« メモ.appエクスポートAppleScriptを作った[更新] | トップページ | MacBook Pro+Win7で音がミュートされる問題を解決その2 »

2012年8月31日 (金)

Mac用Gimp2.8.2の公式Native版[更新]

これまでの Mac 用 Gimp X11 版 に加え、Native 版「gimp-2.8.2-dmg-2.dmg」が公式サイトのダウンロードページ (※注:OS 自動判別。Mac でアクセスすれば Mac 版が表示される) で公開されているが、残念なことに、この Native 版は日本語環境下では動作しない(追記:下記[更新]参照)。

システム環境設定の「言語とテキスト」内の「言語」で English を一番上にしてから Native 版を起動すれば、表示が英語になるものの、ほぼ正常に動作する。ワコムのペンタブレットにも対応している(やや特殊な設定が必要。その手順は X11 版と同じ)。

Native 版が日本語環境に早く対応することを願う。

その他にも、ダイアログボックスがなぜかウィンドウの後ろに入り込んでしまう、Native であってもやはりテキストツールで日本語を打つことができない、などの問題点がある。

今はまだ、Mac OS X の日本語環境下では素直に X11 版を使ったほうがよさそうだ。

(更新 2012/09/04)
公式サイトのダウンロードページ (※注:OS 自動判別。Mac でアクセスすれば Mac 版が表示される) で別の Native 版「GIMP-2.8.2-p4-Mountain-Lion.dmg」が公開された(ファイル自体は SourceForge.net 内に置かれている)。これまで X 11 版をビルドして公開していた方が新たに Native 版をビルドされた模様。こちらは日本語環境でも正常に動作するようだ。

但し、やはりテキストツールで日本語を打つことはできない。日本語を別のアプリでコピーして Gimp のテキストツールにペーストすれば画像に入れることは可能。だが、ペーストの際のキー操作は、Mac 標準の「command + V」ではなく、X 11 のほうに準拠した「control + V」になっているので注意(しかしながら、画像編集においては普通に「command + C」で画像の選択範囲をコピーし「command + V」でペーストできる)。


余談だが、2011年に Mac でも使えるフリーのペイントソフト「FireAlpaca」が公開された(配布サイトはこちら)。Mac 上でフリーソフト&ペンタブレットを使って絵を描くなら、FireAlpaca が今のところベストだと思う。ただ、画像加工機能はほとんどないので、Gimp か Seashore と併用すると良いかもしれない(なお、有料ソフトなら CLIP STUDIO PAINT がおすすめ。実質4,000円で入手可)。


« メモ.appエクスポートAppleScriptを作った[更新] | トップページ | MacBook Pro+Win7で音がミュートされる問題を解決その2 »