« 自宅の無線ルーターのアクセスポイントが見つからない | トップページ | Mac版SafariのiCloudタブの中身は削除できるのか »

2012年8月 2日 (木)

Windows Live IDが即時削除できるようになった

(更新:2012/08/24)

筆者は何年か前から Microsoft 社のアカウントサービス「Windows Live ID(現在は名称が Microsoft アカウントに変更されている)」のアカウントを削除しようと試みていたのだが、どうしてもうまくいかなかった。

ヘルプによれば「hotmail.com(もしくは msn.com もしくは live.com)アドレスをログイン ID として使用している人は、Hotmail を 270日間放置すればメールアカウントが消えるので、ID も消せるようになる」などとアナウンスされていた。

要するに、Hotmail アドレスをログイン ID としている人は、アカウントの即時削除が全く行えないばかりか、削除に成功したかどうかを確認するのに9ヶ月も待たねばならず、もし失敗していたらまたやり直して9ヶ月待たねばならなかったのである(苦笑)。

それが最近(というか昨日?)、Hotmail が Outlook.com というサービスに変更になった。その際に各種の仕様も改善され、これまでは不可能だった「ログインに使うメールアドレスを Hotmail アドレス以外に変更する」ことが可能になった。そのおかげで、昨日、ようやくアカウントの削除に成功した。

具体的には以下のような手順を踏む。

  1. 「通知用メールアドレス」を登録し、そのアドレスを「優先アドレス」にする。(すでにこれらのことを行っている場合は、改めて行う必要はない)
  2. ログインに使うアドレスを Microsoft アカウントに関係のないアドレス(hotmail.com、msn.com、live.com、hotmail.co.jp、outlook.com 以外のアドレス)に変更する。(この時、1. のアドレスとは別のアドレスが必要になる)
  3. アカウントを削除する。

(更に詳細な手順は下にまとめてある)

こうすれば、270日も待つことなく(笑)、即時削除できる。

それにしても、今までなぜログインアドレスの変更が許されなかったのか不思議でたまらない(苦笑)。

余談だが、Windows 8 でログインに Microsoft アカウント(旧称 Windows Live ID)を使用している場合、もしログインに使うメールアドレスを変更してしまったら、どうなるか。Windows 8 にログインできなくなるのではないか、という懸念があるかもしれないが、全くそのようなことはない。次回のログイン時には自動で新メールアドレスでログインできるようになっている(おそらく、ログインに使うメールアドレスと実体としての ID を別に管理しているのだろう)。

追記:詳細な削除手順

  1. 削除に際して、Microsoft アカウントで使用していないメールアドレスが二つ必要である(例えばプロバイダーのメールアドレスと、Gmail のアドレスなど)。ない場合は Gmail などを利用して用意する。(例外:削除するアカウントにすでに「通知用メールアドレス」が登録されている場合は1つでよい。3. で後述)
  2. ウェブブラウザ上で「http://skydrive.live.com/」にアクセスし、Microsoft アカウントでログインする。
  3. まず、通知用メールドレスの登録を行う(すでに追加されているならこの手順を飛ばしてよい。その場合は、1. で前述したように、削除時に必要となるメールアドレスは1つのみということになる)。
    1. 右上に小さな人型のアイコン(もしくは自分で登録したアイコン画像)が表示されているはずなので、それをクリック。ポップアップされるメニューから「アカウント設定」を選択。
    2. (ログインしてから時間が経っている場合、ここでもう一度ログインを求められることがある)
    3. 「アカウントの概要」というページが表示される。左のサイドバーで「通知」をクリック。
    4. 「通知」というページが表示される。そこで「メールの受信設定の管理」という文字列をクリック。
    5. 「電子メール アドレスの関連付け」というページが表示される。そこで「電子メールの関連付け」の下にある「電子メールアドレスの追加」という文字列をクリック。1. で述べた「Microsoft アカウントで使用していないメールアドレス」を追加する。
    6. 指示に従ってメールアドレス認証手続きを踏む。
  4. 次に通知用メールアドレスを「優先アドレス」にする(すでにそうなっている場合は飛ばしてよい)。
    1. 3-I 〜 3-V を繰り返して「電子メール アドレスの関連付け」ページに戻る。
    2. そこで「優先するメールアドレス」の下の「変更」文字列をクリック。優先アドレスを 3-V で設定したアドレスに変更する。
  5. ログインに使うアドレスを Microsoft アカウントに関係のないアドレス(hotmail.com、msn.com、live.com、hotmail.co.jp、outlook.com 以外のアドレス)に変更する。
    1. 再び右上のアイコンをクリックして「アカウント設定」を選択する。
    2. 「アカウントの概要」というページが表示される。「メールアドレスの更新」文字列をクリックする。
    3. 「Microsoft アカウントとして別のメール アドレスを使う」というページが表示されるので、そこで「別のアドレスを使う」を選択する。そして、先ほど 3-V で認証したメールアドレスとは「「別の」」アドレスを打ち込んで「保存」ボタンをクリックする。(この時打ち込んだアドレスを絶対に忘れないように。どこかにメモしておいたほうがよい)
    4. すると、強制的にログアウトされるので、5-III で打ち込んだメールアドレスでログインする(パスワードは以前と変わっていない)。
    5. 5-III で打ち込んだアドレス宛に認証メールが届くので、認証手続きを行う。
  6. 最後に削除手続きに入る。
    1. もう一度右上のアイコンクリックして「アカウント設定」を選択する。
    2. 「アカウントの概要」ページが表示されるので、一番下の「アカウントの削除」文字列をクリックする。
    3. 「Microsoft アカウントの削除」ページが表示されるので、指示に従い、パスワードを入力して「次へ」ボタンをクリックする。
  7. 以上で削除が完了する。

« 自宅の無線ルーターのアクセスポイントが見つからない | トップページ | Mac版SafariのiCloudタブの中身は削除できるのか »