« High Sierra各種検証結果(2)[更新] | トップページ

2017年9月27日 (水)

Aleph One JPをMacでプレイする

Aleph One JP についての詳しい説明は省略するが、早く言えばフリーの 3D FPS (一人称シューティングゲーム) の実行環境 Aleph One の日本語版である。プレイするには別途シナリオファイルが必要だが、有志達の手により日本語化されたシナリオもいくつか配布されていて、英語が苦手な人でも楽しめる環境が整っている。

marathon-infinity
(クリックして拡大)
(プレイ中のシナリオは Marathon Infinity。写っているのはその最終ステージ)

その実行環境 AlephOne の日本語版 AlephOneJP は Mac 版バージョン 1.0 から長い間更新されていないものの、High Sierra 上でも動作可能であることを確認した (APFS でフォーマットされたドライブ上でも可能)。

ただ、確か OS X Mavericks 以降?だったか、説明書通りにインストールしただけではうまく行かないため、少し工夫が必要である。

以下にそれらについて述べる。


1点目。説明書によれば、各シナリオフォルダ内に実行ファイルとフォントファイルを置いてそこから起動するとそのシナリオのゲームが起動するとのことだが、OS X Mavericks 以降では、起動時にシナリオフォルダの場所を選択するダイアログBOXが開くので、プレイのたびに選択しなければならない。実行ファイル AlephOneJP をどこに置いても同じである。これは、Mac 版バージョン 1.0 の仕様として諦めるしかないだろう。バージョンアップが待たれる。

2点目。日本語版シナリオをプレイする際、Mac 版バージョン 1.0 の場合、説明書通りに各シナリオフォルダ内にフォントファイル Fonts.ttf を置いただけでは、日本語表示ができない。

この問題は、Fonts.ttf を macOS の起動ボリュームの最上位に置くことで回避できる。起動ボリュームが Macintosh HD だとすると、Unix パスでは /Fonts.ttf、Mac パスでは Macintosh HD:Fonts.ttf となるように置くのである。

なお、その際、フォントファイルを直接置くのではなく、フォントファイルへのシンボリックリンクでも構わない。更に、そのシンボリックリンクのリンク先を Fonts.ttf ではなく、例えばシステムフォルダ内のフォントフォルダにあるヒラギノN明朝とすることで、表示をヒラギノN明朝で行うこともできる。但し、ボリューム最上位に置かれるシンボリックリンクファイルの名前はあくまで Fonts.ttf でなければならない。

alephone-hiragino
(クリックして拡大)

ただ、ヒラギノN明朝を指定すると動作が若干不安定になったような記憶もある。

3点目。Retina Display の Mac では、画面設定が Automatic のままだとマウスポインターの動きが遅い。

その場合、以下のごとく手動で設定する必要がある。

1280 x 800 になっているのは、筆者の Mac が Retina Display 2560 x 1600 だからである。この数字は使用する Mac によって変わるので注意。

4点目。起動に失敗する場合がある。これも確実な回避方法は見つけられなかった。ただ、これが起きる確率は、体感では30%くらい。Mac を再起動すれば治ることが多いが治らない場合もあり、その確率も30%くらいだと思う。何度か Mac の再起動を繰り返せばいつか起動できるようにはなるようだ。

ただ、この現象は、Mavericks から Sierra までは起きていたが、High Sierra では今のところ起きていない。まだインストールしたばかりなので、これから起きるのかもしれないが、ひょっとしたら High Sierra では起きなくなっているのかもしれないという可能性はある。

« High Sierra各種検証結果(2)[更新] | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« High Sierra各種検証結果(2)[更新] | トップページ