« Mac mini Early 2009+Fedora 12でサウンドを鳴らす | トップページ | Fedora 13で自動ログインする方法 »

2010年5月26日 (水)

Mac mini Early 2009+Fedora 13で無線LAN接続

Fedora 12 および 13 には Mac mini Early 2009 に搭載されている無線LAN チップに対応するドライバーが同梱されていないらしい。

調べたところ、Mac mini Early 2009 + Fedora 12 および 13 で無線LAN接続を有効にするには、yum を通じて rpm fusion の nonfree リポジトリから kmod-wl というパッケージをインストールすればよいということがわかった(yum および rpm fusion についての説明は省略する)。

« Mac mini Early 2009+Fedora 12でサウンドを鳴らす | トップページ | Fedora 13で自動ログインする方法 »