« Mac版OpenOffice/LibreOfficeについて | トップページ | MacBook Pro (Mid 2010) 13inchにFedora 14をインストール »

2011年3月 7日 (月)

MacBook Pro購入、クワッドブート

サブマシンとして MacBook Pro Mid 2010 13 inch を購入し、Mac mini Early 2009 と置き換えた。サブマシンには Windows と Fedora と Ubuntu と Mac OS X をインストールしてクワッドブートすることにしているので、今回も MacBook Pro にそれらのインストールを試みる。

(3月21日追記:以下の記述はあくまでクワッドブートを前提としているので、MacBook Pro に Windows 7 だけをインストールしたいという方は参考にしてはならない。Windows 7 をインストールするだけなら「Boot Camp アシスタント」を使用することでいとも簡単にインストールすることが可能である。MacBook Pro (Mid 2010) の Boot Camp は正式にWindow 7 64bit 版に対応している)

商品到着後、初期不良確認を済ませるや否や、すぐさまターゲットディスクモードにしてメインの iMac にFirewire 800で接続、ディスクユーティリティを起動し、MacBook Pro の Mac OS X を保存するために HDD の内容を dmg イメージ化して iMac に保存する。

次に、iMac に Ubuntu 10.10 の Live CD を入れて Ubuntu で起動。Ubuntu の パーティショニングソフト Gparted で MacBook Pro の HDD を切り分ける。

かつて、Mac mini でクワッドブートを構成した時、ウェブ情報をあたってみると、y2blog さんが詳しい記事を掲載されており、それによると「Windows は四つ目のパーティションにインストールしなければならない」とのことだった。そこで

sda2 …… 10GB EXT4
sda3 …… 10GB EXT4
sda4 …… 150GB NTFS
sda5 …… 5GB linux-swap
sda6 …… 75GB FAT (Mac OS X 用)

のようにパーティション分けした(sda1 は EFI のまま変更せず)。

なお、なぜ Mac OS X の ディスクユーティリティを使わずに Gparted を使うのかと言えば、ディスクユーティリティでパーティション分けをするとパーティションの間に未使用領域ができてしまうことが多いからである。たかだか数百MBの未使用領域にすぎないが、何となくいやなのである(苦笑)。

次に、iMac を Mac OS X で起動し、ディスクユーティリティで MacBook Pro の 六番目のパーティションを HFS+ journaling でフォーマットしてそこへ上記の dmg を復元する。

復元後、 Firewire ケーブルを抜き、 MacBook Pro を Mac OS X で起動、復元が成功したことを確認する。 MacBook Pro に Windows Vista のインストールディスクを入れて再起動、option キーを押して ディスクから起動する。

ところが、Vista のインストールがどうもうまくいかない。途中で再起動するところで、BOOTMGR がないと言われて止まってしまうのである。Windows 7 のインストールディスクに変更して試みたものの、それでも止まってしまった。

そこでもう一度、 y2blog さんの記事を Google で探して参照してみたところ、ただ四つ目のパーティションを Windows 用にすればよいのではなく、二番目と三番目は HFS+ でなければならないことがわかった。Mac mini をクワッドブート化した時には留意していたのに、今回は久々だったので、その事実をどうやら失念していたようだ。

すぐに sda2 と sda3 をHFS+ に再フォーマットする。Ubuntu Live CD の Gparted では HFS+ にフォーマットすることはできないので、仕方なく、前のサブマシンの Mac mini (Ubuntu がインストールされている) にターゲットディスクモードでFirewire 接続して、Mac mini の Ubuntu に Gparted と hfsprogs (HFS+ を扱えるようにするパッケージ) を apt-get install し、それらを用いて MacBook Pro のパーティションを

sda2 …… 10GB HFS+ (フォーマット)
sda3 …… 10GB HFS+ (フォーマット)
sda4 …… 150GB NTFS (変更せず)
sda5 …… 5GB linux-swap (変更せず)
sda6 …… 75GB HFS+ (変更せず)

とした。

しかし、その上で Vista のインストールに再チャレンジしたものの、今度は Vista のインストーラーが ディスクをうまく認識してくれず、sda4 をフォーマットしても「インストールできる領域がない」という意味のメッセージが出て前に進まない。そのため、また Windows 7 64bit 版のほうでチャレンジしてみたところ、今度こそようやくインストールに成功した。

その後、sda2 に Fedora 14 を、sda3 に Ubuntu 10.10 をインストールし、無事終了。クワッドブート化に成功した。 MacBook Pro Mid 2010 13 inch における Fedora 14 と Ubuntu 10.10 のインストールについては別記事で述べることにする。

なお、MacBook Pro Mid 2010 13 inch における Windows 7 SP1 64bit 版の動作状況についてだが、起動時に音声がミュートされてしまうという問題が起こっており、今のところ解決方法は見つかっていないものの、それ以外に関しては全く問題ない(2011年3月27日追記:音がミュートされる問題は解決した。→MacBook Pro+Win7で音がミュートされる問題を解決)。2D ネットワークゲーム (MMORPG) の REDSTONE も、64bit 環境でもちゃんと動作している。エクスペリエンス インデックスのスコアは (Bootcamp ドライバー 3.2をすべてインストールした上で) 5.3 となっている。

(追記)
Fedora 14 と Ubuntu 10.10 は、これまでと同様、rEFIt ではなく、Windows 7 の bootmgr でブートしている。
Boot

« Mac版OpenOffice/LibreOfficeについて | トップページ | MacBook Pro (Mid 2010) 13inchにFedora 14をインストール »