« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年6月14日 (金)

Boot Campで画面が暗くなったその訳は…

三日前に発売された MacBook Air (11-inch, Mid 2013) を即日入手した。早速 Boot Camp アシスタントを使って Windows 8 をインストールしたが、Boot Camp ドライバーをインストールした途端、画面が暗くなった。

インストールされた Intel Graphics ドライバーに問題があるのかと思い、いろいろ設定をいじってみたが、改善されなかった。

ところが、さきほど、ふとその原因が「環境光センサー」にあるのではないかと思い至った。調べたところ、 MacBook Air の環境光センサーはディスプレイの上部、カメラの左横にあるとのことだった。筆者の MacBook Air のその場所をよく見ると、部屋の電灯の光がとある遮蔽物により遮られていて、常に影を落していた。

そこで、その影の源となっている遮蔽物を取り除いてみた。案の定、すぐに画面が明るくなった(苦笑)。

(断っておくが、普通の使い方をしていたらそんなところに絶対に影は落ちない(笑)。筆者のこのケースはあまりにも例外的な状況下での話である)

不思議なのは、MacBook Air を OS X で起動するとそのような現象は起きないことである。推測するに、どうも OS X には MacBook Air のディスプレイを環境光に応じて自動調整する機能はない一方で、Boot Camp ドライバーにはその機能が含まれているため、Windows で起動した時だけ画面が暗くなる、ということらしい(アップル社のサイトを見ても、 MacBook Air には「環境光に応じてキーボードのバックライトを調整する機能がある」とは書かれているものの、ディスプレイにそのような機能があるとは書かれていない)。

つまり、皮肉なことに、この点に関してはアップル社の自前の OS よりも他社の OS のほうが機能が勝ってしまっているようだ(苦笑)。そして、そのような意外な差異が、結果として今回の問題の解決を遅らせる要因になったのである(まさか、OS X では働かず Windows でのみ働くハードウェア機能が Mac 上に存在するとは、普通予想しないだろう)。

いずれにしても、Boot Camp で画面が暗くなるこの問題は、環境光センサー上に影を落とさないようにするという、誠に常識的な方法で解決を見た。


ちなみに、これと同じ現象が MacBook Pro (13-inch, Mid 2010) でも起こっていた。どうやらそれも環境光が原因だった可能性が高い。だがその時、筆者は単に古い NVIDIA ドライバーにダウングレードすることで対処していた。おそらく、その古いドライバーには偶然、環境光によって明るさを調整する機能がなかったか、もしくは働かない不具合があったため、「解決できた」と思い込んでいたのだと思う(苦笑)。


余談だが、MacBook Air (11-inch, Mid 2013) に Windows 8 64bit 版をインストールした場合の「エクスペリエンスインデックス」のスコアは「5.6」である。最低値はグラフィックスの「5.6」、最高値は内蔵ディスクのパフォーマンス「8.1」である。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »