カテゴリー「Vine Linux」の記事

2007年4月21日 (土)

iMac(Summer 2001)へのLinux PPC版インストール失敗状況

imac_summer_2001その後、iMac (Summer 2001) への Linux PPC 版のインストール(および Mac OS 9、Mac OS X 10.3.9 とのトリプルブート)を試みたが、うまくいかなかった。以下にその失敗状況をまとめる。

  • Feodra 6 PPC 版
    インストーラーに含まれるパーティション分割ツール「partitioner」でパーティションを切り直せばインストールは成功する。だが、コンソールが文字化けして X ウィンドウの設定ができない。また、インストール後、OS 9 が起動できなくなる(OS 9 がドライブを認識しなくなる)。
    (OS 9 のパーティション分割ツール「ドライブ設定」で作成したパーティションを流用すれば、Fedora 6 PPC 版をインストールした後も OS 9 が起動可能なのではないかと考え、流用を試みたが、インストールする途中で「bootstrap パーティションは最大でも 1MB」といわれてしまうため、切り直しを余儀なくされる。「ドライブ設定」で分割しようとパーティションの大きさは最小でも 32MB になってしまうのである)
  • Vine 4.1 PPC 版
    ネットワークカードのドライバーが未対応のため、ネットワークインストールができない(ということは、インストールできたとしてもネットワークにつながらない?)。CD-ROM からならインストールに成功する。だが X ウィンドウがうまく起動できない。但し、OS 9 は起動できる(OS 9 はドライブを認識できる)
  • Ubuntu 6.10 PPC 版 mini.iso でネットワークインストールすればインストールには成功する(OS 9で分割したパーティションをそのまま使っても、切り直してもどちらでも成功)。だが、コンソールが文字化けして X ウィンドウの設定ができない。OS 9 が起動できなくなる(OS 9 がドライブを認識しなくなる)。
  • Debian 4.0 r0 (etch) PPC 版
    OS 9 で分割したパーティションをそのまま使って再チャレンジ。インストールは成功するが、OS 9 が起動できなくなる(OS 9 がドライブを認識しなくなる)。

OS 9から認識できない症状は、以前、Debian 3.1 (sarge) をインストールした時には起きなかったはずなので、Debian 3.1 のインストールも試みた。

  • Debian 3.1 r6 PPC 版 buisinesscard.iso からインストールしようとすると、ネットワークインストール画面に移行しない。buisinesscard.iso のバグか?
  • Debian 3.1 r5 PPC 版 buisinesscard.iso からインストールしようとすると、途中でベースシステムのインストールができないといわれる。ダイアログを見る限り、etch と名のつくファイルをダウンロードしようとしているようだ。これもバグ?。

結局、Debian 3.1 PPC 版 のインストールもあきらめた。

OS 9 がドライブを認識しなくなっても OS X は認識できる(OS X は起動できる)ので、OS X を起動して「ディスクユーティリティ」でディスクの修復を試してみたが、やはり OS 9 から認識できない症状は改善されず。

OS 9 がドライブを認識しなくなるのは最近の Linux PPC 版だけに見られるバグなのか。それとも、私のインストールの仕方に問題があるのか。もしバグだとしたら、今後、改善されるのか?

いずれにせよ、Linux を触りたければ Windows マシンにインストールしてある Linux intel x86 版を触ればよく、無理に iMac (Summer 2001) に Linux PPC 版をインストールしなければならない理由はない。当分は、iMac のパーティションは二つにし、OS 9 と OS X 10.3.9 だけをインストールすることにする。今後、Linux インストール後に OS 9 が起動できない現象が回避できるようになったら、またパーティションを切り直して Linux をインストールしてみるかもしれない。

2006年2月 3日 (金)

Vine Linux for PPCのインストールを試みたが

Vine Linux 3.1 for PPCを iMac (Summer 2001) へインストールすることにチャレンジしてみた。この iMac (Summer 2001) のCD-RWドライブには以前からCD-Rや一部のCD-RWを読み取ってくれない不具合があるため、CD-RWからのインストールがうまくいくかどうか心配だったのだが、案の定、ダメだった。結局、Linuxのために作成したパーティションをすべて消去して一つに戻し、HDDに保存してあったMac OS 9を書き戻した。

2004年8月10日 (火)

Vine Linux 3.0

Vine Linux 3.0 をさくっとインストールしてみましたが、何の問題なく成功しました。私の現在のWindows マシンのグラフィックチップ(SiS 650)に対応した X サーバーが入っているため、X の表示も全く問題ありませんでした。ただサウンドは、これまでのバージョンと同様、デフォルトでは鳴らず、sndconfig で設定する必要がありました。

今回のバージョンで一番嬉しいのは apt を操作するための GUI ツール、Synaptic が標準装備されたことです。私のような Windows 世代?の人間にとっては、やはり GUI で操作するほうがやりやすいですからね。

あと、インストール CD-ROM に Samba が入っていないのにはちょっと驚きました。まぁ、前述の Synaptic を使って簡単にネットワークインストールできるので、別に問題はないのですが……。

(8月11日追記)
昨日、何気なく X Window のネットワーク設定ツール(スタートメニューから「システムツール」→「ネットワーク設定」で起動するツール)でネットワーク設定をいじったら、インターネットに接続できなくなりました(泣)。LAN 内のコンピューターやルーターに ping を打つことはできるのに、インターネット上には URL を指定しても IP アドレスを指定しても ping が打てないのです。プロバイダーのネームサーバーの IP でも打てないことを考えると、どうもその辺りのトラブルのようです。いろいろ調べても原因がわからなかったので、今日、Vine Linux をクリーンインストールし直しました。

2003年8月31日 (日)

最近、Linux をま

最近、Linux をまたいじっています。今回は、遂に Mac OS X を NFS クライアントとして使う試みを行いました。NetInfo マネージャーで iMac と Windows マシンを host として登録したうえ、Linux の側を NFS サーバーとして設定したのですが、NFS サーバーとしての設定は少し苦労しました。結果的には、RedHat Linusx 9、Turbolinux 8、Vine Linux 2.6、Mandrake Linux 9.1 いずれにおいても成功しました。

そのついでに、上記の四つのディストリビューションを Netatalk サーバーにする試みも行いました。こちらのほうも、ほぼ何の問題もなく成功しましたが、Mac OS X からも Appletalk で接続ができたのは、Redhat Linux 9 だけでした。

2002年6月22日 (土)

SOTEC M250Aではサウンドが鳴らない?

カーネルを 2.4 以上に、X を 4.0 以上にアップグレードしないと鳴らないようです(たぶん。鳴らす方法をご存じの方がいたらぜひ教えて欲しいです)。私がインストールした中では Redhat Linux 7 J、Turbo Linux 6 Workstation、Laser 5 Linux 6.4、Vinelinux 2.1.5 が NG でした。

ただし、これらのディストリビューションでも BISO を設定を変えればすれば鳴らすことができます。上で述べた BIOS 設定画面で「PnP Aware O/S」の項目を「Other」にすればよいのです。もっとも、そのまま WINDOWS を起動させるとやばいことになる(たぶん)ので、両方入れている人は WINDOWS を起動前に元に戻すのを忘れずに。

SOTEC M250AにおけるX Window Systemの設定

SOTEC M250A の付属モニター CF 15 R1 は、Redhat Linux 7 J、Turbo Linux 6 Workstation、Laser 5 Linux 6.4、Vinelinux 2.1.5 のインストーラーには全く認識されず、Turbo Linux 7 Workstation と Holon Linux 3.0 並のインスト−ラーには「Daytek TM-1569D」と認識されますが、いずれにせよそのままではうまく表示されません。

いろいろ試した結果、モニター選択を「Generic Non-Interlaced SVGA, 1024X768 @60Hz, 800X600 @72Hz」とすればよい、ということが判明しました。こうすると水平同期は 31.5-48、垂直同期は 50-70 になるります。

そして Turbo Linux 6、Laser 5 Linux 6.4、Vinelinux 2.1.5 の場合、ビデオメモリを 2048kb、画面設定を 16 ビットカラーの 1024 × 768 にすれば、少なくとも画面がひしゃげたり、はみ出したりすることはなくなりました。

Redhat Linux 7 J、および比較的最近リリースされた Turbo Linux 7 と Holon Linux 3.0 の場合は、ビデオメモリを 4096 kb、画面設定 24 ビットカラーにするとうまくいきました。

ただこのままだと画面が少し右の方へずれています。そこで /etx/X11/XF86Config の「Monitor Section」を次のように書き換えました。

# 1024x768 @ 60 Hz, 48.4 kHz hsync
Modeline "1024x768"    65    1024 1068 1212 1344   768  771  777  806 -hsync -vsync

(赤字が書き換えられた箇所)

Turbo Linux 以外は、ずらずらっと並んだ Modeline の中から、該当する部分を見つけださないといけません。

Turbo Linux 6 の場合は3番目の部分(「Modeline」「"1024x768"」の次)が「60」になっていたので「65」に書き換えなければなりませんでした

なお Redhat Linux 7 J の場合、XF86Config のこの部分を書き換えてもなぜか画面のズレが直りませんでした。理由はわかりません。

2001年10月22日 (月)

SOTEC M250AにおけるLinuxとFreeBSDのインストール成功状況

(2004年11月4日更新)

インストール成功状況1
ディストリ
ビューション名
Debian 3.0 Vine 2.1.5 Vine 2.5 RedHat 7 RedHat 7.2
インストール
方法
ネット
ワーク
(FTP)
雑誌
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
書籍
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
カーネル 2.4.18 2.2.18 2.4.18 2.2.16 2.4.7
X

W
i
n
d
o
w
ログイン GDM テキスト テキスト テキスト テキスト
Version 4.?.? 3.3.6 4.1.? 3.3.6 4.1.0
ウィン
ドウ
マネー
ジャー
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
状態
USB
マウス
×
日本語
フォント
仮名
漢字
変換
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
日本語
入力
サウンド
ADSL 接続 ×

上記の他、Vine 2.6、Redhat 8、Redhat 9、Fedora Core 1 は問題なくインストールに成功した。

インストール成功状況2
ディストリ
ビューション名
Turbo 6 Turbo 7 HOLON 3.0 Mandrake 8.2 Laser5 6.4 FreeBSD 4.5
インストール
方法
雑誌
付録
CD-
ROM
雑誌
付録
CD-
ROM
製品
CD-
ROM
ネット
ワーク
(FTP)
雑誌
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
カーネル 2.2.13 2.4.5 2.4.5 2.4.18 2.2.16
X

W
i
n
d
o
w
ログイン テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト XDM
Version 3.3.6 4.1.0 4.0.3 4.2.0 3.3.6 4.1.0
ウィン
ドウ
マネー
ジャー
GNOME
+
Sawfish
KDE KDE KDE GNOME
+
Sawfish
KDE
状態
USB
マウス
日本語
フォント
仮名
漢字
変換
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Wnn 6
FreeWnn Canna
FreeWnn
Canna
日本語
入力
×
サウンド
ADSL 接続 ×

上記の他、Turbolinux 8、Mandrake 9.x も問題なくインストールに成功した。また、FreeBSD 4.6 〜 4.9、5.0 〜 5.2 に関しては、X Window なしでインストールし、成功した。

表の注釈:

  • カーネル …… カーネルの現在のバージョン・ナンバー(ディストリビューションをインストールした時点でのナンバーではない。グレードアップしている場合あり)。
  • X Window のバージョン …… X Window の現在のバージョン・ナンバー(ディストリビューションをインストールした時点でのナンバーではない。グレードアップしている場合あり)。
  • X Window の状態 …… X Window の起動に成功しているかどうか。△は問題あり。
  • ウィンドウマネージャー …… 私がデフォルトにしているウィンドウマネージャー。
  • USB マウス …… Logitec 社製「ロジクールホイールマウスオプティカル」が X 上で使えるかどうか。△はインストール直後には動かず、設定変更を要した場合。
  • 日本語フォント …… インストール直後にX Window システム上で日本語が表示されたかどうか。△は見栄えにやや何があった。
  • 仮名漢字変換 …… インストールされている仮名漢字変換プログラム。
  • 日本語入力 …… X Window システム上で日本語が打てるかどうか。
  • サウンド …… サウンドが鳴るかどうか。*は BISO の設定を変えれば可能。△は問題あり。
  • ADSL 接続 …… corega Ether PCI-T (ne2k-pci モジュールで動く NIC) を介してYAHOO! BB モデムに接続できるかどうか。△は 問題あり。*は BISO の設定を変えれば可能。