« Mac用縦書きソフトの紹介 | トップページ | iCloudのブックマーク同期はかなり優秀 »

2011年9月13日 (火)

LionのFinderウィンドウの位置がデフォルトに戻る不具合[→解消]

Lion の Finder は『LionのFinderウィンドウの位置とサイズを記憶させる』の項で述べた方法でウィンドウの位置とサイズをフォルダごとに記憶させることができるが、何かの拍子に記憶が失われ、デフォルトの位置とサイズに戻ってしまうことがある。(追記2011/10/22:OS アップデートで直るようだ。文末参照)

いろいろ調べたところ、特定のアプリケーション(現在判明しているのは Photoshop CS5、Coteditor および CLIP PAINT Lab)で『ファイルを開くダイアログボックスを用いて二度以上ファイルを開く』ことによって、その問題が発生する確率が高いことがわかった。もっとも、アプリ内のダイアログボックスを使わず、ファイルを Finder に表示して Dock のアプリアイコンへドラッグして開いた場合は発生しない。

どうやら、Finder そのものの問題というより、Lion との互換性の問題である可能性が高い。

ただ、サイドバーに登録してあるフォルダーではこの問題が発生しないようだ。どうしても回避したいフォルダーはすべてサイドバーに登録しておけばよいかもしれない。

いずれにしても、この問題はまだ調査中である。確定したわけではないことをお断り申し上げておく。

(追記2011/10/14)
OS を 10.7.2 にアップデートしたら上記の不具合が直った気がする。だが、まだアップデート後二日目なので確定的なことは言えない。引き続き調査する。

(追記2011/10/22)
現時点に至るまで不具合は発生していない。OS 10.7.2 で直ったと見てよさそうだ。

« Mac用縦書きソフトの紹介 | トップページ | iCloudのブックマーク同期はかなり優秀 »