« 2012年1月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年2月15日 (水)

Windows Live Mail 2011でiCloudメールを使う[HowTo]

iCloud メールは OS X の Mail.app および iOS (iPhone / iPad / iPod touch) のメールアプリと一体化されており、それらのデバイス内で iCloud アカウントを設定すればほぼ自動的にメール設定が完了する(但し OS X 10.7.2 以降、iOS 5 以降が必要)。

また Windows でも「iCloud コントロールパネル」がインストールされていれば Outlook での送受信に完全対応する(Outlook 2007 以降)。

更に、その他のメールクライアントでの送受信のためのサーバー設定情報もアップル社によって公開されている。だが、その他のメールクライアントでの送受信は特別な設定を要する場合が多い。

以下に掲載するのは Windows 7 上で Windows Live Mail 2011 を用いて iCloud メールを送受信するための設定である(ここで言う「Windows Live Mail」とは、Microsoft 社が配布している単体アプリケーションのことである。かつて「Windows Live メール」と名乗っていたウェブメール(http://mail.live.com。現 outlook.com)とは無関係なのでご注意を)。

(あくまでも現時点での設定である。今後、Windows Live Mail もしくは iCloud がバージョンアップした場合、以下とは異なる可能性がある)

続きを読む "Windows Live Mail 2011でiCloudメールを使う[HowTo]" »

2012年2月14日 (火)

Evolution 3.2.3でiCloudメールを使う[HowTo]

Fedora 16 や openSUSE 12.1 に付属している メール兼スケジュール管理ソフト「Evolution」で iCloud メールを送受信するための設定(Evolution のバージョンは 3.2.3)。

続きを読む "Evolution 3.2.3でiCloudメールを使う[HowTo]" »

2012年2月 2日 (木)

Thunderbird 10.0でiCloudメールを使う[HowTo][更新]

(最終更新2017/06/16)

これまで iCloud メールを Thunderbird で送受信するには、特別なアカウント設定とフォルダ設定が必要だったが、その後、 iCloud メールに一応の対応が行われたらしく、アカウント設定に関してはデフォルトのままで可能となったようだ。

一方、フォルダ設定に関しては、以前のように送信がうまくいかないということはなくなった。しかしながら、現在でも Thunderbird の認識するフォルダ名と iCloud メールのフォルダ名が異なっているため、送信済みメールや削除済みメールは iCloud メールの「送信済み」フォルダや「ゴミ箱」フォルダには入らず、「Sent」「Trash」という別のフォルダが勝手に作成されてそこに入ってしまうことになる。

ただ、それでも送信は問題なく行えるので、他の iOS デバイスや他のメールクライアントとの同期を行わないのであれば、フォルダ設定はどうしても必要というわけではない。

だが、もし同期を前提にしており、 Thunderbird のフォルダと iCloud メールのフォルダを一致させたいというのであれば、フォルダ設定を行う必要がある。

以下に掲載するのは Thunderbird 10.0 で iCloud メールを使う場合の設定である。今後、Thunderbird もしくは iCloud がバージョンアップされた場合、以下とは異なる可能性がある。

続きを読む "Thunderbird 10.0でiCloudメールを使う[HowTo][更新]" »

« 2012年1月 | トップページ | 2012年6月 »