カテゴリー「Fedora Core」の記事

2007年4月21日 (土)

iMac(Summer 2001)へのLinux PPC版インストール失敗状況

imac_summer_2001その後、iMac (Summer 2001) への Linux PPC 版のインストール(および Mac OS 9、Mac OS X 10.3.9 とのトリプルブート)を試みたが、うまくいかなかった。以下にその失敗状況をまとめる。

  • Feodra 6 PPC 版
    インストーラーに含まれるパーティション分割ツール「partitioner」でパーティションを切り直せばインストールは成功する。だが、コンソールが文字化けして X ウィンドウの設定ができない。また、インストール後、OS 9 が起動できなくなる(OS 9 がドライブを認識しなくなる)。
    (OS 9 のパーティション分割ツール「ドライブ設定」で作成したパーティションを流用すれば、Fedora 6 PPC 版をインストールした後も OS 9 が起動可能なのではないかと考え、流用を試みたが、インストールする途中で「bootstrap パーティションは最大でも 1MB」といわれてしまうため、切り直しを余儀なくされる。「ドライブ設定」で分割しようとパーティションの大きさは最小でも 32MB になってしまうのである)
  • Vine 4.1 PPC 版
    ネットワークカードのドライバーが未対応のため、ネットワークインストールができない(ということは、インストールできたとしてもネットワークにつながらない?)。CD-ROM からならインストールに成功する。だが X ウィンドウがうまく起動できない。但し、OS 9 は起動できる(OS 9 はドライブを認識できる)
  • Ubuntu 6.10 PPC 版 mini.iso でネットワークインストールすればインストールには成功する(OS 9で分割したパーティションをそのまま使っても、切り直してもどちらでも成功)。だが、コンソールが文字化けして X ウィンドウの設定ができない。OS 9 が起動できなくなる(OS 9 がドライブを認識しなくなる)。
  • Debian 4.0 r0 (etch) PPC 版
    OS 9 で分割したパーティションをそのまま使って再チャレンジ。インストールは成功するが、OS 9 が起動できなくなる(OS 9 がドライブを認識しなくなる)。

OS 9から認識できない症状は、以前、Debian 3.1 (sarge) をインストールした時には起きなかったはずなので、Debian 3.1 のインストールも試みた。

  • Debian 3.1 r6 PPC 版 buisinesscard.iso からインストールしようとすると、ネットワークインストール画面に移行しない。buisinesscard.iso のバグか?
  • Debian 3.1 r5 PPC 版 buisinesscard.iso からインストールしようとすると、途中でベースシステムのインストールができないといわれる。ダイアログを見る限り、etch と名のつくファイルをダウンロードしようとしているようだ。これもバグ?。

結局、Debian 3.1 PPC 版 のインストールもあきらめた。

OS 9 がドライブを認識しなくなっても OS X は認識できる(OS X は起動できる)ので、OS X を起動して「ディスクユーティリティ」でディスクの修復を試してみたが、やはり OS 9 から認識できない症状は改善されず。

OS 9 がドライブを認識しなくなるのは最近の Linux PPC 版だけに見られるバグなのか。それとも、私のインストールの仕方に問題があるのか。もしバグだとしたら、今後、改善されるのか?

いずれにせよ、Linux を触りたければ Windows マシンにインストールしてある Linux intel x86 版を触ればよく、無理に iMac (Summer 2001) に Linux PPC 版をインストールしなければならない理由はない。当分は、iMac のパーティションは二つにし、OS 9 と OS X 10.3.9 だけをインストールすることにする。今後、Linux インストール後に OS 9 が起動できない現象が回避できるようになったら、またパーティションを切り直して Linux をインストールしてみるかもしれない。

2007年1月12日 (金)

Fedora Core6およびDebian Sargeへのnvidiaドライバーインストール

Fedora Core 6のほうは、まずここを参考にlivnaからxorg-x11-drv-nvidiaをインストールしようとしたところうまくいかず、Googleで調べてみると、ここで「FC6のインストーラーのバグにより、本来i686用のカーネルがインストールされていなければならないところでi586用がインストールされてしまい、xorg-x11-drv-nvidiaの依存関係を満たせないことが原因」らしいということが判明した。そこでここに書いてあるやり方でi686用カーネルをインストールし直したところ、無事xorg-x11-drv-nvidiaをインストールできるようになった。

Debianのほうはここに書いてある通りにしたらうまくいった。ただ、私はどうやらDebian自体のインストールの時にaptのソースにcontribやnon-freeを加えないように設定してしまったようで、今になってsource.listにどうやってそれらの記述を加えたらいいかわからなくて、その点は少し戸惑った(笑)。

2004年6月13日 (日)

パソコンが修理から帰還

昨日の土曜日、帰ってきました。金曜の夕方に Storm様のほうから今から発送する旨、電話があり、やはりサウンドがならない原因はマザーボードの異常だったため、交換したと報告をいただきました。終始対応が丁寧だったので、非常に好感を持ちました。

と、思っていたら、しばらくしてからもう一度電話があり、PCケースのねじを締め忘れたかもしれないと言われてしまいました(苦笑)。翌日、つまり昨日、届けられた品を確認してみると、やはりねじを付いていませんでした。まぁ、それ以外は不満な点はないので、じゅうぶん及第点です。

で、その後、セカンドHDDを再び取り付け、そこにFedora Coreをインストールしようとしたら、「ハードディスクのパーティションテーブルに異常がある」といった意味のメッセージが出ました。前のパソコンでも同じようなメッセージが出たのですが無視してインストールしても問題がなかったので、今回もそうしたら、今度は「ハードディスクに空き容量が足りない」というメッセージが出ました。インストールするパッケージを最小限に削っても同じメッセージが出たため、あきらめて Windows XP を起動しようとしたところ、「Error loading operating system」というメッセージが出て起動できなくなってしまいました(大泣)。

あるサイトで調べたところ、修復コンソールからFIXBOOTで直るとのことでしたので、やってみましたが、それでもダメ、Win XP を再インストールしたら直るだろうと思ってインストールをやり始めたら、コンソール画面から一旦再起動してGUIに移る過程で、今度は「A disk read error occurred」というメッセージが出てそれ以上前に進まなくなりました(泣)。

それで、パソコンのカバーを外してハードディスクのケーブルをさし直したら、ちゃんとGUIが起動できるようになり、ことなきを得ましたが、Fedora Coreをインストールするのが怖くて、いまだインストールしていません。Mandrakeのインストールは先ほど終えました。こちらのインストールが可能だということは大丈夫だとは思うのですが、まぁ、もう少しグーグルなどで調べてからFedoraのインストールに再チャレンジしたいと思います。

(6月13日追記)
その後、Win の起動速度の遅さが気になり、メモリを256MB増設して384MBとしました。どうも、このパソコンはマザーボード上のグラフィックチップやサウンドチップのメモリをメインメモリのほうから32MB割り当てて使うらしいので、最初の状態では128 - 32 で 96MB しかない計算になります。これでは Win XP をインストールするのに必要な最小限のメモリしかないことになるわけです。どおりで起動が遅いはずです(苦笑)。

(6月15日追記)
その後、Web 上で調べたところ、上記の Fedora Core インストール後の不具合は、カーネル 2.6 がパーティションテーブルに対して何がしかの悪さをして Win XP が起動できなくなるという、既知のバグだったようです。

2001年10月22日 (月)

SOTEC M250AにおけるLinuxとFreeBSDのインストール成功状況

(2004年11月4日更新)

インストール成功状況1
ディストリ
ビューション名
Debian 3.0 Vine 2.1.5 Vine 2.5 RedHat 7 RedHat 7.2
インストール
方法
ネット
ワーク
(FTP)
雑誌
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
書籍
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
カーネル 2.4.18 2.2.18 2.4.18 2.2.16 2.4.7
X

W
i
n
d
o
w
ログイン GDM テキスト テキスト テキスト テキスト
Version 4.?.? 3.3.6 4.1.? 3.3.6 4.1.0
ウィン
ドウ
マネー
ジャー
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
GNOME
+
Sawfish
状態
USB
マウス
×
日本語
フォント
仮名
漢字
変換
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
日本語
入力
サウンド
ADSL 接続 ×

上記の他、Vine 2.6、Redhat 8、Redhat 9、Fedora Core 1 は問題なくインストールに成功した。

インストール成功状況2
ディストリ
ビューション名
Turbo 6 Turbo 7 HOLON 3.0 Mandrake 8.2 Laser5 6.4 FreeBSD 4.5
インストール
方法
雑誌
付録
CD-
ROM
雑誌
付録
CD-
ROM
製品
CD-
ROM
ネット
ワーク
(FTP)
雑誌
付録
CD-ROM
ネット
ワーク
(FTP)
カーネル 2.2.13 2.4.5 2.4.5 2.4.18 2.2.16
X

W
i
n
d
o
w
ログイン テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト XDM
Version 3.3.6 4.1.0 4.0.3 4.2.0 3.3.6 4.1.0
ウィン
ドウ
マネー
ジャー
GNOME
+
Sawfish
KDE KDE KDE GNOME
+
Sawfish
KDE
状態
USB
マウス
日本語
フォント
仮名
漢字
変換
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Canna
FreeWnn
Wnn 6
FreeWnn Canna
FreeWnn
Canna
日本語
入力
×
サウンド
ADSL 接続 ×

上記の他、Turbolinux 8、Mandrake 9.x も問題なくインストールに成功した。また、FreeBSD 4.6 〜 4.9、5.0 〜 5.2 に関しては、X Window なしでインストールし、成功した。

表の注釈:

  • カーネル …… カーネルの現在のバージョン・ナンバー(ディストリビューションをインストールした時点でのナンバーではない。グレードアップしている場合あり)。
  • X Window のバージョン …… X Window の現在のバージョン・ナンバー(ディストリビューションをインストールした時点でのナンバーではない。グレードアップしている場合あり)。
  • X Window の状態 …… X Window の起動に成功しているかどうか。△は問題あり。
  • ウィンドウマネージャー …… 私がデフォルトにしているウィンドウマネージャー。
  • USB マウス …… Logitec 社製「ロジクールホイールマウスオプティカル」が X 上で使えるかどうか。△はインストール直後には動かず、設定変更を要した場合。
  • 日本語フォント …… インストール直後にX Window システム上で日本語が表示されたかどうか。△は見栄えにやや何があった。
  • 仮名漢字変換 …… インストールされている仮名漢字変換プログラム。
  • 日本語入力 …… X Window システム上で日本語が打てるかどうか。
  • サウンド …… サウンドが鳴るかどうか。*は BISO の設定を変えれば可能。△は問題あり。
  • ADSL 接続 …… corega Ether PCI-T (ne2k-pci モジュールで動く NIC) を介してYAHOO! BB モデムに接続できるかどうか。△は 問題あり。*は BISO の設定を変えれば可能。