うのはその Mac 版である。Mac 版の実行ファイルは更新が長い間止まっていたが、どうやら2019年から更新が再開されたようだ。

筆者が試した限りでは、記事執筆時点の最新版 AlephOneJP-20200404-Mac.dmg が macOS Catalina (10.15.4) 上で問題なく動作する (APFS でフォーマットされたドライブ上でも可能)。

ただ、配布サイトのニュースリリースに書かれている通り、実行プログラム単体では動作せず、boost というライブラリーをシステムにインストールしなければならない。

ニュースリリースには brew から boost をインストールせよと書かれている。しかし、ゲームをするためだけに Homebrew をわざわざ導入するのは好ましくない (筆者は個人的に、少なくともメインの Mac はできるだけ「Unix 的な使い方をしない」という方針を取っているので)。

そこで、サブマシンに Homebrew を導入して boost をインストールし (その詳細は Homebrew のサイトをご覧ください)、そこから必要なファイルのみを取り出すことにした。

必要なのは /usr/local/Cellar/boost/1.72.0_2/lib/libboost_system.dylib である (なお「1.72.0_2」の部分はバージョン名と思われるので、今後のアップデートで変化することが予想される)。

このファイルをメインマシンに移し、/usr/local/lib フォルダにコピーする。それだけでメインマシンで Aleph One JP の起動が可能になる。

サブマシンなど所有していないし、内蔵ドライブに余裕もないという場合、一旦 Homebrew を導入して libboost_system.dylib だけを取り出し、その上で Homebrew をアンインストールするという方法もある (ただこの場合、Apple 純正の Xcode Command Line Tools がインストールされてしまい、アンインストールは不可能なので、ご注意ください)。

なお、libboost_system.dylib をここで配布しようかとも思ったが、ライセンス上そのようなことが許されるのかどうかわからないので、断念した次第。わかればいつか配布するかもしれない。

2017年9月27日 (水)

[旧]Aleph One JPをMacでプレイする

※ [注記] この記事に書かれている内容は、macOS Catalina 以降では無効です。より新しい記事をご覧ください。

Aleph One JP についての詳しい説明は省略するが、早く言えばフリーの 3D FPS (一人称シューティングゲーム) の実行環境 Aleph One の日本語版である。プレイするには別途シナリオファイルが必要だが、有志達の手により日本語化されたシナリオもいくつか配布されていて、英語が苦手な人でも楽しめる環境が整っている。

marathon-infinity
(クリックして拡大)
(プレイ中のシナリオは Marathon Infinity。写っているのはその最終ステージ)

その実行環境 AlephOne の日本語版 AlephOneJP は Mac 版バージョン 1.0 から長い間更新されていないものの、High Sierra 上でも動作可能であることを確認した (APFS でフォーマットされたドライブ上でも可能)。

ただ、確か OS X Mavericks 以降?だったか、説明書通りにインストールしただけではうまく行かないため、少し工夫が必要である。

以下にそれらについて述べる。

続きを読む "[旧]Aleph One JPをMacでプレイする" »

2013年5月26日 (日)

Oni完全日本語版Mac版をIntel Mac上で動かす

『Oni 完全日本語版』Mac 版を Mac OS X 上並びに Intel Mac 上で動かす方法について解説する(Intel Mac については後半に記述)。

『Oni』について

かつて『Oni』というゲームが米国で制作された。ジャンル的には三人称(疑似一人称) 3D ガンシューティング兼格闘アクションアドベンチャーゲームであり、銃を構えて撃つこともできるし、銃を納めてパンチやキックを出したり簡単なコンボ攻撃を行うこともできる。主人公キャラは広大な 3D 空間を走り回って手がかりを集めて進んでゆき、ステージによっては最後に中ボスと戦闘を行う、といった感じである。

特筆すべきは、米国製にも関わらず、このゲームの世界設定は明らかに日本のアニメを意識したものになっている点である。筆者はもう何年も前にゲームから足を洗ってしまったので最近の事情には詳しくないが、Oni の制作された当時(15年近く前)としては、ゲームにしても映画にしても、日本のアニメを意識した作品というのは珍しかったのである。
 
このゲームは Windows から Mac へ、更に米国においては PS 2 にも移植された。米国では当時から一部でカルト的人気を博し、聞いた話では、現在でも根強いファン層が存在するとのことである。

日本語版も制作され、今から十年ほど前?まで、オンラインのアップルストアで Mac 版を購入することが可能だった。そもそも、日本語版の Mac ゲーム自体、数が少なく、日本のオンラインアップルストアで「ゲーム」カテゴリーに掲載されている商品はこのゲームの他数種類のみ、しかもほとんどが英語版という状況だった。

そんな中で、本格的なアクションゲームであり、しかもパッケージの箱には日本のアニメ風のキャラが描かれている上に、日本語版の声の出演は「三石琴乃、川澄綾子、玄田哲章」などと銘打たれているこのゲームは、特に目を引いた存在だった。筆者は当時、Mac を始めたばかりで、Mac を触ることに熱中するようになったのと引き換えに、ゲームに対しては興味を失ってしまっていたが、そんな筆者にとっても、このゲームは魅力的に映ったのである。思えば、オンラインのアップルストアで初めて購入した商品がこのゲームだった。

続きを読む "Oni完全日本語版Mac版をIntel Mac上で動かす" »

2004年3月 6日 (土)

スペースギコハリャーン

スペースギコハリャーンという MacOS X 用のゲームをダウンロードしてプレイしてみましたが、結構面白いです。

続きを読む "スペースギコハリャーン" »

無料ブログはココログ