« Mac+外付けHDDにopenSUSE 13.1をインストール | トップページ | Mac+外付けHDDにFedora 20をインストール[更新] »

2014年3月12日 (水)

OS XからBoot Campボリュームが見えない

昨年の6月に MacBook Air 11-inch, Mid 2013(MacBookAir7,1) を購入し、すぐに Boot Camp アシスタントを利用して Windows 8 をインストールしたが、その時以来ずっと、OS X で起動すると Boot Camp ボリュームがマウントされず、コマンドで手動マウントしようとしても「Input/Output error」と表示されてマウントできない状態が続いていた。

その状況下では、システム環境設定の「起動ディスク」にも表示されないため、一旦 OS X を起動してしまうと、次に Windows を起動するときは「option キーを押しながら起動」して Windows を選択するしか方法がなかったのである。

これまでもどうにか修復できないか、色々試したがうまくいかなかった。ようやく修復に成功したのは、昨日のことである。

その方法は、「Windows の側でドライブのエラーチェックをする」というものだった。手順は以下の通り(用語、手順はすべて Windows 8.1 のもの)。

  1. エクスプローラーを起動。
  2. 「デバイスとドライブ」セクションで「BOOTCAMP (C:)」で右クリックして「プロパティー」を選択(かつての Windows であればマイコンピュータを表示して BOOTCAMP (C:) を右クリック)。
  3. すると、ダイアログボックス「BOOTCAMP (C:)のプロパティ」が表示される。そこで「ツール」タブを選択する。
  4. 「エラー チェック」セクションの「チェック(C)」ボタンを押す。
    bootcamp_disk_property
  5. ダイアログボックス「エラー チェック (BOOTCAMP (C:))」が表示されるので、あとは指示に従ってドライブを修復する。

以上。

この結果、OS X で起動したときに BOOTCAMP ボリュームが自動でマウントされ、またシステム環境設定の「起動ディスク」内に BOOTCAMP ディスクがちゃんと表示されるようにもなった。

« Mac+外付けHDDにopenSUSE 13.1をインストール | トップページ | Mac+外付けHDDにFedora 20をインストール[更新] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Mac+外付けHDDにopenSUSE 13.1をインストール | トップページ | Mac+外付けHDDにFedora 20をインストール[更新] »