« Mac版Operaで斜字体が復活 | トップページ | Mac mini Early 2009+Ubuntu 10.04でサウンドを鳴らす »

2010年4月30日 (金)

Ubuntu 10.04のSambaではMacのメタデータつきファイルが書き込めない

Ubuntu 10.04マシンでSambaサーバーを起動し、Mac OS X Snow Leopard上のファイルをSmabaクライアントを通してUbuntu側へ移そうとしたところ、なぜか一部のファイルが書き込めなかった。

いろいろ調べたところ、メタデータがついているファイル(つまりMac側で「ls -l@」コマンドで表示した時に「@」がついているファイル)だけが書き込みに失敗していることがわかった。

Ubutnu 9.10まではこのようなことはなかったので、10.04でSambaに何らかの仕様の変更があったのかもしれない。/etc/samba/smb.confをいじれば直る程度のものなのかどうか、今のところ不明。

とりあえずMacからUbuntu 10.04マシンにSambaでファイルを移す時は、MacのFinderであらかじめzipに圧縮しておくのが一番簡単だと思う。

(10年5月30日追記)
よくよく調べてみると、Fedora 13でも同じような現象が起きることがわかった。どうも、Linuxの側ではなく、Mac OS X 10.6.3のsambaクライアントの側に問題があるような気がしてきた。

(10年6月16日追記)
Mac OS Xを10.6.4にアップグレードしたら直った。やはり、Linuxの側ではなく、Mac OSのSambaクライアントの問題だったようだ。

« Mac版Operaで斜字体が復活 | トップページ | Mac mini Early 2009+Ubuntu 10.04でサウンドを鳴らす »