« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

Mac+外付けHDDにUbuntu 13.04をインストール

以前、「Mac+外付けHDDにUbuntu 12.04をインストール」の中で MacBook Pro (mid 2010, 13 inch) に接続した USB 外付け HDD 内に Ubuntu をインストールする場合について述べたが、その時は「GRUB は内蔵 HDD の EFI 領域にインストールされる」と結論づけていた。

先日、Ubuntu 13.04 がリリースされたため、外付け HDD にもインストールを試みた。その過程で、GRUB を外付け HDD にインストールできないかどうか試したところ、工夫すればできることがわかった。

GRUB を 外付け HDD にインストールすれば、内蔵 HDD を「汚さず」に済む。

また、場合によっては、その外付け HDD を別の Mac に接続して起動することも可能になる(※同じ会社のグラフィックチップを使用していることが条件。筆者が現在所有する Mac は二台とも NVIDIA なので可能)。

但し、インストールされた Ubuntu を起動するには、やはり rEFIt もしくは rEFInd が必要である。option キーを押しながら Mac を起動することによって表示される「OS 選択画面」から直接起動できるようになるわけではない(ちなみに、Fedora は直接起動が可能。「Mac+外付けHDDにFedora 17をインストール」を参照)

なお、以下に掲載するスクリーンショットは Xubuntu のものだが、インストーラープログラム自体は Ubuntu も Kubuntu も Xubuntu も Lubuntu も同じなので、そのいずれをインストールする場合であっても以下の記述が適用できる。

続きを読む "Mac+外付けHDDにUbuntu 13.04をインストール" »

2013年4月27日 (土)

MacBook Pro 13-inch Mid 2010にUbuntu 13.04をインストール

例によって例のごとく、MacBook Pro (13-inch, Mid 2010) に Ubuntu 13.04 64 bit 版をインストールする。

注意点として、Ubuntu 13.04 ではなぜかデフォルトではサウンドが鳴らなくなっている。10.10 ?以前のように特別な設定が必要(後述)。

今回も敢えて EFI インストールではなく、MBR インストールする。そのためには、インストール DVD を起動する際、option キーを押したまま Mac を起動することによって表示される「OS 選択画面」において、「Windows」という名の CD-ROM 形アイコンを選択する(「EFI Boot」という名のアイコンを選択すると EFI 起動になってしまうので、必ず「Windows」のほうを選択する。

また、そのまま起動すると画面が乱れたり、場合によってはフリーズしたりするため、起動時にカーネルパラメーターに「nomodeset」を付けたほうが良い。

パーティション構成は以下の通り。sda1 は EFI 領域なので省略する。いつものように Ubuntu は sda3 にインストールする。その際、「bios boot 領域」と呼ばれる小さな領域が必要。サイズは 1 MiB でよいが、必ず sda2 〜 sda4 でなければならない(sda5 以降に置いてはならない)。

sda2 …… bios boot
sda3 …… Ubuntu 13.04 <-- ここにインストール
sda4 …… Windwos 8 64bit
sda5 …… Linux swap
sda6 …… Fedora 18
sda7 …… openSUSE 12.3
sda8 …… Mac OS X Snow Leopard 10.6.8

ブートローダーは例によって Windows の ブートマネージャーを使用するので、 GRUB は sda3 にインストールする。

インストール終了の後、Ubuntu をブートマネージャーで起動するための設定を行う。まず Fedora で再起動し、Windows 8 のパーティション(「BOOTCAMP」というラベルがついている)をマウントして、sda3 の先頭 512 バイトを ubuntu.img という名前で書き出し、BOOTCAPT パーティションに置く。

$ sudo dd if=/dev/sda3 of=/run/media/hogehoge/BOOTCAMP/ubuntu.img bs=512 count=1

のような感じになる。次に、Windows を起動して、管理者権限のあるコマンドプロンプトで bcdedit を用いてブートマネージャーの設定を行う。ここではその詳細は述べない。

ブートマネージャーの設定の後、MacBook を再起動し、ブートマネージャーで Ubuntu を起動する。

Wi-Fi(無線LAN)を有効化する。そのためには broadcom-wl ドライバーをインストールする必要があるが、GUI の「追加のドライバー」からインストールすることができないので、インストールに使用した DVD の中から

「pool/main/d/dkms/dkms.....deb」
「pool/main/f/fakeroot/fakeroot.....deb」
「pool/restricted/b/bcmwl/bcmwl.....deb」

という三つのパッケージを取り出して一つのディレクトリ内に置き、手動で

$ sudo dpkg -i *.deb

のような感じでインストールする。

グラフィックドライバーに関しては、デフォルトでは「Nouveau」ドライバーが有効になっているが、それでは表示が乱れることが多いので、GUI の「追加のドライバー」から NVIDIA ドライバーをインストールする。

なお、GUI の「追加のドライバー」を起動するには、以下の手順を踏む。

  1. 画面右上の「歯車形アイコン」をクリック →「システム設定...」を選択。
  2. 「システム」セクションの「ソフトウェアとアップデート」をクリック。
  3. 20秒くらい待つ(苦笑)と「ソフトウェアとアップデート」ウィンドウが表示される。
  4. 「追加のドライバー」タブをクリック。

サウンドは、「/etc/modprobe.d/alsa-base.conf」の末尾に「options snd-hda-intel model=mbp55」 と書き加えることで鳴るようになる(要再起動)。


« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »