« Live CDからインストールしたopenSUSE 11.4の日本語環境 | トップページ | CLIP PAINT Labを試す »

2011年4月25日 (月)

Mac Snow Leopard上でPerl CGIやPHPの動作確認

Perl CGI

Snow Leopard にはデフォルトでウェブサーバーソフト「apache」と Perl インタープリターがインストールされているので、ごく簡単な設定だけですぐに CGI の動作確認が行える。

  1. 前提条件として、確認したい CGI スクリプトの属性値が 755 に、スクリプトによって書き込まれるデータファイルの属性値が 666 になっている必要がある(スクリプトの説明書きを参照のこと)。ターミナル.app を使用して属性値を設定しておく。また、改行コードは LF、Perl へのパス(スクリプトの一行目)は「#!/usr/bin/perl」でなければならない。これらもテキストエディターなどを使って書き換えておく。
  2. 次に、そのスクリプトを「/ライブラリ/WebServer/CGI-Executables」フォルダにコピーする。(このフォルダーを表示させるには Dock の Finder アイコンをクリックし、メニューバーの「移動」から「コンピュータ」を選択、そこから起動ディスク(デフォルトでは Macintosh HD)→ライブラリ→ ... とたどってゆく)
  3. 次に、システム環境設定の「インターネットとワイヤレス」セクションの「共有」をクリック、「Web 共有」にチェックを入れる。チェックを入れた瞬間にウェブサーバーソフトがオンになる(Mac OS ではこのような場合、基本的に「OKボタン」などを押さない仕様になっている)。
  4. 最後に、ウェブブラウザのアドレス欄に「http://127.0.0.1/cgi-bin/スクリプト名」と打ち込む。うまく表示されたら成功。(2011年6月14日追記:CGI スクリプトを置くディレクトリは『CGI-Executables』だがアクセス時の URL は『cgi-bin』でなければならないので注意)

以上。

PHP

デフォルトではウェブサーバソフトの PHP モジュールが読み込まれない設定になっているため、まず PHP を有効にするための設定を行う。以下の作業は管理者権限のあるユーザーで行う。

  1. 「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダから「ターミナル.app」を起動する。
  2. 「cd /etc/apache2/」と打ち込んで return (enter) キーを押す。
  3. 「sudo nano httpd.conf」と打ち込んで return (enter) キーを押す。パスワードを求められるので打ち込んで return。
  4. ターミナル内部に nano というテキストエディターが表示される。そこで↓キーを連打してスクロールさせてゆくと「#LoadModule php5_module    libexec/apache2/libphp5.so」という行が見つかるので、行頭の「#」を削除する。
  5. 「Control + O」と打つと保存モードとなるので、return キーを押して保存する。
  6. 「Control + X」と打って nano を終了させる。
  7. 以上でウェブサーバーにおいて PHP が有効になる。
  8. 上記の Perl CGI で述べた方法で「Web 共有」を有効にする。
  9. 「/ライブラリ/WebServer/Documents」フォルダーに PHP スクリプトをコピーする。(Documentsフォルダー以下のサブフォルダー内でも可)
  10. 最後に、ウェブブラウザのアドレス欄に「http://127.0.0.1/スクリプト名」と打ち込む。うまく表示されたら成功。(サブフォルダー内の場合は「http://127.0.0.1/サブフォルダー名/スクリプト名」)

以上。


(2011年6月14日追記)
※注意:Web 共有はあくまでファイル共有の手段として実装されていると思われ、これを利用して Web サーバーを運用するのはセキュリティ上、問題が多いのではないかと推測される。上記の確認作業が終わったら、速やかに Web 共有をオフにするほうがよいだろう。

« Live CDからインストールしたopenSUSE 11.4の日本語環境 | トップページ | CLIP PAINT Labを試す »