カテゴリー「Fedora」の記事

2014年4月19日 (土)

Mac+外付けHDDにFedora 20をインストール[更新]

MacBook Air (11-inch, Mid 2013 別名 MacBookAir7,1) に接続した外付け HDD に Fedora 20 (Gnome 版) を Live DVD からインストールする。

外付け HDD にインストールすれば、場合によっては、その外付け HDD を別の Mac に接続して起動することも可能になる(※同じ会社のグラフィックチップを使用していることが条件。筆者が現在所有する Mac は二台とも NVIDIA なので可能)。

なお、以下に説明するのはあくまでも「外付けHDDに」「他の OS と共存させて」インストールする場合である。

もし未使用の外付けHDDがあり、それをすべて Fedora 用にしてかまわないというのであれば、もっと簡単にインストールできる(一般的にはその方法が一番簡単なのでお勧め)。

また、外付けHDD ではなく、内蔵HDDをすべて消して Fedora 専用にする場合も、同じく簡単にインストールできる。但し、その場合、OS X を消してしまうことになるため、例えばファームウェアのアップデートなどができなくなる(OS X は外付けHDDにも簡単にインストールできるので、Fedora を内蔵HDDにメインとしてインストールし、OS X はメンテナンス用に外付けHDDにインストールしておくという手もある)。

あるいは、内蔵HDDに Boot Camp アシスタントを利用して Fedora 用の領域を作り、OS X と共存させることもできる。その場合、Fedora は EFI ではなく MBR 起動させることもできる(ここではくわしくは述べない。他のサイトを参考にしていただきたい)。

いずれにしても、内蔵HDDに OS X もしくは正式対応している Windows OS 以外の OS をインストールするとアップルによるサポートが受けられなくなる(はず)ので、内蔵HDD内への Fedora インストールは保証期間内は避けたほうたよいかもしれない。

続きを読む "Mac+外付けHDDにFedora 20をインストール[更新]" »

2013年1月21日 (月)

MacBook Pro 13-inch Mid 2010+Fedora 18で無線LAN[更新]

前回の記事で述べたように、MacBook Pro (13-inch, Mid 2010) に Fedora 18 をインストールすると無線 LAN (broadcom4322)が有効にならない。Fedora 17 以前は rpmfusion の nonfree レボジトリーから「kmod-wl」パッケージをインストールすればそれだけで有効になったが、18 ではそれだけではうまくいかなかったのである。

数日間の試行錯誤の末、有効化に成功した。うまくいかなかったのは次の三つ要因による。

  • Fedora 18 起動時に「wl モジュール」が自動でロードされない。
  • 「wl モジュール」がロードされたとしても「ssb モジュール」とコンフリクトを起こす。
  • コンフリクトを避けるには「ssb モジュール」をロードさせないようにする必要があり、そのためには「/etc/modprobe.d/」ディレクトリ内で「blacklist ssb」と指定すればよいはずなのに、それが機能しない。

一つ目の点について、起動時にモジュールをロードさせるには「rc.local」ファイル内に「modprobe wl」と記述すればよいとのこと。

三つ目の点についてだが、本来、「kmod-wl」パッケージをインストールした時点で「/etc/modprobe.d/」ディレクトリ内に blacklist ファイルが作られるのでロードされなくなるはずなのに、それがうまく機能していないようだ。ウェブ情報では grub のカーネルパラメーターで blacklist を指定する方法などが紹介されていたが、筆者はもっと簡単に、「rc.local」ファイルで wl をロードするついでに ssb をアンロードする方法をとることにした。

rc.local ファイルは存在しないので、新規作成する必要がある。

$ sudo vi /etc/rc.d/rc.local

rc.local
#!/bin/sh

modprobe -r ssb
modprobe wl

そして、rc.local に実行権を与える。

$ sudo chmod 700 /etc/rc.d/rc.local

以上で、次回の起動時から無線 LAN が有効になる。


[更新]2013/01/27

カーネルを 3.7.4-204 にアップグレードし、kmod-wl もそれに対応したバージョンにアップグレードしたところ、上記の不具合は解消された。rc.local がなくても正常に無線 LAN が機能するようになった。

2013年1月17日 (木)

MacBook Pro 13-inch Mid 2010にFedora 18をインストール[更新]

実は、Alpha 版の頃から何度か MacBook Pro (13-inch, Mid 2010) への Fedora 18 のインストールを試みていたのだが、Live DVD を MBR 起動しようとすると、途中で止まってしまい、起動できないという問題を抱えていた。残念ながら、この問題は Fedora 18 の正式リリース版でも解消されなかった。

(この問題は、おそらく Mac の内蔵 HDD を五つ以上のパーティションに分けている場合にのみ起こると思われる)

ということは、Live DVD を EFI 起動せざるを得ないが、そうするとインストーラープログラムが強制的に Fedora の GRUB を EFI にインストールしてしまい、MBR にはインストールできなくなる(できるようにする方法があるのかもしれないが、筆者は把握していない)。

必然的に、今回は EFI インストールを選択するしかないということになる。これまでは MBR インストールした上で Windows 8 の Bootmanager で起動するという方法をとっていたが、今回は(とりあえず)あきらめるしかないようだ。(追記2013/01/24:MBR 起動の方法が判明した。文末参照)

EFI インストールの方法は当ブログの過去記事「Mac+外付けHDDにFedora 17をインストール」で述べたのとほぼ同じである。

但し、Fedora 17 の Live CD は Mac の EFI で直接起動できたのに、18 ではなぜかそれもできなくなっている。そのため、USB メモリーにインストールした rEFIt を用いて、そこから Live DVD を起動する必要がある。

インストールに際しては、上記の記事でも述べているように、Fedora を Mac の EFI から起動させるための特別な HFS+ パーティションが必要である。好都合なことに、MacBook Pro (13-inch, Mid 2010) の内蔵 HDD の一番後ろには 128 MB ほどの空きスペースが取られていた(Mac OS X のディスクユーティリティ.app で HDD を HFS+ でフォーマットするとパーティションの間にそのような空きスペースができることが多い)ため、それを利用して Fedora 18 起動用の HFS+ パーティションを作ることにした。この作業は GParted Live CD で行った。そのパーティションのサイズは 64 MB とした。

その結果、筆者の MacBook Pro は以下のようなパーティション構成となった。

  • sda1 …… EFI 領域
  • sda2 …… Bios Boot (FAT32)
  • sda3 …… Ubuntu (EXT4)
  • sda4 …… Windows 8 (NTFS)
  • sda5 …… Linux Swap
  • sda6 …… Fedora 18 (EXT4)
  • sda7 …… Mandriva 2011 (EXT4)
  • sda8 …… Mac OS X Snow Leopard
  • sda9 …… Fedora Boot 用(HFS+。64 MB。新規作成)

Fedora 18 からはインストールプログラム「anaconda」の仕様が大きく変わっている。詳細はここでは述べないが、インストールの際、パーティションを指定する段階で、sda9 を「/boot/efi」と指定すれば、インストールを進めることができる。

インストール自体は問題なく終了した。

しかし、無線 LAN がなぜか有効にならないという問題が生じた。ハードウェア自体が認識されていないようだ。17 までは rpmfusion の nonfree レポジトリから「kmod-wl」というパッケージをインストールすれば有効となったが、18 ではそれがうまくいかない。現在、解決策を模索中である。判明したらここに追記するかもしれない。

(追記)
MacBook Pro (13-inch, Mid 2010) の無線 LAN チップは ハードウェア的には Fedora 18 に認識されている(lspci -nnk で調べると表示される)。ということは、やはりドライバーの問題のようだ。kmod-wl ではなく、akmod-wl のほうでも試したが、やはりうまくいかなかった。ウェブ情報によれば、deb 用のドライバーをコンバートして使うという方法があるという。だが、そのやり方は複雑なので、引き続き別の方法を模索する。


(追記2013/01/21)
無線 LAN の問題は解決した。詳細は次回の記事で述べている。


(追記2013/01/24)
Fedora 18 の DVD を MBR 起動させる方法がわかった。起動時のカーネルパラメーターに「acpi=off」と指定すればよい。具体的には、

  1. Fedora DVD を MBR 起動する(option キーを押しながら Mac を起動すれば表示される「OS 選択画面」上で「Windows」と書かれた CD の形のアイコンを選択する)。
  2. しばらくしたら Fedora 18 のブート選択画面が現れるので、Tab キーを押す。
  3. 画面の下のほうに「vmlinuz」で始まる文字列が表示されるはず。その最後に更に「acpi=off」と書き加える。この時、キーボード配列が日本のものになっていないので、= を打つには数字の 0 の二つ右隣(「へ」キー)を押す必要がある。
  4. return キーを押してブートする

という手順を踏む。

ところが、そのようにして MBR 起動してこれまで通りインストールを進めることができるかと思いきや、別の問題が生じた。

Fedora 18 のインストーラーではなぜか、GRUB を任意のパーティションの先頭にインストールすることができないのである。いろいろ調べたが、どうもそういうオプションが存在しないようだ。

仕方なく、GRUB は一旦、MBR にインストールし、あとで Fedora をインストールしたパーティションの先頭にインストールし直した後、Windows で MBR を修復するという方法をとることにした。

(個人的には、過去に MBR の修復に失敗して Windows を再インストールするはめになったことが何度かあり、そうなってしまうと、Windows 環境を一から再構築せねばならず、非常に手間がかかるため、できればこんなやり方は避けたいのが本音である。次期 Fedora では修正されていることを願う)

以上の結果、Fedora 18 も 17 以前と同様、MBR インストールして Windows 8 の Bootmanager で起動することに成功した。上記のパーティション構成リストに掲載されている sda9 は不要となったので削除した。


(追記2013/01/27)

上記のやり方で MBR インストールした Fedora 18 は、当然ながら、カーネルパラメーターに acpi=off を付けないと起動ができない。また、画面表示の解像度は 1280 x 800 では表示されず、1024 x768 になってしまう。

だが、カーネルを 3.7.4-204 にアップグレードすれば、それらの問題はすべて解決する。acpi=off も必要なくなるし、1280 x 800 表示も可能になる。

2012年7月29日 (日)

自宅の無線ルーターのアクセスポイントが見つからない

以前から、Fedora と Ubuntu で自宅の無線ルーターに接続しようとすると、近所の家のアクセスポイントは表示されるのに自宅のアクセスポイントは表示されないという不具合があった。同じコンピューター (MacBook Pro) にインストールされている Windows 7 と Mac OS X Snow Leopard と Mandriva Linux では表示されるものの、なぜか Fedora (15?〜17) と Ubuntu (11.04? 〜 12.04) では表示されないのである。

無線ルーター (プラネックスコミュニケーションズ社製のMZK-W300NH3) を再起動したり、設定をいろいろいじったりしているうちに、いつの間にか表示されるようになったことはあったが、何をどうしたら見つかるようになるのか、そもそも何が原因なのかは特定できず、途方に暮れていた。

ところが昨日、検索サイトで検索してみると、とあるサイトに一般論として「アクセスポイントのチャンネルが他のルーターと競合している可能性がある」という記述を見つけた。

そういえば、ずっと以前にも同じような問題を抱えて、チャンネル設定で直ったことがあったのを思い出した。

そこで、正常に無線ルーターにつながっている別のコンピューターのウェブブラウザで無線ルーターの設定画面を表示して、チャンネル設定が「自動」になっているものを「2」に合わせてみたところ、たちどころに MacBook Pro 上の Ubuntu にもアクセスポイントが表示された。Fedora で起動しても、ちゃんと表示されることが確認された。

筆者の自宅は近所に住宅が建て込んでいる関係上、無線LAN設定プログラム上にはかなりの数のアクセスポイントが表示される。その上、新幹線の高架線路もすぐ近くを通っているため、新幹線が通過するたびに車内の無線LANアクセスポイントまで自宅に届いてしまう。そのような環境ゆえに、チャンネルの競合が通常よりは幾分起こりやすいのではないかと推測される。

なお、ウェブ情報によると、日本で使われているチャンネルは1〜13で、そのうち1と4と7と13はよく使われるとのこと。筆者がチャンネルを2に合わせたのは、それらのチャンネルをさけたためである。

ただ、なぜ Fedora と Ubuntu だけがそのような不具合を生じたのかはよくわらかない。チャンネルを手動で2に合わせる前は、自動設定により13になっていたことを確認している。もしかしたら、Fedora と Ubuntu の無線LAN接続プログラムはチャンネル13を認識しないのかもしれない。

2012年6月 9日 (土)

Mac+外付けHDDにFedora 17をインストール

MacBook Pro mid 2010 13 inch に 接続した USB 外付けハードディスクに Fedora 17 64bit 版をインストールできないかどうか試したところ、EFI で起動するようにすればうまくインストールできることがわかった。

筆者はこれまでにも何度か Fedora や Ubuntu を EFI で起動するようにインストールできないか試したことがあったが、うまくいかなかった。おそらく GRUB が Mac の EFI にちゃんと対応していなかったのだろう。

だからと言って外付け HDD に MBR 起動でインストールしてしまうと、起動が不可となるケースがほとんどだった(Ubuntu では一応成功していたが、Fedora は起動できなかった)。

だが今回、いくつかの Linux ディストリビューションで EFI 起動でのインストールを試したところ、どうやら以前に比べると Mac の EFI への対応度が上がったらしく、起動が可能となっていた。

ということは、おそらく外付け HDD だけでなく内蔵 HDD に対しても EFI インストールは可能なのだろう。とりあえず今回は外付け HDD への EFI 起動インストールを試みるにとどめ、内蔵 HDD への試みはまた後日とする。

以下に、Fedora 17 を Mac の USB 外付け HDD に EFI インストールする場合の要領を述べる。


前提条件として、まず外付け HDD は「GUID パーティション」としてフォーマットされていなければならない。

次に、インストール CD (Live CD) 自体を EFI で起動しなければならない。そのためには起動の際 Option を押し続けることで表示される「OS 選択画面」において、「EFI Boot」という名前の CD-ROM 型アイコン、もしくは「Fedora Media」という名前のアイコンを選択する(この時、「Windows」という名前の CD-ROM 型アイコンを選択すると MBR 起動してしまい、そのままインストールを行うと、インストールされた Fedora は EFI 起動できない)。


インストールの手順そのものは、これまでに何度も行った「MBR インストール」の場合とほとんど同じだが、「どのタイプのインストールをしますか? (Which type of installation would you like?)」画面でインストールタイプを選ぶ際、本来であれば「カスタムレイアウトを作成する (Create Custom Layout)」を選びたいところだが、それを選ぶと「対象ブートデバイスでブートの stage1 を作成することができませんでした。(You have not created a bootloader stage1 target device)」と表示され、先へ進めなくなる。(2012年6月11日追記あり)

(このメッセージは通常、MBR ブートする場合に必要な「Bios Boot パーティション」が作成されていない時に表示されるメッセージとのことであり、EFI ブートする場合は無関係のはず。なのにそのように表示されるのは、単なるバグなのかもしれないし、もしかしたら仕様なのかもしれない(後述))

そこで、外付け HDD にあらかじめ空き領域を作っておき、インストールの際に「空き領域を使用する (Use Free Space)」を選ぶことにした。

そのようにしてインストールを行った結果、空き領域に

「/boot/efi」パーティション
「/boot」パーティション
「LVMパティション」
「スワップパーティション」

が自動で生成された。

しかも「/boot/efi」パーティションは HFS+ ファイルシステムでフォーマットされ、そこに GRUB がインストールされる仕組みになっているため、Mac の EFI からはあたかも Mac OS X であるかのように認識される。

そのおかげで、インストール終了後、再起動時に Option キーを押していれば、OS 選択画面に「Fedora」があらわれ、Mac OS X と同じように起動することができる。Mac OS X の「システム環境設定」の「起動ディスク」で起動ディスクとして Fedora を選択することさえも可能である。

以上のことから、どうやら Fedora 17 64bit 版は、 Mac での EFI ブートにかなり適応した作りになっているようだ。インストールの際に「カスタムレイアウト」では先に進めなかったのも、ひょっとしたら、「/boot/efi」パーティションを自動で作成するために、敢えてユーザーにカスタムレイアウトを作成させないようにする親切設計(苦笑)だったのかもしれない。


なお、インストールの直後は、起動時に Option キーを押さなければ必ず Fedora が起動するようになっている(今回は Fedora を外付け HDD にインストールしたので、外付け HDD を外していればもちろん他の OS がデフォルトで起動するが、つないだままなら Fedora が起動する。もし内蔵 HDD にインストールしたなら Option キーを押さない限り必ず Fedora が起動する状態になっているだろう)。そのような状態を解消し、デフォルトで Mac OS X が起動するようにするには、一旦 Option を押しながら起動して Mac OS X を選択、OS X の「システム環境設定」の「起動ディスク」で OS X を選択すればよい。

(追記)
上記のようにしてインストールされた Fedora は、GRUB が外付け HDD 内にあるおかげで、インストールに使ったのとは別の Mac にその 外付け HDD をつないでもちゃんと起動することができるという、優れものである。


(2012年6月11日追記)
カスタムレイアウトを選択してもインストールは可能のようだ。Fedora 17 のインストールを始める前にあらかじめ HFS+ でフォーマットしたパーティションを作っておき、インストール開始後、カスタムレイアウトを選択のうえ、その HFS+ パーティションの使用目的を「/boot/efi」に設定すれば、手順を先に進めることができる。 HFS+ パーティションの大きさは 200 MB 程度でよいようだ(もっとも、今の Mac OS X のディスクユーティリティでは最小でも 1GB のパーティションしか作れない。どうしても 200 MB のパーティションを作りたければ、Linux のディスクユーティリティかその他のパーティショニングプログラムを使い、フォーマットだけを OS X で行う、などの工夫が必要となる)。


(20012年6月17日追記)
USB 接続ではなく、Firewire 800 で接続した外付け HDD へのインストールを試してみたが、インストールには失敗した。だが、USB で接続してインストールしたうえで、Firewire につなぎ変えてブートを試みたところ、ブートすることはできた。


2012年2月14日 (火)

Evolution 3.2.3でiCloudメールを使う[HowTo]

Fedora 16 や openSUSE 12.1 に付属している メール兼スケジュール管理ソフト「Evolution」で iCloud メールを送受信するための設定(Evolution のバージョンは 3.2.3)。

続きを読む "Evolution 3.2.3でiCloudメールを使う[HowTo]" »

2011年11月13日 (日)

Fedora 16のBIOS Bootパーティションは再フォーマット可

筆者の MacBook Pro mid 2010 13 inch の HDD は現在

sda1 …… (EFI 領域)
sda2 …… BIOS Boot
sda3 …… Ubuntu 11.10
sda4 …… Windwos 7 64bit
sda5 …… Linux swap
sda6 …… Fedora 16
sda7 …… Mac OS X

という構成になっているが、今日、とある事情で sda2 を再フォーマットする必要が生じた。

BIOS Boot パーティション は Fedora 16 の起動に必要不可欠とされる領域である。それをフォーマットしてしまうのだから、当然、起動ができなくなり、Fedora 16 を一から再インストールしなければならないだろうと思っていた。

ところが sda2 を FAT32 で再フォーマットした後、コンピューターを再起動してみると、意外なことに、Fedora 16 を正常に起動することができた。

このことから推測した結果、どうやらこの BIOS Boot というパーティションは、起動時にただ存在していれば良いらしい、ということが判明した。起動時に GRUB が読み込むファイルを保存しているのだろうと思っていたが、そういうわけではないようだ。

ただ、パーティションのタイプはおそらく FAT32 でなければならないのだろう。

2011年11月11日 (金)

Fedora 15および16で自動ログインする方法

まず、画面右上にある「ログインユーザー名のメニュー」をクリック、そこで「システム設定」を選ぶ。すると「システム設定」というタイトルのウィンドウが表示される。

その中に「ユーザーアカウント」という項目があるので、それをクリック。しばらくすると、ウィンドウが「ユーザーアカウント」設定に切り替わる(新たにウィンドウが開くのではなくウィンドウ内部が切り替わる)。

そこには自動ログインの ON、OFF を切り替えるスイッチが表示されるが、クリックできない状態になっているはず。そこで、ウィンドウ内右上の「Unlock」ボタンを押して管理者パスワードを打ち込めば、クリックできる状態となる。その後、スイッチを ON にすれば自動ログインが可能となる。

Fedora 13 および 14 に関しては「Fedora 13で自動ログインする方法」を参照。12 以前に関しては他のサイトを参照してください。

2011年11月10日 (木)

MacBook Pro mid 2010 13 inchにFedora 16をインストール

Fedora 16 ではインストール時に BIOS Boot という1 MiB の小さなパーティションを必要とするようになった。

これまで筆者の MacBook Pro (mid 2010 13 inch) の HDD は以下の通りだった(EFI 領域の sda1 は表記を省略する)。

sda2 …… Fedora 15
sda3 …… Ubuntu 11.10
sda4 …… Windwos 7 64bit
sda5 …… Linux swap
sda6 …… Mac OS X Snow Leopard

Fedora と Ubuntu は常に Windows 7 の Bootmaneger で起動しており、rEFIt は使用してない。

今回、Fedora 16 をインストールするにあたって、まず試したのは以下の構成だった。

続きを読む "MacBook Pro mid 2010 13 inchにFedora 16をインストール" »

2011年3月 8日 (火)

MacBook Pro (Mid 2010) 13inchにFedora 14をインストール

MacBook Pro (Mid 2010) 13inch (7,1) にFedora 14 (x86_64) をインストールしてみた。結果から言うと、最終的にはほぼ成功したが、問題が5つあり、そのうち1つは未解決である。

まず、インストールの段階で、Live CD (Gnome 版) を起動しようとしたところ、なぜかフォントが表示されないという問題が起こった。そこで、Live CDが起動してすぐに Enter キーを押して Grub 選択が面を表示させ、一覧から「Boot (Basic Video)」を選択したところ、画面表示が1024 x 768 になってしまうものの、フォントの表示には成功した。その後のインストールも問題なく終了した。

インストール完了ののち、Fedora 14を起動してみると、無線LANが動作しない、音が出ない、画面表示が 1024 x 768 になっているという三つの問題が生じた。

無線LANに関しては、これまで Mac mini (Early 2009) に Fedora をインストールしたときに経験済みの問題であり、rpmfusion の non-free レボジトリーから kmod-wl というパッケージをインストールすれば解決した。もちろん、そのパッケージをインストールする際にはルーターにケーブルで接続してネット接続した。

音に関しても Mac mini 時代と同様の解決が可能だった。すなわち、/etc/modprobe.d/dist-alsa.conf というファイルの最終行に「options snd-hda-intel model=mbp55」という一行を加えたのである。Mac mini のときは「model=mb5」だったが、MacBook Pro (Mid 2010) 13inch では「mbp55」となることを事前にウェブ情報から入手していた。(3月9日追記:書き加えた後、再起動し、更に設定を行う。端末内で alsamixer コマンドを実行すると、端末がグラフィカルなミキサー画面に切り替わる(管理者ではなく一般ユーザー権限でかまわない)。そこで、fn + F6 キーを押して「HDA NVidia」を選択することで HDA NVidia カードの設定画面になる。次に「→」キーを押して「Front Sp」を選択、M キーを押してミュート解除し、「↑」キーを押してボリュームを最高値まで上げる。この時点で音が出るようになる。但し、再起動すると鳴らなくなるため、Esc キーで alsamixer を終了した後、管理者権限で「alsactl store」コマンドを実行して alsa の設定を保存する。これで、Fedora 起動時はいつもサウンドが鳴るようになる)

そこまで進んだところで、Fedora 14 がリリースされてからこれまでにたまっているプログラムのアップデートを yum update を通して行った。ところが、update 終了後、再起動してみると、どういうわけか、画面表示がちゃんと 1280 x 800 できれいに表示されていた。なぜ最初は画面表示に問題がありアップデートだけで直ったのかよくわからないが、とにかくこの問題も解決した。

そして最後の問題。なぜか再起動に失敗するのである。シャットダウンならできるのだが、再起動しようとすると、シャットダウンの前に画面表示が止まってしまう。ウェブ情報をいくつかあたったものの、解決方法は見つかっていない。この点は今度の課題ということで、時間があれば更にウェブ情報をあたってみることにする

(3月9日追記)
再起動できない問題の解決方法がわかった。Grub 設定ファイル /boot/grub/grub.conf の「kernel〜」で始まる行の最後に「reboot=pci」と書き加えれば次回の起動時から再起動ができるようになる。