カテゴリー「Mac用WebBrowser」の記事

2012年8月 2日 (木)

Mac版SafariのiCloudタブの中身は削除できるのか

Mountain Lion 版 Safari 6 の新機能「iCloud タブ」は、現在 Safari で開いているタブの情報を iCloud に送り、別のマシンの Safari 6 でそれをすぐに見られるようにするという、なかなか便利な機能である。

ところが、Mountain Lion を一週間前にインストールして以来、筆者の Safari 6 の iCloud タブには不要な項目が一つ、ずっと表示されたままだった。というのは、筆者は Mountain Lion がリリースされた日、一度外付け HDD に試しインストールした。その際に Safari 6 で開いたタブの情報が iCloud にアップロードされてしまい、試しインストールした Moutain Lion を削除した後も残ってしまったのである。

iCloud タブは、タブを閉じるとかブックマークリストを表示するとかすれば、その時点で iCloud に「何も表示していない」という情報が送られるため、消えてしまう。だが筆者はそれを怠ったまま Moutain Lion ごと削除してしまったために残ってしまった、ということである。

幸いにして、iCloud タブに残ったサイトはある種の Mac 関連サイトだったのでさほど問題はなかったが、もしこれが「未成年が閲覧するにはふさわしくないサイト」とかだったら、もっと焦っていただろう(笑)。

それでも、永久にそのサイトが残ってしまうのも嫌だと思い、昨日、検索サイトで関連情報をあたってみた。すると意外とあっさりと Apple のサイトにある以下の記事が見つかった。

"iCloud: Using and troubleshooting iCloud Tabs"

このページの一番下のほうに、「(iCloud に送られた)iCloud タブの情報は、そのタブをアップロードした Mac からのアクセスが一週間なければ、自動的に消える」と書かれている。昨日の時点で試しインストールからほぼ一週間経ってることから、もしその記述通りなら、今日あたりに消えるはず、ということになる。

果たして、さきほど Safari 6 の iCloud タブをクリックしてみたところ、無事消滅が確認された。

いずれにせよ、Mountain Lion 上で iCloud タブを使用している人が、Mountaina Lion を完全削除して再インストールするような場合は、必ず Safari 6 上で「すべてのタブを閉じる」という行為を行っておいたほうがいいだろう。

2010年4月27日 (火)

Mac版Operaで斜字体が復活

Mac版のOperaはバージョン9.27までは日本語の斜字体が表示できていたのにバージョン9.50以降、なぜか斜字体でない字体で表示されるようになっていた。

だが、最新版10.52でようやく日本語斜字体表示が復活した。これでMac版Operaも久々に「まともな日本語対応ウェブブラウザ」と呼べるようになった。

2009年2月20日 (金)

Firefox 3のブックマークファイルは

試行錯誤して調べたところ、Firefox 3のブックマークファイルはどうやらplaces.sqliteファイルらしい。

但し、このファイルを削除しても、bookmarkbackupsフォルダ内にバックアップがある限り、そこから自動的に復元してしまうようだ。ブックマークをデフォルトに戻したければ、places.sqliteファイルとbookmarkbackupsフォルダの両方を削除する必要がある。

2008年8月11日 (月)

愛用中のMacソフト

※単独のアプリケーションだけでなく、常用している OS の機能(コマンドラインプログラムやシェル)なども含め、筆者が「現在愛用している」と考えているソフトウェアをすべて列挙している。年に二、三回更新しており、愛用しなくなったソフトは随時削除している。

続きを読む "愛用中のMacソフト" »

2007年6月21日 (木)

Photoshop Elements 3.0 Macが起動できなくなる件

OperaがインストールされているMacではPhotoshop Elements 3.0がたまに起動できなくなる問題について、以前「Opera Preferenceフォルダを削除すれば直る」と書いたことがあったが、その後、OperaのBittorent機能を使用すると必ずPhotoshop Elements 3.0が起動できなくなることに気づいた。今日、例によってPhotoshop Elements 3.0が起動できなくなっていたので、今回、Opera Preferenceフォルダを削除する代わりに、試しにOperaに残っているBittorentの履歴を削除してみたところ、ちゃんと起動できるようになった。おそらくこの履歴が、Photoshop Elements 3.0が起動できなくなる現象と何らかの因果関係があるのではないかと思われる。

2006年8月 1日 (火)

Safariのブックマークを他のOS、ブラウザでインポート

(8月9日更新)

Mac版のMozilla系ブラウザ(Firefox、Flock、SeaMonkey、Camino)およびOperaには、Safariからブックマークファイルを自動で取り込む機能がある。Safariから「書き出し」する必要なし。

Windows版とLinux版のMozilla系ブラウザ(Firefox、Flock、SeaMonkey)およびOperaは、Safariから「書き出し」したブックマークファイルがそのままインポート可能。

Mac用IE5.23および旧Mac OS用IE5.17は、Safariから「書き出し」したブックマークファイルの文字コードをシフトJISに変換し、3行目の文字コード指定METAタグ内の「UTF-8」を「Shift_JIS(あるいはx-sjis)」に書き換え、さらにファイルタイプを「TEXT」にセットすればインポート可能。文字コード変換にはCotEditorを使うとよい。「Unicode (UTF-8)」となっているものを「日本語 (Windows, DOS)」に変更する。その際、何度か警告が表示されるが、無視してかまわない。また、そのようにCotEditorで開いて保存すれば、ファイルタイプが自動的に「TEXT」にセットされる(CotEditorの設定がデフォルトのままの場合。CotEditorの「環境設定」で「ファイルタイプとクリエータの保存」が「コードをセットしない」になっている場合は、一時的に「常に CotEditor のコードをセット」に設定しておく)。

Windowsのお気に入りにインポートするには複雑な置換が必要。「SafariのブックマークをWinのお気に入りへ」のページに変換用Perlスクリプトを掲載している。この方法によって変換したブックマークファイルは、Windows 98 SEとXPとVista Beta 2でインポートできることを確認。

ユーザーがまだ存在するのかどうか疑問だが、Mac用Netscape 4.7でのインポートは、Safariから「書き出し」したブックマークファイルの文字コードを、Mac用IEの場合と同様にシフトJISに変換すれば可。METAタグ内は「UTF-8」のままでかまわない。ファイルタイプをセットする必要もない。

(以上、すべて筆者が独自に調べた結果)

2006年7月24日 (月)

Firefox(Mac)でbookmarkファイルが無限増殖するのを回避する

「~/ライブラリ/Application Support/Firefox/」フォルダをSpotlightの検索対象から外すと良いらしい。Norton Antivirusを入れている場合は、そのAuto-Potectの対象からも除外する必要があるらしい。

Flock (GeckoによるWeb2.0世代のブラウザ?とかいうやつ) の場合も、同様に「~/ライブラリ/Application Support/Flock/」フォルダを対象から外すと良いようだ。

SeaMonkey (Mozilla スイートの後継アプリ) の場合は、「~/ライブラリ/Mozilla/」フォルダだが、このアプリケーションをメール受信に使う際は注意。Norton Antivirusのスキャン対象から外すと、ウィルスメールを受信してしまった時に駆除してくれなくなる。

2006年2月 2日 (木)

Firefox for Mac1.5.0.1リリース

日本語環境で使用した時にフォームやテーブルセル内の文字がずれる現象が、ようやく修正された。テキストブラウザではない通常のウェブブラウザにおいてデフォルトでちゃんとページ表示されるかどうかを重視する私としては、Firefox for Mac日本語版はいま初めて「ウェブブラウザとして一人前になった」と感じている(苦笑)。(ちなみにSafariは日本語の斜字体が表示されないため、まだ「一人前ではない」と考えている(笑))

2004年11月 1日 (月)

FirefoxのブックマークリストをIEのように





(2011年8月21日追記:この記事でいう「IEのように」とは、「ブックマークリスト上で一つのフォルダを開いたら他のフォルダが自動的に閉じる」という意味である。IE 7 以降のブックマークリストのように「上からぶら下がったような形になっている」という意味ではないので、ご注意ください)





私にとって Web ブラウザとは、ブックマークリストが

  • IE のように、あるフォルダを開いたら、今まで開いていた他のフォルダが自動的に閉じるようになっている。
  • Safari や Camino のように、フォルダとブックマーク項目が別のカラムに表示される、ないし Opera のサイドバーのブックマークリストにおいて「分割表示」を選択した時のように、フォルダとブックマーク項目が別々に表示される。

という条件のどちらかを満たしているソフトウェアを意味します。つまり、私にとって Mozilla や Firefox は(やや誇張した表現を使うならば)ブラウザとは呼べないのです(苦笑)。

ところが昨日、ふと思い立って、ブックマークリストを IE のように振る舞わせることができる Firefox 用の Extension が Web 上に転がっていないかどうか、調べてみました。そしたら、ありました。

BX

「休業中」と書いてあるところを見ると開発は停止しているのでしょう。その点はちょっと気になります。ですが、この Extension さえあれば、私は Firefox を「ブラウザ」と認めることができるようになります。

Safari はご存知のとおり、日本語フォントの太字と斜字体が表示できない問題を抱えています。Opera も Mac 版に関しては同じ問題があります。また Camino は私の環境ではやや重いので、使いづらいのです。BX を「発見」したことによって、もしかしたら標準使用するブラウザを Safari から Firefox 乗り換える可能性も出てきました。

(2008年2月17日追記:現在は上記で紹介したBXではなく、こちらで配布されている「Autoclose Bookmark&History Folders」を使っています)

2004年7月23日 (金)

Opera 7.5 Mac でウィンドウのゆれを抑える方法

Opera 7.5x for Mac では、ウィンドウの上部、広告の下にあるステータスバーに日本語の項目を表示させるとウィンドウが上下に揺れます。例えば、サイドバーのブックマーク項目のうち、日本語のブックマークにマウスポインターをあわせたりするとこのような揺れが起こります。

これを避けるには、ツールバーを表示するフォントを Osaka などの日本語フォントに設定するのが良いと思います。「Opera」メニューの「環境設定」から「Fonts」→「Interface toolbars」を選択して「Choose」ボタンを押し、Osaka フォントを選択します。