« MacBook Pro 13-inch Mid 2010+Fedora 18で無線LAN[更新] | トップページ | OS Xの「サービス」を無効にできなくなった »

2013年1月24日 (木)

Fedora 18をメディアなしでインストールする

内蔵ハードディスク内にあらかじめインストールされている Ubuntu 12.10 の GRUB を使って、Fedora 18 のインストール DVD(Live CD/DVD ではない)の iso イメージ内からインストーラーを起動する覚え書き。

Fedora 17 でも同じやり方で起動できることを確認している。

使用したマシンは MacBook Pro Mid 2010 13 inch (MacBookPro7,1) だが、普通の Windows マシンでも同じやり方が可能なはずである。

以下の作業は Ubuntu 上で行う。

  1. USB 外付け HDD のパーティションの一つを EXT4 でフォーマットし、「ext」というラベルをつける。この作業はパーティショニングツール「Gparted」で行った。
  2. ext パーティション内に「Fedora」というディレクトリを作成し、そこに、インストール DVD の iso イメージファイルをコピーする。※注1
  3. /boot ディレクトリ内に「install」というディレクトリを作成する。
  4. インストール DVD の iso イメージファイルをマウントし、「isolinux」ディレクトリ内から「vmlinuz」と「initrd.img」を「/boot/install」ディレクトリへコピーする。
  5. Ubuntu の GRUB の設定ファイルに、Fedora を起動するための記述を行う。そのためには「/etc/grub.d/40_custom」の中に
    menuentry "Fedora Install" {
        set root='hd0,gpt3' ※注2
        linux /boot/install/vmlinuz repo=hd:LABEL=ext:/Fedora ※注3
        initrd /boot/install/initrd.img
        }
    
    と書き加える。
  6. 「update-grub2」コマンドでいまの記述を GRUB に反映させる。
  7. コンピューターを再起動する。
  8. コンピューターに複数の OS がインストールされているなら、再起動時、いま作業をした Ubuntu をもう一度起動するようにする。Ubuntu が起動する過程で表示される GRUB の選択画面において、「Fedora Install」を選択する。すると、Fedora インストーラーが立ち上がるはず。

以上。


※注1
筆者の環境では Fedora 18 のインストーラーが起動の過程で内蔵 HDD をうまく認識しないという不具合があったので外付け HDD に iso を置いた。そのような不具合がない環境なら内蔵 HDD に置いてもかまわないだろう。


※注2
二行目の「hd, gpt3」の部分は、筆者の Ubuntu が一番目のハードディスクの三番目の GPT パーティションにインストールされていることを意味する。環境によって適宜書き換える必要がある。例えば二番目ディスクの七番目のパーティションなら「hd1,gpt7」になる。ハードディスクの番号は0を起点にしているが、パーティションのほうは1が起点である。

なお、GPT パーティションではなく、MBR パーティションの場合はまた別の記述になるはずだが、筆者は把握していない(インストールされている Ubuntu の GRUB の記述を参考にすればよい)。


※注3
「repo=」以下で iso の置かれたパーティションを指定しているが、筆者はその際、ラベルで指定した。これは、筆者の環境では外付け HDD のデバイス名が起動のたびに「sdb」になったり「sdc」になったりして一定しなかったためである。もし一定しているならデバイス名で

repo=hd:/dev/sda3:/Fedora

などと指定することも可能である。特に、注1で述べたように内蔵 HDD に置いた場合はわざわざラベルをつけるまでもなく、デバイス名で指定したほうがいいだろう。


なお、くれぐれも「:」(コロン)が二つあることを見落とさないように。

説明しておくと、「hd:デバイス名:ディレクトリ名」となっており、この場合のディレクトリ名は iso ファイルを内包しているディレクトリである。ディレクトリ名だけを指定すればよく、iso ファイル自体は指定する必要がない。パーティションのトップレベルに置かれている場合は

repo=hd:/dev/sda3:/

のようにスラッシュで終える。なお、このパーティションは VFAT でフォーマットされたものでもよく、その場合は

repo=hd:D¥:/Fedora

などと Windows のドライブ名で指定する(但し、ディレクトリ名のほうはバックスラッシュではなく普通のスラッシュで区切らなければならない)とのことだが、筆者はこのやり方は試していない。

« MacBook Pro 13-inch Mid 2010+Fedora 18で無線LAN[更新] | トップページ | OS Xの「サービス」を無効にできなくなった »