カテゴリー「Web Authoring」の記事

2011年4月25日 (月)

Mac Snow Leopard上でPerl CGIやPHPの動作確認

Perl CGI

Snow Leopard にはデフォルトでウェブサーバーソフト「apache」と Perl インタープリターがインストールされているので、ごく簡単な設定だけですぐに CGI の動作確認が行える。

  1. 前提条件として、確認したい CGI スクリプトの属性値が 755 に、スクリプトによって書き込まれるデータファイルの属性値が 666 になっている必要がある(スクリプトの説明書きを参照のこと)。ターミナル.app を使用して属性値を設定しておく。また、改行コードは LF、Perl へのパス(スクリプトの一行目)は「#!/usr/bin/perl」でなければならない。これらもテキストエディターなどを使って書き換えておく。
  2. 次に、そのスクリプトを「/ライブラリ/WebServer/CGI-Executables」フォルダにコピーする。(このフォルダーを表示させるには Dock の Finder アイコンをクリックし、メニューバーの「移動」から「コンピュータ」を選択、そこから起動ディスク(デフォルトでは Macintosh HD)→ライブラリ→ ... とたどってゆく)
  3. 次に、システム環境設定の「インターネットとワイヤレス」セクションの「共有」をクリック、「Web 共有」にチェックを入れる。チェックを入れた瞬間にウェブサーバーソフトがオンになる(Mac OS ではこのような場合、基本的に「OKボタン」などを押さない仕様になっている)。
  4. 最後に、ウェブブラウザのアドレス欄に「http://127.0.0.1/cgi-bin/スクリプト名」と打ち込む。うまく表示されたら成功。(2011年6月14日追記:CGI スクリプトを置くディレクトリは『CGI-Executables』だがアクセス時の URL は『cgi-bin』でなければならないので注意)

以上。

PHP

デフォルトではウェブサーバソフトの PHP モジュールが読み込まれない設定になっているため、まず PHP を有効にするための設定を行う。以下の作業は管理者権限のあるユーザーで行う。

  1. 「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダから「ターミナル.app」を起動する。
  2. 「cd /etc/apache2/」と打ち込んで return (enter) キーを押す。
  3. 「sudo nano httpd.conf」と打ち込んで return (enter) キーを押す。パスワードを求められるので打ち込んで return。
  4. ターミナル内部に nano というテキストエディターが表示される。そこで↓キーを連打してスクロールさせてゆくと「#LoadModule php5_module    libexec/apache2/libphp5.so」という行が見つかるので、行頭の「#」を削除する。
  5. 「Control + O」と打つと保存モードとなるので、return キーを押して保存する。
  6. 「Control + X」と打って nano を終了させる。
  7. 以上でウェブサーバーにおいて PHP が有効になる。
  8. 上記の Perl CGI で述べた方法で「Web 共有」を有効にする。
  9. 「/ライブラリ/WebServer/Documents」フォルダーに PHP スクリプトをコピーする。(Documentsフォルダー以下のサブフォルダー内でも可)
  10. 最後に、ウェブブラウザのアドレス欄に「http://127.0.0.1/スクリプト名」と打ち込む。うまく表示されたら成功。(サブフォルダー内の場合は「http://127.0.0.1/サブフォルダー名/スクリプト名」)

以上。


(2011年6月14日追記)
※注意:Web 共有はあくまでファイル共有の手段として実装されていると思われ、これを利用して Web サーバーを運用するのはセキュリティ上、問題が多いのではないかと推測される。上記の確認作業が終わったら、速やかに Web 共有をオフにするほうがよいだろう。

2010年1月30日 (土)

ウェブページをとりあえずiPhone用にする

<meta name="viewport" content="width=480, user-scalable=no, maximum-scale=0.6667">
というタグを加えておけば、iPhoneのSafari上でウェブページが縮小表示されなくなる。

2006年1月24日 (火)

ココログに移転

ココログに移転しました。

無料化されていたとは知りませんでした(笑)。さっそく登録してみたところ、ちゃんとエクスポート機能もあるとわかり、すぐに作成して移転しました。私は自分のサイトのバックアップをとれないのがとても嫌なので、エクスポート機能のない他のブログサービスは利用する気になれなかったのです。

2005年6月17日 (金)

Movable Typeを3.17にアップデートしたら…

Movable Typeを3.17にアップデートしたら、mt.cgiにおけるリンク先のURLが「included://」で始まるようになってしまい、ブラウザで表示できなくなってしまいました。

グーグルでさくっと調べたところ、これはどうやら、広告が強制挿入されるサーバーでのみ起こる現象とのこと。そこで仕方なく、 Movable Type設置ディレクトリを広告が挿入されないディレクトリに移すことにしました(このXREAでは、「x」ディレクトリ以下に置かれたファイルには広告が自動挿入されないのです)。

2004年11月14日 (日)

XREA 対応 PHP Analyzer 2.4

レッツPHP! で配布されているPHP Analyzer 2.4 (2004/09/25 up) を XREA や AAA!CAFE での設置に対応させたものです。

ダウンロードはこちら

2004年11月 7日 (日)

Googleに登録されないのは<a>タグ閉じ忘れのせいか?

少し前、あるサイトを開設し、すぐにGoogleに登録申請したところ、一旦は登録されたものの、しばらくして消えてしまい、その後、なかなか再登録されず困っていたが、最近、ようやく再登録さた。そのサイトのトップページの右側には、サイト内へのリンクがたくさん列挙されている部分がある。その最初のほうのリンクに</a>を付け忘れていたため、Google の巡回ロボットはそのあとのリンクがすべて同じ場所にリンクしているように解釈してしまい、これを「不正にリンク回数を稼いでいる行為」と見なし、登録してくれなかったのかもしれない。Googleの仕組みについて詳しく知っているわけではないので、あくまでも推測だが。

余談だが、以前、別のサイトでも、突如、Google から登録が抹消され、なかなか再登録されない問題を抱えたことがあった。この時は、トップページに<font size="1">を多用していた。もしかしたらこれが「キーワードの隠蔽」と見なされ、登録されなかったのだろうか?

2004年7月20日 (火)

Movable Typeを3.0にUpgradeしてSafariで見たら

Movable Type を2.661 から 3.0 Developer Edition 日本語版にアップグレードした直後、mt.cgi に Safari でアクセスしたら、えらくしょぼいデザインのページが表示されました(笑)。どうも、今回のバージョンから導入された mt.cgi のためのスタイルシートや Javascript 外部ファイルを、 Safari はキャッシュしていると思い込み、読み込んでくれないようです。まぁ、「Safari」メニューから「キャッシュを空にする」を選択すればいいだけの話なのですが、最初は原因が分からずパニックに陥りました(苦笑)。

ちなみに、これと同じ現象は Camino でも起こります。

BiglobeではやはりMovable Type 3.0は設置不可

Movable Type 3.0 Developer Edition 日本語版を試験的に Biglobe (www5f サーバー) にインストールしてみましたが、今までのバージョンと同様、mt-load.cgi の実行中に途中で止まってしまいます。errors.txt を参照したところ、やはり「Out of memory!」という文字が。どうやら、サーバーのほうで制限しているメモリ使用量をオーバーしてしまうのも今まで通りのようです。

2004年7月14日 (水)

日記CGIに無理やりRSS生成機能を

とある自サイトの日記 CGI に無理やり RSS 生成機能をくっつけてみました。ついでに更新 Ping を打つ Applescript を導入して、更新のたびに手動で Ping を打つことにもしました。うまく行くのかどうか、あまり自信はありませんが、いわゆる RSS リーダーで読み込んでみたところ問題はなさそうなので、たぶん大丈夫でしょう(楽観)。

2004年7月12日 (月)

P_BLOG 1.0b20

P_BLOG ver1.0b20 を XREA にインストールしてみましたが、やはりトップページと「ファイル」ページがちゃんと表示されません。x ディレクトリにインストールすればうまく行きますが、その場合、広告タグを手動で追加しなければなりません(include/fnc_base.inc.php を書き換える必要がある)。

但し、管理画面にある「環境設定」の「インデックスページ」の項目を「index.html」に書き換えたら、トップページだけはなぜかちゃんと表示されるようになるようです(「ファイル」ページはやはりだめですが)。この性質を利用すれば、AAA! CAFE にも一応は設置できるようになります。

より以前の記事一覧