« LionをMagic Mouseで | トップページ | Lionのフルスクリーン画面でDockを表示させる方法 »

2011年7月24日 (日)

LionのFinderウィンドウの位置とサイズを個別に記憶させる

一般的に、Windows、Mac OS 9 以前、Mac OS X のいずれにおいても、アプリケーションのウィンドウは最後に閉じた時の位置とサイズが記憶される。だが、一部例外があり、OS X に付属している「QuickTime Player」および「プレビュー」は位置とサイズを全く記憶しない仕様になっている。更に、ファイルマネージャーソフトに関しては、Windows (XP以前) の エクスプローラー、Mac OS の Finder とも、開いたフォルダーごとに位置とサイズが記憶されというやや特殊な仕様になっている(もしもウェブブラウザが、開くウェブサイトごとにウィンドウの位置やサイズが異なる仕様だとしたら、非常に奇妙に感じるだろう。ところが、ファイルマネージャーではそれがほぼ当たり前なのである)。


OS X の Finder において、あるフォルダーを新規ウィンドウで開く場合(すなわち、デスクトップ上のエイリアスや Dock のスタックから開く場合、あるいはデスクトップ上に置かれているフォルダーを開く場合など)、原則として、そのフォルダーウィンドウが一番最後に表示された時の位置とサイズで表示される。

OS X 10.7 Lion の Finder ウィンドウの位置とサイズを各フォルダ毎に個別に記憶させる方法に関しては、10.6 Snow Leopard から変化はないようだ。

アイコン表示、リスト表示、Cover Flow 表示になっている場合は、別フォルダに移動し、移動先のフォルダを表示した状態でサイズや位置を調整すれば、その移動先のフォルダごとに記憶される。このような仕様になったのは Snow Leopard 以降である(Leopard 以前はアイコン表示やリスト表示でも後述のカラム表示と同様の仕様だった)。蛇足ながら、Windows XP の Explorer もこれと同じ仕様である。

それに対して、カラム表示のウィンドウの位置とサイズを記憶させるには、ウィンドウを開いた後、別のフォルダに移動することなく、開いたフォルダを表示させた状態で位置やサイズを調整する必要がある。

例えば、デスクトップ上に「太陽系」というフォルダーがあり、その中に「地球」というフォルダがあるとする (Unix パスで表示すると ~/Desktop/太陽系/地球)。太陽系フォルダーアイコンをダブルクリックすると「太陽系」という名前の Finder ウィンドウが開くはずだが、カラム表示になっている場合、太陽系フォルダを表示したままサイズや位置を調整したなら記憶される。ところが、太陽系フォルダを開き、地球フォルダに移動したあとにサイズや位置を調整したとしても、記憶はされない。一旦地球フォルダに移動し、また太陽系フォルダに戻ってきてからサイズや位置を調整したような場合も、やはり記憶はされない。

カラム表示のこの仕様は、筆者が知る限り Mac OS X 10.3 以来ずっと続く仕様である。


※Leopard 以前から Lion にアップグレードした人への注記

Snow Leopard 以降では、アイコン表示やリスト表示のフォルダーを新規ウィンドウで開き、その中でフォルダーアイコンをダブルクリックして他のフォルダーに移動したような場合、Leopard 以前とは違い、移動した瞬間にその時の位置とサイズが記憶されてしまうので注意。それを回避したければ、Finder ウィンドウの上端部を右クリックして「ツールバーを非表示」にするか、Finder の環境設定で「フォルダーを常に新規ウィンドウで開く」をチェックしておく必要がある。

« LionをMagic Mouseで | トップページ | Lionのフルスクリーン画面でDockを表示させる方法 »