« LionのアプリケーションExposé | トップページ | LionのWindows共有におけるパーミッション »

2011年7月26日 (火)

Lionでダブルタップができなくなった時の一時的な対処法

Lion で使用されるトラックパッドの操作方法には『二本指ダブルタップ(スマートズーム)』や『三本指ダブルタップ(辞書で引く)』というマルチタッチジェルチャーが存在するが、ある条件下でダブルタップができなくなることがあるようだ。もしかしたら筆者のハードウェアだけで起こることなのかもしれないが、一応、書き留めておく。

いろいろ試行錯誤した末、ようやくできなくなったときにできるようにする一時的な対処法を発見した。

ダブルタップできなくなった時は、ほんの少しでかまわないので上下にスクロール(二本指で上下にスワイプ)する。その後にタップすれば、筆者の調べた範囲内では百パーセント成功する。

なお、このコツはトラックパッドだけではなく、Magic Mouse でも有効である。Magic Mouse の場合はスクロールは一本指なので、Mission Control を起動するためにダブルタップしたはいいが、うまくいかない、という時は少しだけ一本指でマウスの表面を上下にスワイプする。その後にタップすれば必ず成功する。

ちなみに、『LionのアプリケーションExposé』の項目でも述べたように、Dock アイコン上でダブルタップすれば『アプリケーション Exposé』を起動させることができるという『隠しジェスチャー』が存在する。このジェスチャーの際にも上記の『コツ』は有効である。

(更新2011/7/28)

(2011年7月27日追記)
どうやら、長時間 Mac を起動しているとダブルタップが失敗しやすくなる、という現象が起こるようだ。再起動すれば確実に直る。

(2011年7月28日追記)
(改題しました)
ダブルタップができなくなる現象は、長時間起動していても起こらないこともあるし、短時間の起動で起こることもあるようだ(苦笑)。どういう条件で起こるのか調査中。

(2011年7月28日追記2)
一旦スリープしたら直るようだ。

(2011年7月28日追記3)
Safari 上で繰り返し二本指ダブルタップや三本指ダブルタップ(Magic Mouse では一本指や二本指)を行うと、『ダブルタップができなくなる現象』が起きるような気がする。引き続き調査を行う。

« LionのアプリケーションExposé | トップページ | LionのWindows共有におけるパーミッション »

コメント

こんにちは。

私も同じような現象を体験し、あれこれ探ったところ解決策を発見しました。以下、手順を示します。

デスクトップ上部の左端にあるAppleマークをクリック
→システム環境設定
→ユニバーサルアクセス
→マウスとトラックパッド
→トラックパッドオプション
→「ドラッグ」にチェックを入れる
→その右側の選択肢のうち「ドラッグロックあり」を選択
→完了

おそらくこれで大丈夫だと思います。お試しください。

こんにちは。
情報ありがとうございます!

これから早速試してみます。

この記事へのコメントは終了しました。

« LionのアプリケーションExposé | トップページ | LionのWindows共有におけるパーミッション »