カテゴリー「BeOS」の記事

2009年9月15日 (火)

Haiku-OS R1 alpha 1をVirtual Boxにインストール

Mac OS X Snow Leopard 10.6.1にインストールしているVirtual Box 3.0.6の中でHaiku-OS R1 alpha 1を動かしてみた。

Haiku_3





仮想ネットワークカードがうまく認識されず、最初はネットワークに接続できなかったが、Virtual BoxのほうのHaiku仮想マシンのネットワークアダプターを、(デフォルトで「PCnet-FAST III」になっているものを)「Intel PRO/1000 MT Desktop」に設定し直せば認識できた。

Haiku_nic





日本語の設定は田中俊光さんのブログを参考にした。

なお、Parallels Desktop 4.0(3846)でのインストールも試みたが、インストールCDの起動に失敗し、うまくいかなかった。

2006年1月31日 (火)

BeOS 5 PEがちゃんと動いた

昨日、BeOS 5 PEを使える状態でインストールすることに初めて成功した。

前のPCにインストールした時は、画面が著しく横へずれていたし、今のPCに一度インストールしたときは、グラフィックカードが対応していないため白黒で表示されていた。また、BeOS 5 PEに含まれるimage.beをCD-RWに焼いてインストールCDとし、HDDの空きパーティションにクリーンインストールすることも試みていたが、それもうまく行っていなかった。

今回、あるサイトの記述をよく読んでみると、image.beを焼くことによって出来るCDは「インストールCD」ではあるが「ブータブルCD」ではなく、起動には起動用フロッピーが要るらしいことがわかった。そこで、その記述に従ってフロッピーから起動し、途中でスペースバーを押すことでインストールメディアをCD-ROMと選択し、インストールしたところ、無事成功した。

次に、nVidia GeForce FX 5200に対応したグラフィックドライバーと、SiS 900に対応したネットワークドライバーをGoogleで探したところ、Bebitsというサイトで難なく見つかり、それらをいったんWindows用HDDパーティションに保存してBeOSでそのパーティションをマウントして取り出し、インストールした。ただその際、ダウンロードしたそれらドライバーのZipファイルをWindowsの側で解凍してBeOSに移したため、中のファイルはBeOSの側では実行ファイルと見なされず、インストールが出来なかった。そこで再度、ZipファイルのままWinパーティションに保存し、Beに移してから解凍したところ、うまくインストールできた。そして更に、以前にダウンドードしてあった日本語対応用パッケージもインストールした。

問題は、マウスをPS/2接続すると、動きが止まってしまい、キーボードのキーを押すまで動かなくなるという不具合があることだ。現時点ではマウスをUSB接続するしか方法がないようだ。それと、SiS 650用のサウンドドライバーが一般公開されていないのも残念だ。Bebitsには「Zetaの販売元にコンタクトを取ってみろ」と書いてるだけなのだ(苦笑)。

BeOSを使ってみて最も印象的だったことは、起動と停止がやたら速いことだ。暇があれば、サウンドを鳴らす方法を見つけ、アプリをインストールしたりしてもっと遊んでみたい。

2004年3月 7日 (日)

インストールしているOSおよびHDD構成

2017年10月08日現在、私のコンピューターのハードディスクのパーティション状況は以下の通り。

サブマシン:MacBook Air (11-inch, Mid 2013) 別名 MacBookAir7,1
Linux
から見た
ドライブ名
Linux
から見た
パーティ
ション名
Win
から見た
ドライブ名
macOS
から見た
パーティ
ション名
ファイル
システム
OS
(使用目的)
size (GB)
sda
内蔵
SSD
sda1 - disk0s1 EFI領域 (EFI領域) 0.2
sda2 D: disk0s2 APFS macOS High Sierra 40.5
sda3 - disk0s3 KernelCoreDump - 0.65
sda4 C: disk0s4 NTFS Windows 10 Pro
(64bit版)
80
論理
ボリューム
- - disk1 - - 40.5
sdb
USB 3.0
外付け
sdb1 - disk2s1 EFI領域 (EFI領域) 0.2
sdb2 E: disk2s2 HFS+
(journaling)
- 60
sdb3 F: disk2s3 FAT32 - 30
sdb4 G: disk2s4 NTFS - 250
sdb5 - disk2s5 HFS+ (rEFInd用) 0.1
sdb6 - disk2s6 Linux
Swap
(Linux Swap) 4.3
sdb7 - disk2s7 HFS+ (Fedora boot用) 0.1
sdb8 - disk2s8 EXT4 Fedora 26
(x86_64)
30
sdb9 - disk2s9 FAT32 (Ubuntu boot用) 0.1
sdb10 - disk2s10 EXT4 Ubuntu 17.04
(amd64)
30
sdb11 - disk2s11 FAT32 (SUSE boot用) 0.1
sdb12 - disk2s12 XFS openSUSE Leap
42.2 (x86_64)
30
sdb13 - disk2s13 HFS+
(journaling)
- 65.1

※ 実際には macOS は論理ボリュームにインストールされているが、その内容については煩雑なので記述を省略する。

※ 以前はサブマシンには手動で内臓 HDD にパーティションを作って Windows と Ubuntu と Fedora をインストールしていたが、サブマシンを SSD 搭載マシンに買い換えた現在、SSD への書き込み限界の問題から、内臓ドライブへの Linux のインストールはやめ、外付けドライブをインストール先としている。Windows についても、現在は OS X の Boot Camp アシスタントを利用してインストールしたWindows 8.1 を、Windows 10 にアップグレードしたものである。


メインマシン:Mac Book Pro (Retina 13-inch, Early 2015) 別名 MacBookPro12,1
Linux
から見た
ドライブ名
Linux
から見た
パーティ
ション名
macOS
から見た
スライス名
ファイル
システム
OS
(使用目的)
size (GB)
sda
内蔵
HDD
sda1 disk0s1 EFI領域 (EFI領域) 0.2
sda2 disk0s2 APFS macOS High Sierra
(Container disk1)
121.1
論理
ボリューム
- disk1s1 APFS Volume Macintosh HD 97.7
- disk1s2 APFS Volume Preboot 0.02
- disk1s3 APFS Volume Recovery 0.52
- disk1s4 APFS Volume VM 1.1
sdb
USB 3.0
外付け
sdb2 disk2s1 EFI領域 (EFI領域) 0.2
sdb2 disk2s2 HFS+
(journaling)
(Time Machine用) 249.9
sdb3 disk2s3 HFS+
(journaling)
(データ保存用) 249.7

続きを読む "インストールしているOSおよびHDD構成" »