カテゴリー「BeOS」の記事

2009年9月15日 (火)

Haiku-OS R1 alpha 1をVirtual Boxにインストール

Mac OS X Snow Leopard 10.6.1にインストールしているVirtual Box 3.0.6の中でHaiku-OS R1 alpha 1を動かしてみた。

Haiku_3





仮想ネットワークカードがうまく認識されず、最初はネットワークに接続できなかったが、Virtual BoxのほうのHaiku仮想マシンのネットワークアダプターを、(デフォルトで「PCnet-FAST III」になっているものを)「Intel PRO/1000 MT Desktop」に設定し直せば認識できた。

Haiku_nic





日本語の設定は田中俊光さんのブログを参考にした。

なお、Parallels Desktop 4.0(3846)でのインストールも試みたが、インストールCDの起動に失敗し、うまくいかなかった。

2006年1月31日 (火)

BeOS 5 PEがちゃんと動いた

昨日、BeOS 5 PEを使える状態でインストールすることに初めて成功した。

前のPCにインストールした時は、画面が著しく横へずれていたし、今のPCに一度インストールしたときは、グラフィックカードが対応していないため白黒で表示されていた。また、BeOS 5 PEに含まれるimage.beをCD-RWに焼いてインストールCDとし、HDDの空きパーティションにクリーンインストールすることも試みていたが、それもうまく行っていなかった。

今回、あるサイトの記述をよく読んでみると、image.beを焼くことによって出来るCDは「インストールCD」ではあるが「ブータブルCD」ではなく、起動には起動用フロッピーが要るらしいことがわかった。そこで、その記述に従ってフロッピーから起動し、途中でスペースバーを押すことでインストールメディアをCD-ROMと選択し、インストールしたところ、無事成功した。

次に、nVidia GeForce FX 5200に対応したグラフィックドライバーと、SiS 900に対応したネットワークドライバーをGoogleで探したところ、Bebitsというサイトで難なく見つかり、それらをいったんWindows用HDDパーティションに保存してBeOSでそのパーティションをマウントして取り出し、インストールした。ただその際、ダウンロードしたそれらドライバーのZipファイルをWindowsの側で解凍してBeOSに移したため、中のファイルはBeOSの側では実行ファイルと見なされず、インストールが出来なかった。そこで再度、ZipファイルのままWinパーティションに保存し、Beに移してから解凍したところ、うまくインストールできた。そして更に、以前にダウンドードしてあった日本語対応用パッケージもインストールした。

問題は、マウスをPS/2接続すると、動きが止まってしまい、キーボードのキーを押すまで動かなくなるという不具合があることだ。現時点ではマウスをUSB接続するしか方法がないようだ。それと、SiS 650用のサウンドドライバーが一般公開されていないのも残念だ。Bebitsには「Zetaの販売元にコンタクトを取ってみろ」と書いてるだけなのだ(苦笑)。

BeOSを使ってみて最も印象的だったことは、起動と停止がやたら速いことだ。暇があれば、サウンドを鳴らす方法を見つけ、アプリをインストールしたりしてもっと遊んでみたい。

2004年3月 7日 (日)

インストールしているOSおよびHDD構成

2017年05月30日現在、私のコンピューターのハードディスクのパーティション状況は以下の通り。

サブマシン:MacBook Air (11-inch, Mid 2013) 別名 MacBookAir7,1
Linux
から見た
ドライブ名
Linux
から見た
パーティ
ション名
Win
から見た
ドライブ名
OS X
から見た
パーティ
ション名
ファイル
システム
OS
(使用目的)
size (GB)
sda
内蔵
SSD
sda1 - disk0s1 EFI領域 (EFI領域) 0.2
sda2 D: disk0s2 HFS+
(journaling)
macOS Sierra 40
sda3 - disk0s3 Apple Boot (Recovery HD) 0.65
sda4 C: disk0s4 NTFS Windows 10 Pro
(64bit版)
80
sdb
USB 3.0
外付け
sdb1 - disk1s1 EFI領域 (EFI領域) 0.2
sdb2 E: disk1s2 HFS+
(journaling)
- 60
sdb3 F: disk1s3 FAT32 - 30
sdb4 G: disk1s4 NTFS - 250
sdb5 - disk1s5 HFS+ (rEFInd用) 0.1
sdb6 - disk1s6 Linux
Swap
(Linux Swap) 4.3
sdb7 - disk1s7 HFS+ (Fedora boot用) 0.1
sdb8 - disk1s8 EXT4 Fedora 25
(x86_64)
30
sdb9 - disk1s9 FAT32 (Ubuntu boot用) 0.1
sdb10 - disk1s10 EXT4 Ubuntu 17.04
(amd64)
30
sdb11 - disk1s11 FAT32 (SUSE boot用) 0.1
sdb12 - disk1s12 XFS openSUSE Leap
42.2 (x86_64)
30
sdb13 - disk1s13 HFS+
(journaling)
- 65.1

※ 以前はサブマシンには手動で内臓 HDD にパーティションを作って Windows と Ubuntu と Fedora をインストールしていたが、サブマシンを SSD 搭載マシンに買い換えた現在、SSD への書き込み限界の問題から、内臓ドライブへの Linux のインストールはやめ、外付けドライブをインストール先としている。Windows についても、現在は OS X の Boot Camp アシスタントを利用してインストールしたWindows 8.1 を、Windows 10 にアップグレードしたものである。


メインマシン:Mac Book Pro (Retina 13-inch, Early 2015) 別名 MacBookPro12,1
Linux
から見た
ドライブ名
Linux
から見た
パーティ
ション名
OS X
から見た
スライス名
ファイル
システム
OS
(使用目的)
size (GB)
sda
内蔵
HDD
sda1 disk0s1 EFI領域 (EFI領域) 0.2
sda2 disk0s2 HFS+
(journaling)
macOS Sierra 121.3
sda3 disk0s3 Apple Boot (Recovery HD) 0.65
sdb
USB 3.0
外付け
sdb1 disk1s1 EFI領域 (EFI領域) 0.2
sdb2 disk1s2 HFS+
(journaling)
(Time Machine用) 249.9
sdb3 disk1s3 HFS+
(journaling)
(データ保存用) 249.7

※ 実際には OS X は論理ボリュームにインストールされているが、煩雑なので記述を省略する。


参考:旧PC/AT互換機(すでに廃棄)
Linux
から見た
ドライブ名
Linux
から見た
パーティ
ション名
Win
から見た
ドライブ名
FreeBSD
から見た
スライス名
ファイル
システム
OS
(使用目的)
size (GiB)
sda
SATA
II
(注)
sda1 - ad0s1 FAT32 - 40
sda2 - ad0s2 BeFS - 15
sda3 - ad0s3 UFS FreeBSD 7.2 15
sda4 sda5 - ad0s4 Linux
Swap
(Linux Swap) 0.8
sda6 - ext3 Debian 5.0.3 15
sda7 - ext3 Mandriva 2010 15
sda8 - ext4 openSuSE 11.2 15
sda9 - ext3 CentOS 5.4 15
sda10 - ext3 Vine 5.0 15
sda11 - ext3 Ubuntu 9.10 15
sda12 - ext4 Plamo 4.7 15
sda13 - ext3 (ファイル保存用) 122

注 …… ディスク自体は SATA II だが接続インターフェイスは SATA I である。

※上記は廃棄直前の状態。それ以前には sda1 に Windows XP をインストールしていたこともある。

※MBR には sda6 の Debian の GRUB をインストールし、その他の OS は chainloader で呼び出して起動していた。