« Snow LeopardではiText Expressのルーラーが正常に | トップページ | Snow Leopardの.pkgのインストール先を調べる »

2009年8月29日 (土)

Snow LeopardのFinderウィンドウの位置とサイズを個別記憶

一般的に、Windows、Mac OS 9 以前、Mac OS X のいずれにおいても、アプリケーションのウィンドウは最後に閉じた時の位置とサイズが記憶される。だが、一部例外があり、OS X に付属している「QuickTime Player」および「プレビュー」は位置とサイズを全く記憶しない仕様になっている。更に、ファイルマネージャーソフトに関しては、Windows (XP以前) の エクスプローラー、Mac OS の Finder とも、開いたフォルダーごとに位置とサイズが記憶されというやや特殊な仕様になっている(もしもウェブブラウザが、開くウェブサイトごとにウィンドウの位置やサイズが異なる仕様だとしたら、非常に奇妙に感じるだろう。ところが、ファイルマネージャーではそれがほぼ当たり前なのである)。


Mac OS X の Finder において、あるフォルダーを新規ウィンドウで開く場合(すなわち、デスクトップ上のエイリアスや Dock のスタックから開く場合、あるいはデスクトップ上に置かれているフォルダーを開く場合など)、原則として、そのフォルダーウィンドウが一番最後に表示された時の位置とサイズで表示される。

Mac OS X 10.5 Leopard 以前の Finder はあるフォルダーのウィンドウを開いた後、上層や下層にフォルダをたどることなく最初に開いたウィンドウで位置やサイズを変更した時にだけ、そのフォルダーの位置とサイズが個別に記憶されるという仕様だった(詳細)が、Ma OS X 10.6 Snow Leopard ではカラム表示の Finder ウィンドウのみが上記の仕様となっており、アイコン表示やリスト表示の場合は Windows の Explorer と同様、上層や下層にたどっていった後にサイズを変更しても記憶されるようだ。

その結果、アイコン表示やリスト表示のフォルダーを新規ウィンドウで開き、その中でフォルダーアイコンをダブルクリックして他のフォルダーに移動したような場合、Leopard 以前とは違い、移動した瞬間にその時の位置とサイズが記憶されてしまうので、注意しなければならない。それを回避したければ、Finder ウィンドウの右上にあるボタンをクリックしてツールバーを非表示にするか、Finder の環境設定で「フォルダーを常に新規ウィンドウで開く」をチェックしておく必要がある。

« Snow LeopardではiText Expressのルーラーが正常に | トップページ | Snow Leopardの.pkgのインストール先を調べる »