« セルシス社からMac版ペイントソフトが発売されることが決定 | トップページ | CLIP Paint Lab 0.82リリース »

2012年1月23日 (月)

FireAlpacaを試す

Windows、Mac 両対応のフリーのグラフィックソフト、FireAlpaca の存在を知り、Mac 版をダウンロードして試し描きしてみた。

配布サイトは英語で書かれているが(訂正2012/02/28:日本語で書かれている。筆者が最初にアクセスした時は何らかの不具合で英語になっていただけなのかもしれない(※脚注))、ソフト自体は日本製であり、最初から日本語で表示されている。64bit で動作する。

レイヤー機能などの基本的機能は一通りそろっており、またブラシツールの筆圧感知、画像の回転表示や左右反転表示など、タブレットを使って絵を描くための機能も備わっている。細かく見ればいろいろ至らない部分もあるものの、特にフリーのイラストソフトがほとんどない Mac 界にあっては、貴重なソフトと言えるかもしれない。

なお、このソフトは Qt をベースにすることでクロスプラットフォームを実現しているようだ。ということは、やろうと思えば Linux 版も作れるということになる(その可能性は低いとは思うが)。


※脚注……Google で「firealpaca」を検索するとちゃんと一番上に表示されるが、どういうわけか、Google 検索の結果には英語しか表示されない。そのサイトをクリックすれば間違いなく日本語で表示されるので、誤解なきよう。

« セルシス社からMac版ペイントソフトが発売されることが決定 | トップページ | CLIP Paint Lab 0.82リリース »