カテゴリー「Redhat Linux」の記事

2003年8月31日 (日)

最近、Linux をま

最近、Linux をまたいじっています。今回は、遂に Mac OS X を NFS クライアントとして使う試みを行いました。NetInfo マネージャーで iMac と Windows マシンを host として登録したうえ、Linux の側を NFS サーバーとして設定したのですが、NFS サーバーとしての設定は少し苦労しました。結果的には、RedHat Linusx 9、Turbolinux 8、Vine Linux 2.6、Mandrake Linux 9.1 いずれにおいても成功しました。

そのついでに、上記の四つのディストリビューションを Netatalk サーバーにする試みも行いました。こちらのほうも、ほぼ何の問題もなく成功しましたが、Mac OS X からも Appletalk で接続ができたのは、Redhat Linux 9 だけでした。

2002年6月22日 (土)

SOTEC M250Aではサウンドが鳴らない?

カーネルを 2.4 以上に、X を 4.0 以上にアップグレードしないと鳴らないようです(たぶん。鳴らす方法をご存じの方がいたらぜひ教えて欲しいです)。私がインストールした中では Redhat Linux 7 J、Turbo Linux 6 Workstation、Laser 5 Linux 6.4、Vinelinux 2.1.5 が NG でした。

ただし、これらのディストリビューションでも BISO を設定を変えればすれば鳴らすことができます。上で述べた BIOS 設定画面で「PnP Aware O/S」の項目を「Other」にすればよいのです。もっとも、そのまま WINDOWS を起動させるとやばいことになる(たぶん)ので、両方入れている人は WINDOWS を起動前に元に戻すのを忘れずに。

SOTEC M250AにおけるX Window Systemの設定

SOTEC M250A の付属モニター CF 15 R1 は、Redhat Linux 7 J、Turbo Linux 6 Workstation、Laser 5 Linux 6.4、Vinelinux 2.1.5 のインストーラーには全く認識されず、Turbo Linux 7 Workstation と Holon Linux 3.0 並のインスト−ラーには「Daytek TM-1569D」と認識されますが、いずれにせよそのままではうまく表示されません。

いろいろ試した結果、モニター選択を「Generic Non-Interlaced SVGA, 1024X768 @60Hz, 800X600 @72Hz」とすればよい、ということが判明しました。こうすると水平同期は 31.5-48、垂直同期は 50-70 になるります。

そして Turbo Linux 6、Laser 5 Linux 6.4、Vinelinux 2.1.5 の場合、ビデオメモリを 2048kb、画面設定を 16 ビットカラーの 1024 × 768 にすれば、少なくとも画面がひしゃげたり、はみ出したりすることはなくなりました。

Redhat Linux 7 J、および比較的最近リリースされた Turbo Linux 7 と Holon Linux 3.0 の場合は、ビデオメモリを 4096 kb、画面設定 24 ビットカラーにするとうまくいきました。

ただこのままだと画面が少し右の方へずれています。そこで /etx/X11/XF86Config の「Monitor Section」を次のように書き換えました。

# 1024x768 @ 60 Hz, 48.4 kHz hsync
Modeline "1024x768"    65    1024 1068 1212 1344   768  771  777  806 -hsync -vsync

(赤字が書き換えられた箇所)

Turbo Linux 以外は、ずらずらっと並んだ Modeline の中から、該当する部分を見つけださないといけません。

Turbo Linux 6 の場合は3番目の部分(「Modeline」「"1024x768"」の次)が「60」になっていたので「65」に書き換えなければなりませんでした

なお Redhat Linux 7 J の場合、XF86Config のこの部分を書き換えてもなぜか画面のズレが直りませんでした。理由はわかりません。

2002年5月 4日 (土)

昨日、Redhat Lin

昨日、Redhat Linux 7.2 と Vinelinux 2.5 をネットワーク経由でインストールすることに成功。ついでに FreeBSD でサウンドを鳴らすことにも成功。
Vinelinux 2.5 はやはり美しいです。

2001年10月22日 (月)

SOTEC M250AにおけるLinuxとFreeBSDのインストール成功状況

(2004年11月4日更新)

インストール成功状況1
ディストリ
ビューション名
Debian 3.0 Vine 2.1.5 Vine 2.5 RedHat 7 RedHat 7.2
インストール
方法
ネット
ワーク
(FTP)
雑誌
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
書籍
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
カーネル 2.4.18 2.2.18 2.4.18 2.2.16 2.4.7
X

W
i
n
d
o
w
ログイン GDM テキスト テキスト テキスト テキスト
Version 4.?.? 3.3.6 4.1.? 3.3.6 4.1.0
ウィン
ドウ
マネー
ジャー
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
状態
USB
マウス
×
日本語
フォント
仮名
漢字
変換
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
日本語
入力
サウンド
ADSL 接続 ×

上記の他、Vine 2.6、Redhat 8、Redhat 9、Fedora Core 1 は問題なくインストールに成功した。

インストール成功状況2
ディストリ
ビューション名
Turbo 6 Turbo 7 HOLON 3.0 Mandrake 8.2 Laser5 6.4 FreeBSD 4.5
インストール
方法
雑誌
付録
CD-
ROM
雑誌
付録
CD-
ROM
製品
CD-
ROM
ネット
ワーク
(FTP)
雑誌
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
カーネル 2.2.13 2.4.5 2.4.5 2.4.18 2.2.16
X

W
i
n
d
o
w
ログイン テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト XDM
Version 3.3.6 4.1.0 4.0.3 4.2.0 3.3.6 4.1.0
ウィン
ドウ
マネー
ジャー
GNOME
+
Sawfish
KDE KDE KDE GNOME
+
Sawfish
KDE
状態
USB
マウス
日本語
フォント
仮名
漢字
変換
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Wnn 6
FreeWnn Canna
FreeWnn
Canna
日本語
入力
×
サウンド
ADSL 接続 ×

上記の他、Turbolinux 8、Mandrake 9.x も問題なくインストールに成功した。また、FreeBSD 4.6 〜 4.9、5.0 〜 5.2 に関しては、X Window なしでインストールし、成功した。

表の注釈:

  • カーネル …… カーネルの現在のバージョン・ナンバー(ディストリビューションをインストールした時点でのナンバーではない。グレードアップしている場合あり)。
  • X Window のバージョン …… X Window の現在のバージョン・ナンバー(ディストリビューションをインストールした時点でのナンバーではない。グレードアップしている場合あり)。
  • X Window の状態 …… X Window の起動に成功しているかどうか。△は問題あり。
  • ウィンドウマネージャー …… 私がデフォルトにしているウィンドウマネージャー。
  • USB マウス …… Logitec 社製「ロジクールホイールマウスオプティカル」が X 上で使えるかどうか。△はインストール直後には動かず、設定変更を要した場合。
  • 日本語フォント …… インストール直後にX Window システム上で日本語が表示されたかどうか。△は見栄えにやや何があった。
  • 仮名漢字変換 …… インストールされている仮名漢字変換プログラム。
  • 日本語入力 …… X Window システム上で日本語が打てるかどうか。
  • サウンド …… サウンドが鳴るかどうか。*は BISO の設定を変えれば可能。△は問題あり。
  • ADSL 接続 …… corega Ether PCI-T (ne2k-pci モジュールで動く NIC) を介してYAHOO! BB モデムに接続できるかどうか。△は 問題あり。*は BISO の設定を変えれば可能。

2001年10月15日 (月)

RedHat Linux 7 J

RedHat Linux 7 J のXの画面がずれるので、Xconfigurator で繰り返し修正しているうちに全く映らなくなった(泣)。しかたなくインストールディスクの中から XFree86- のつく RPM ファイルを全部持ってきて、インストールしてみたがダメ。ヤケクソになって今度は Turbo Linux 7 Workstation のインストールディスクからまたもや XFree86- のつく RPM ファイルをインストールしてみた。ところがうまくいってしまったのだな、これが(笑)。
こんなので大丈夫なのか?そのうちモニターが火を噴いたりはしないだろうか・・・(汗)

2001年6月 9日 (土)

今日は Redhat li

今日は Redhat linux に Mozilla 9.0.1 と Opera 5.0 をインストールしてみた。Mozilla にはちゃんと日本語パックも入れたのに、どういうわけか日本語表示できなかった。