« Mac+外付けHDDにFedora 17をインストール | トップページ | 自宅の無線ルーターのアクセスポイントが見つからない »

2012年6月10日 (日)

Mac+外付けHDDにUbuntu 12.04をインストール

Fedora 17 に引き続き、MacBook Pro mid 2010 13 inch に 接続した USB 外付けハードディスクに Ubuntu 12.04 64bit 版(amd64)をインストールできないかどうか試したところ、EFI で起動するようにすればうまくインストールできることがわかった。

筆者はこれまでにも何度か Fedora や Ubuntu を EFI で起動するようにインストールできないか試したことがあったが、うまくいかなかった。おそらく GRUB が Mac の EFI にちゃんと対応していなかったのだろう。

だからと言って外付け HDD に MBR 起動でインストールしてしまうと、起動が不可となるケースがほとんどだった(Ubuntu では一応成功していたが、Fedora は起動できなかった)。

だが今回、いくつかの Linux ディストリビューションで EFI 起動でのインストールを試したところ、どうやら以前に比べると Mac の EFI への対応度が上がったらしく、起動が可能となっていた。

ということは、おそらく外付け HDD だけでなく内蔵 HDD に対しても EFI インストールは可能なのだろう。とりあえず今回は外付け HDD への EFI 起動インストールを試みるにとどめ、内蔵 HDD への試みはまた後日とする。

以下に、Ubuntu 12.04 を Mac の USB 外付け HDD に EFI インストールする場合の要領を述べる。

前提条件

まず外付け HDD は「GUID パーティション」としてフォーマットされていなければならない(と思う。もしかしたら MBR でフォーマットされていても可能なのかもしれないが試していない)。

次に、USB メモリに rEFIt をインストールしておかなければならない。Fedora 17 と違い、Ubuntu 12.04 amd64 は Mac の EFI に特別な対応を行っていないので、rEFIt が必要。USB メモリへのインストールの方法についてはここでは述べないので他の情報源を参照してください。

もう一つ、インストール CD (Live CD) 自体を EFI で起動しなければならない。そのためには Mac を起動の際 Option を押し続けることで表示される「OS 選択画面」において、「EFI Boot」という名前の CD-ROM 型アイコンを選択する(この時、「Windows」という名前の CD-ROM 型アイコンを選択すると MBR 起動してしまい、そのままインストールを行うと、インストールされた Ubuntu は EFI 起動できない)。

インストール

インストールの手順そのものは、これまでに何度も行った「MBR インストール」の場合と同じである。ただ、ブートローダーのインストール場所として「sdb(外付け HDDのデバイス名)」を選択しても、sda(内蔵 HDD)の EFI 領域にインストールされる。

ブート

インストール終了後、実際に Ubuntu 12.04 がインストールされた HDD からブートするには、先ほど述べたように rEFIt が必要。Mac の起動時に Option キーを押したままにすれば「OS選択画面」が表示される。そこで rEFIt の USB メモリを差してしばらくすると、画面に「rEFIt」という名前のアイコンがあらわれるのでそれを選択する。すると、また同じような選択画面があらわれるが、そこには「品」の字に似たアイコンに「Boot EFI\ubuntu\grubx64.efi from EFI」という名前のついた項目が表示されるので、それを選択すれば起動できるはず。

Fedora 17 と違い、Ubuntu 12.04 の場合は内蔵 HDD に GRUB がインストールされるため、Ubuntu がインストールされた外付け HDD を別の Mac につないでも Ubuntu を起動することはできない。


なお、Ubuntu が不要となり、HDD から消去したとしても、EFI 領域にインストールされた Ubuntu の GRUB は残ってしまう。

残っていても支障はないが、どうしても削除したい場合は、rEFIt に付属している EFI Shell を使う。以下にその方法を説明する。

EFI Shell の起動

rEFIt の OS 選択画面の下段にはディスプレイの形をした一回り小さなアイコンがあるので、それを選択すれば、Shell が起動する。

EFI パーティションのデバイス名を調べる

まず、デバイス名が列挙されたリストが表示されるが、スクロールさせることができない。そこで、「map -b」というコマンドを打ち込むと、スクロールさせることのできる形で表示される。

リストで EFI 領域のデバイス名を探す。おそらく fs0 という名前になっている。

EFI パーティション内へ移動

そこで「fs0:」と打って fs0 内に移動する。その際、EFI Shell 上では日本語キーボード配列が有効にならないため、:(コロン)を打つには L (エル) の右隣のキーをシフトと同時に押す必要がある。

GRUB を削除

fs0 内に移動すれば、あとは DOS コマンドや bash コマンドと似たようなコマンドが使える。ls もしくは dir コマンドでファイルを表示、cd でディレクトリ移動、rm ディレクトリ名 でディレクトリを削除、などである。

Ubuntu の GRUB は fs0 内の EFI\ubuntu ディレクトリ内にある。ubuntu ディレクトリごと削除すれば GBUB も削除される。バックスラッシュを打つには L (エル) の三つ右隣にある「む」キーを押す。

EFI Shell を終了

exit コマンドで Shell から抜けることができる。

« Mac+外付けHDDにFedora 17をインストール | トップページ | 自宅の無線ルーターのアクセスポイントが見つからない »