カテゴリー「Mandrake Linux」の記事

2012年6月 2日 (土)

MacBook Pro mid 2010 13 inchにMandriva 2011をインストール

先日、MacBook Pro mid 2010 13 inch の ハードディスクのパーティションを切り直し、Linux 用のパーティションを一つ増やしたので、そこに Mandriva 2011 をインストールしてみた。

インストールに際しては、最近の Fedora や Ubuntu と同様、「Bios Boot」パーティションが必要(EFI からブートする場合は必要ない。あくまでも BIOS → MBR ブートの場合にのみ必要)。つまり、MBR ブートの場合、現在では

  • Bios Boot パーティション
  • ルートパーティション
  • スワップパーティション

の三つが最低限必要、ということになる。(少し前まではルートパーティションとスワップパーティションの二つだけでよかった)。(追記2012/06/19:これはあくまでもハードディスクが GPT の場合である。すでに Windows がインストールされている PC/AT 互換機に追加で Mandriva をインストールするような場合はハードディスクが MBR パーティションになっているはず。そのような場合は Bios Boot パーティションは必要ない)

Bios Boot パーティションの大きさは 1 Mib でよい

ただ、Bios Boot パーティションは、スワップパーティションと同じく、他のディストリビューションと共用できるため、一つのマシンに複数の Linux ディストリビューションをインストールする場合でも、Bios Boot バーティションは一つでよい。

なお、Mac にインストールする場合、Bios Boot パーティションは先頭から三つ以内(sda2 か sda3 か sda4)でなければならない。

また、筆者の経験では、Mac にインストールする場合、Bios Boot パーティションは一旦「FAT32」でフォーマットされたパーティションとして作成し、それを「Bios Boot パーティションとして使用する」ように設定したほうがよいようだ(以前、Fedora をインストールするにあたり、Fedora のインストーラーでパーティションを切り分け、空き領域に直接 Bios Boot パーティションを作成したところ、Mac からうまく認識されなかったような記憶がある)。

結果的に、筆者の MacBook Pro は以下のようなパーティション構成となった。

  • sda1 …… EFI 領域(フォーマットせず)
  • sda2 …… Bios Boot (FAT32)
  • sda3 …… Ubuntu (EXT4)
  • sda4 …… Windows 7 (NTFS)
  • sda5 …… Linux Swap
  • sda6 …… Fedora 17 (EXT4)
  • sda7 …… Mandriva 2011 (EXT4)
  • sda8 …… Mac OS X Snow Leopard

以前にも述べたように、Mac に多種の OS をインストールする場合 Windows は sda4 でなければならないという拘束がある。筆者は Ubuntu と Fedora と Mandriva を Windows 7 の Bootmgr で起動することにしているので、このような構成でも Fedora や Mandriva を起動することができる。だが、rEFIt で起動するなら、この構成では Ubuntu しか起動できない。以前は Windows をインストールしないなら rEFIt で Linux を最大三つ起動できた(sda2、sda3、sda4)が、現在では Bios Boot が必要なので、rEFIt からの Linux の起動は二つまでということになる。

その後、インストール自体は問題なく成功した。

しかしながら、インストール直後の状態では「マシンを再起動しようとするとフリーズする」「無線LAN接続ができない」「サウンドの音量がとても小さい」という三つの問題が生じた。

再起動の問題

再起動に関しては、grub の設定ファイルに「reboot=pci」と書き加えれば直る。

具体的には「/boot/grub/menu.lst」内の「kernel (hd0,X)/boot/vmlinuz ……」という長い行の一番最後に半角スペースを置いて「reboot=pci」と書き加える。

なお、一度書き加えれば、その後カーネルをアップグレードしても自動的に「reboot=pci」が追加されるので、カーネルアップグレードのたびに書き加えたりする必要はない。

無線LANの問題

無線LAN接続は、無線LANチップのドライバーがデフォルトでは対応していないことが原因。解決方法は公式 wiki に掲載されており、それによると


$ wget http://mirror2.openwrt.org/sources/broadcom-wl-5.10.56.27.3_mipsel.tar.bz2
$ tar xjf broadcom-wl-5.10.56.27.3_mipsel.tar.bz2
$ su
# b43-fwcutter -w /lib/firmware/ broadcom-wl-5.10.56.27.3/driver/wl_apsta/wl_prebuilt.o
# modprobe b43
 

サウンドの問題

まず、一般ユーザーで


$ alsamixer
 

を実行する。すると、グラフィカルなミキサー設定画面が表示される。そこで「fn + F6」キーを押し、「HDA NVidia」を選択する。そこで、→ キーで「Front S」を選択し、↑ キーでボリュームを最高に上げる。そして ESC キーを押して alsamixer を終了させる。

この時点でサウンドが一時的に正常に鳴るようになる。次に、その設定を永続的なものにする設定を行う。まず、ルート権限で


# alsactl store
 

を実行してボリューム設定を保存する。

この状態ではマシンを再起動するとまた元の設定(Front S のボリュームが0)に戻ってしまうため、マシン起動時に alsamixer の設定が再度読み込まれるようにする。


# vi /etc/rc.d/rc.local
 

テキストエディターで上記のように「rc.local」を開き、その一番最後に

/usr/sbin/alsactl restore

という一行を書き加える。

2009年1月19日 (月)

Mandriva 2009で日本語が打てない

二ヶ月ほど前、Mandriva Linux 2009をインストールしたが、いつものようにOpenOffice.orgやGimpで日本語を試し打ちしたところちゃんとSCIM-Anthyが起動でき日本語が打てたので、問題ないと思っていたら、最近になって、KwriteやDolphinなどのKDEアプリでは打てないことに気づいた。

試行錯誤したところ、スタートメニューの「ツール」→「言語と国の設定」で一度「次へ」ボタンを押したあとに表示される「入力メソッド」を、「SKIM」から「SCIM」に設定しなおして再ログインすれば打てるようになった。

ただ、もう一度「言語と国の設定」を起動すると、なぜか「SKIM」に戻っており、そのままSKIMに設定して再ログインしても、日本語は打てる(苦笑)。もしかしたら、「言語と国の設定」で入力メソッドをとにかく一度でも設定すれば打てるようになる、ということなのかもしれない。SKIMのまま、再ログインではなく、コンピューターを再起動すると打てなくなっていた(苦笑)。やはりちゃんとSCIMに設定しなければいけないようだ。

2008年4月17日 (木)

Mandriva Linux 2008 Spring設定

インストール時、ホスト名を「mandriva」に設定したはずなのに、実際に起動してみるとなぜか「localhost」になっていた(前のバージョン「Mandriva 2008」でもそうだった)。「etc/sysconfig/network」に「HOSTNAME=mandriva」という文字列を追加したら直ったが、もっと良い方法が他にあるのかもしれない。

インストール直後の状態では、OpenOffice.orgで日本語が打てない。「Mandriva Linuxコントロールセンター」の「ソフトウェア管理」タブにある「RPM をインストール/アンインストール」で「skim-scim-anthy」パッケージをインストールしたところ、打てるようになった。

Samba serverパッケージを導入してWindowsからsmb接続してみると、日本語が文字化けした。Mac OS Xからsmb接続しても同様だった。そこで、ウェブ上の情報を頼りに「/etc/samba/smb.conf」に

dos charset = CP932
unix charset = EUCJP-MS
display charset - CP932

という文字列を書き加えたところ、文字化けは直った。

(08年5月18日追記)
Openoffice.org上ではSCIMが起動できずで日本語が打てなかったのが「skim-scim-anthy」パッケージをインストールして直った件についてだが、「skim-scim-anthy」パッケージをインストールすると、SCIMのツールバーが妙な場所に表示さてしまうという不具合があることがわかり、いろいろ設定をいじったが直らなかったので、結局、「skim-scim-anthy」をアンインストールした。ところが、その状態で後日Openoffice.orgを起動してみると、なぜかSCIMが起動できるようになっていた。

調べたところ、KDEでOpenoffice.orgを使うときは、Xを立ち上げる時にSCIMを起動しておけばよいようだ。Mandriva 2008 Springでは、KDEが起動する時に読み込まれる日本語特有の設定は「~/.i18n」というファイルに列挙されているとのことだったので見てみると、ちゃんと「XMODIFIERS=@IM=SCIM」という記述がある。よくはわからないが、Mandriva 2008 Springをインストールした直後はこの記述が無く、その後SKIMをインストールしたり設定をいじったりしているうちにいつの間にかこの記述が書き込まれたのかもしれない。

2008年4月11日 (金)

Mandriva Linux 2008 Springインストール

今回も、インストールにも使えるLive CD『Mandriva Linux One』KDE版のisoをCD-RWに焼いてインストールする。ちなみに、日本語に対応したLive CDのisoは、FTPミラーにある『mandriva-linux-one-2008-spring-KDE-asia-cdrom-i586.iso』である。公式サイトから直接ダウンロードできるLive CD のisoは日本語に対応していない。

ミラーを方々探してみたが、現在のところisoを直接ダウンロードできるところはなさそう。仕方なく、普段は滅多に使わないOperaのBittorrent機能でダウンロードする。

(2008年4月14日追記)
ftp.nara.wide.ad.jpミラーの/pub/Linux/Mandrakelinux/official/iso/2008.1/にLive Oneのasia版がアップされた。

(2008年4月22日追記)
ftp.riken.go.jpミラーの/pub/Linux/mandrake/official/iso/2008.1/にLive Oneのasia版がアップされた。

2007年11月20日 (火)

LinuxをインストールしているHDD名が変わったら

/dev/hdb→/dev/hdaなどに変更した場合にすべきことのメモ。

  1. /boot/grub/menu.lst内のHDD名を適切に書き換える(詳細は他を参照)。但しDebianの場合、前半のコメントアウトしてある行の中に、カーネルをアップグレードした際の「ひな形」があり、その中のHDD名も書き換える必要がある(現バージョンDebian 4.0 etchでは62行目と66行目)。これを怠るとカーネルアップグレードの後、menu.lst内のHDD名が元に戻ってしまい、また起動できなくなる(未確認)。
  2. /etc/fstab内のHDD名を適切に書き換える(詳細は他を参照)。
  3. Fedoraの場合initrdを作り直す(8で確認。他のバージョンの場合は不明)。
    1. mkdir /tmp/initrd
      cd /tmp/initrd
      gzip -cd /boot/initrd-xxxxxxxxx.img | cpio -imd --quiet
    2. initファイルをviなどで開き、「resume device」の行のHDD名を適切に書き換える。(Debian 4.0、Mandriva 2008ではこのような行がないため、initrdを作り直す必要はないと思われる)
    3. cd /tmp/initrd
      find . | cpio -co | gzip -9 > /boot/initrd-xxxxxxxxx.img
    (念のために、initrd-xxxxxxxxx.imgのバックアップをとっておいた方がよい)

注意:ntloaderでWindows XPとデュアルブートしている環境を念頭に置いている。hdaにWindowsをインストールしないのなら、上記に加え、mbrにgrubをインストール必要があるだろう。

2004年12月 8日 (水)

Mandrakelinux 10.1 Official

Mandrakelinux 10.1 Official がリリースされたので早速インストールしてみましたが、例によって全く問題ありませんでした。ウチのパソコンとの相性がよほど良いのか、Fedora、Vine、Debian、Mandrake の四つの中では一番、問題なくインストールでき、一番、問題なく作動します(一番ダメダメなのは Fedora です(苦笑))。まぁ、強いて難点を挙げるならば、起動画面に表示される文字列が文字化けすることと、あと Netatalk をパッケージングしてくれていない(ゆえに Netatalk のホームページから自分で取ってこなければならない)ことぐらいでしょうかね。むしろ、ダウンロードした iso ファイルを CD-RW に焼くのに苦労したのが一番の問題でした。ウチの Win マシンには CD-ROM ドライブしか付けていないので、CD-RW への書き込みは iMac に接続してある外付け DVD Multi ドライブで行うのですが、どうもドライブの使い過ぎでレンズが汚れていたのがトラブルの原因だったようです。

2004年10月12日 (火)

Mandrakelinux 10.1 Community

もう一週間以上前の話ですが、Mandrakelinux 10.0 Official を消して Mandrakelinux 10.1 Community をインストールしてみました。「Community」とは、正式リリース版である「Official」の前にリリースされる、言ってみれば Public Beta 版です。インストール自体は何の問題もなかったのですが、驚いたことに、日本語入力プログラムが付属していませんでした。インストーラーによって自動的にインストールされることもないし、インストール CD-ROM に収録もされていないのです。10.0 まではインストール時に日本語を選択すれば自動的に FreeWnn がインストールされたはずなのですがね。10.1 Official にはちゃんと付属していてくれることを祈ります。

2003年8月31日 (日)

最近、Linux をま

最近、Linux をまたいじっています。今回は、遂に Mac OS X を NFS クライアントとして使う試みを行いました。NetInfo マネージャーで iMac と Windows マシンを host として登録したうえ、Linux の側を NFS サーバーとして設定したのですが、NFS サーバーとしての設定は少し苦労しました。結果的には、RedHat Linusx 9、Turbolinux 8、Vine Linux 2.6、Mandrake Linux 9.1 いずれにおいても成功しました。

そのついでに、上記の四つのディストリビューションを Netatalk サーバーにする試みも行いました。こちらのほうも、ほぼ何の問題もなく成功しましたが、Mac OS X からも Appletalk で接続ができたのは、Redhat Linux 9 だけでした。

2002年5月10日 (金)

昨日、Mandrake L

昨日、Mandrake Linux 8.2 をネットワークインストールしました(デンマークのFTPサーバーから。なぜかそこが一番すいていた)。
なかなかよい感じです。インストーラーの GUI はカラフルで美しいし、インストール後も設定をかなりの部分、独自の GUI プログラムでできるようになっていたりします。
ただ、日本のディストリビューションではないだけに日本語環境はイマイチかも(日本語 TrueType フォントは watanabe mincho と wadalab gothic のみ、仮名漢字変換プログラムも FreeWnn のみ)。

2001年10月22日 (月)

SOTEC M250AにおけるLinuxとFreeBSDのインストール成功状況

(2004年11月4日更新)

インストール成功状況1
ディストリ
ビューション名
Debian 3.0 Vine 2.1.5 Vine 2.5 RedHat 7 RedHat 7.2
インストール
方法
ネット
ワーク
(FTP)
雑誌
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
書籍
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
カーネル 2.4.18 2.2.18 2.4.18 2.2.16 2.4.7
X

W
i
n
d
o
w
ログイン GDM テキスト テキスト テキスト テキスト
Version 4.?.? 3.3.6 4.1.? 3.3.6 4.1.0
ウィン
ドウ
マネー
ジャー
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
状態
USB
マウス
×
日本語
フォント
仮名
漢字
変換
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
日本語
入力
サウンド
ADSL 接続 ×

上記の他、Vine 2.6、Redhat 8、Redhat 9、Fedora Core 1 は問題なくインストールに成功した。

インストール成功状況2
ディストリ
ビューション名
Turbo 6 Turbo 7 HOLON 3.0 Mandrake 8.2 Laser5 6.4 FreeBSD 4.5
インストール
方法
雑誌
付録
CD-
ROM
雑誌
付録
CD-
ROM
製品
CD-
ROM
ネット
ワーク
(FTP)
雑誌
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
カーネル 2.2.13 2.4.5 2.4.5 2.4.18 2.2.16
X

W
i
n
d
o
w
ログイン テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト XDM
Version 3.3.6 4.1.0 4.0.3 4.2.0 3.3.6 4.1.0
ウィン
ドウ
マネー
ジャー
GNOME
+
Sawfish
KDE KDE KDE GNOME
+
Sawfish
KDE
状態
USB
マウス
日本語
フォント
仮名
漢字
変換
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Wnn 6
FreeWnn Canna
FreeWnn
Canna
日本語
入力
×
サウンド
ADSL 接続 ×

上記の他、Turbolinux 8、Mandrake 9.x も問題なくインストールに成功した。また、FreeBSD 4.6 〜 4.9、5.0 〜 5.2 に関しては、X Window なしでインストールし、成功した。

表の注釈:

  • カーネル …… カーネルの現在のバージョン・ナンバー(ディストリビューションをインストールした時点でのナンバーではない。グレードアップしている場合あり)。
  • X Window のバージョン …… X Window の現在のバージョン・ナンバー(ディストリビューションをインストールした時点でのナンバーではない。グレードアップしている場合あり)。
  • X Window の状態 …… X Window の起動に成功しているかどうか。△は問題あり。
  • ウィンドウマネージャー …… 私がデフォルトにしているウィンドウマネージャー。
  • USB マウス …… Logitec 社製「ロジクールホイールマウスオプティカル」が X 上で使えるかどうか。△はインストール直後には動かず、設定変更を要した場合。
  • 日本語フォント …… インストール直後にX Window システム上で日本語が表示されたかどうか。△は見栄えにやや何があった。
  • 仮名漢字変換 …… インストールされている仮名漢字変換プログラム。
  • 日本語入力 …… X Window システム上で日本語が打てるかどうか。
  • サウンド …… サウンドが鳴るかどうか。*は BISO の設定を変えれば可能。△は問題あり。
  • ADSL 接続 …… corega Ether PCI-T (ne2k-pci モジュールで動く NIC) を介してYAHOO! BB モデムに接続できるかどうか。△は 問題あり。*は BISO の設定を変えれば可能。