« Fedora 16のBIOS Bootパーティションは再フォーマット可 | トップページ | セルシス社からMac版ペイントソフトが発売されることが決定 »

2011年11月17日 (木)

Live CDからインストールしたopenSUSE 12.1の日本語環境

openSUSE 12.1 を光学ディスクからインストールする方法は二種類ある。そのうちの1つ、「インストールDVD」は、日本語に完全に対応しており、インストール後も即座に日本語環境が整う。

一方、「Live CD」のほうは、インストール直後の状態ではごく一部しか日本語化されておらず、日本語を打ち込むこともできない。この問題を解決するには、追加でパッケージをインストールする必要がある。

以下に述べるのは、Gnome 版 Live CD の場合である(KDE 版は筆者未経験のため不明)。

日本語表示については「bundle-lang-gnome-ja」パッケージおよび「bundle-lang-gnome-extras-ja」パッケージをインストールすれば、ほぼ日本語化される(再ログイン後に有効になる)。

日本語入力については、「ibus」および「ibus-anthy」をインストールすれば可能となる(こちらは再起動が必要)。

パッケージのインストール方法は、「Install/Remove Software」という GUI を使えば簡単。

「Install/Remove Software」は、画面左上の「Activities」をクリックし、右上のほうにある検索窓で「Software」を検索すればすぐに見つかるだろう(※脚注)。


※脚注 …… 性能の低いグラフィックチップが使われているコンピューター上では、Gnome 3 が有効にならないため、Activities メニューが表示されない。その場合は、画面左上の「アプリケーション」メニューから「System Tools」→「Install/Remove Software」を選択。

関連項目

Live CDからインストールしたopenSUSE 11.4の日本語環境


« Fedora 16のBIOS Bootパーティションは再フォーマット可 | トップページ | セルシス社からMac版ペイントソフトが発売されることが決定 »