« Snow LeopardにおけるPainter Essentials 4の動作 | トップページ | Snow Leopardの「サービス」は便利 »

2009年8月29日 (土)

Snow LeopardにおけるOpenOffice.orgの動作

日本語文字列を打ち込んだ後、変換確定前の状態の時にカーソルが表示されないという、PPC版でしか見られなかったバグが、Snow LeopardをインストールしたIntel Macにおいても起きるようになった。但し、PPC版はカーソルが全く表示されないのに対し、こちらの場合はなぜか一文字おきには表示される。最新の開発版も試してみたが、やはり同じ問題が起きる。

すべてのIntel Mac上で起きるのかどうかは不明。早急な改善を望む。

« Snow LeopardにおけるPainter Essentials 4の動作 | トップページ | Snow Leopardの「サービス」は便利 »