« LionのFinderウィンドウの位置がデフォルトに戻る不具合[→解消] | トップページ | Thunderbird 7.01でiCloudメールを使う »

2011年10月19日 (水)

iCloudのブックマーク同期はかなり優秀

(更新2011/10/26)

これまでのところ、iCloud の機能の中で筆者が一番重宝しているのはブックマーク同期機能である。特に、Windows のお気に入りとの同期機能は秀逸で、使用開始以来、項目が重複してしまうなどの誤作動を一度も起こしていない。

ただ、初めてこの機能をオンにする際にはちょっとしたコツがいる。以下に筆者が行った手順を記しておく。

前提として、筆者は Mac の Safari をメイン、Windows 7 の IE をサブとして使っていること、Mac はすでに OS が 10.7.2 にアップデートされていて、Windows にも「iCloud コントロールパネル」がインストールされているが、まだどちらもブックマーク同期をオンにしていない状態であることを念頭に置いて、以下の説明をお読みいただきたい。

  1. まずメインの Mac でブックマーク同期をオンにする。すると、Safari ブックマークの全項目が iCloud 上にアップロードされる(アップロード状況がどこかに表示されるわけではなく、自動的に行われる)。
  2. アップロードが完了するには、ネット通信速度やブックマーク項目数にもよるが、筆者の環境では5分ほどかかる。それを待つ間に以下の 3.〜4. を行っておく。
  3. Windows お気に入りの中に、今 iCloud 上にアップロードされていない項目(今まで Mac Safari には登録していなかったが Windows IE には登録していた項目)があり、それを削除したくないという場合、一時的にお気に入りフォルダー(「スタートメニュー」→「ユーザー名のフォルダー」→「お気に入り」)の外に退避させておく。
  4. ※重要ポイント!。Windows の「お気に入り」フォルダー内のお気に入り項目を全部削除し、「お気に入り」フォルダーを空っぽにする。これをやっておかないと、かなりの確率で重複が発生する。
  5. 2. のブックマークアップロードが完了したと思われたら、Windows の「iCloud コントロールパネル」でブックマーク同期機能をオンにする。すると、2分後には iCloud 上のブックマークがすべてダウンロードされ、これまで Mac Safari に登録されていたブックマークと全く同じ項目が Windows お気に入りに追加される。
  6. 3. で退避しておいたお気に入りを「お気に入り」フォルダーに戻す。すると、それらも iCloud 上にアップロードされ、数分後には Mac にも追加される。

以上のような手順を踏めば、その後は全く誤作動を起こすことなく同期が行える(少なくとも筆者の経験の範囲内では、行えている)。Mac でブックマークを追加すると、遅くとも30秒後には Windows のお気に入りに同じ項目が自動追加される。削除や項目の名前変更も同様に数十秒ほどで同期が行える。(むしろ、Mac と iPhone の間の同期のほうが重複や遅延が起きる確率が多い気がする(苦笑)。まぁ、それは筆者が iPhone の Wifi を頻繁にオンにしたりオフにしたりすることが原因だと思う)

Windows のお気に入りは Safari のブックマークとは異なり、一つのフォルダ内に同じ名前の項目が複数存在することができない仕様になっているが、この点も、Windows にダウンロードされる際、項目名に自動的に数字が付されるという形で上手く処理されている。

要はブックマークだけでなく、住所録やカレンダーも含めて、複数のデバイスで同時に「同期オン」にしないほうがよい、ということである。同時にオンにすると、Aデバイスのある項目がアップロードされている間にBデバイスの同じ項目がアップロードされる可能性があり、結果的に iCloud 上で項目が重複してしまう。すると、その後の同期の過程で各デバイスがそれらの重複項目をすべてダウンロードしてしまい、各デバイスでも重複が発生するという事態が起こる。同期をオンにするタイミングをデバイスごとに5分から10分ほどずらせばそのような事態は回避できるだろう。

なお、一旦ブックマーク同期をやめて再開するような場合も、Windows のお気に入りに関しては上記のような「全削除」をあらかじめやったほうがよいようだ。

但し、間違えても同期機能をオンにした状態で全削除をやってはならない(笑)。そんなことをしてしまうとすべてのデバイスで全ブックマークが消えるという災難に見舞われることになる。全削除の際は同期機能がオフになっていることを十分確認してほしい。

逆に言えば、iCloud 上のブックマークをすべて削除したければ、ブックマーク同期がオンになっているデバイスのうちのどれか一つでブックマークを全削除すればよい、ということになる。その後、オンになっている全デバイスでブックマークが消えれば、間違いなく iCloud 上からブックマークが全部消えていることが確認できる(無論、その後もブックマークを同期オフの状態で使い続けるのであれば、あらかじめバックアップをとっておき、全削除の後、同期をオフにした上で書き戻す必要がある)。

« LionのFinderウィンドウの位置がデフォルトに戻る不具合[→解消] | トップページ | Thunderbird 7.01でiCloudメールを使う »