« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月29日 (土)

Snow LeopardのFinderウィンドウの位置とサイズを個別記憶

一般的に、Windows、Mac OS 9 以前、Mac OS X のいずれにおいても、アプリケーションのウィンドウは最後に閉じた時の位置とサイズが記憶される。だが、一部例外があり、OS X に付属している「QuickTime Player」および「プレビュー」は位置とサイズを全く記憶しない仕様になっている。更に、ファイルマネージャーソフトに関しては、Windows (XP以前) の エクスプローラー、Mac OS の Finder とも、開いたフォルダーごとに位置とサイズが記憶されというやや特殊な仕様になっている(もしもウェブブラウザが、開くウェブサイトごとにウィンドウの位置やサイズが異なる仕様だとしたら、非常に奇妙に感じるだろう。ところが、ファイルマネージャーではそれがほぼ当たり前なのである)。


Mac OS X の Finder において、あるフォルダーを新規ウィンドウで開く場合(すなわち、デスクトップ上のエイリアスや Dock のスタックから開く場合、あるいはデスクトップ上に置かれているフォルダーを開く場合など)、原則として、そのフォルダーウィンドウが一番最後に表示された時の位置とサイズで表示される。

Mac OS X 10.5 Leopard 以前の Finder はあるフォルダーのウィンドウを開いた後、上層や下層にフォルダをたどることなく最初に開いたウィンドウで位置やサイズを変更した時にだけ、そのフォルダーの位置とサイズが個別に記憶されるという仕様だった(詳細)が、Ma OS X 10.6 Snow Leopard ではカラム表示の Finder ウィンドウのみが上記の仕様となっており、アイコン表示やリスト表示の場合は Windows の Explorer と同様、上層や下層にたどっていった後にサイズを変更しても記憶されるようだ。

その結果、アイコン表示やリスト表示のフォルダーを新規ウィンドウで開き、その中でフォルダーアイコンをダブルクリックして他のフォルダーに移動したような場合、Leopard 以前とは違い、移動した瞬間にその時の位置とサイズが記憶されてしまうので、注意しなければならない。それを回避したければ、Finder ウィンドウの右上にあるボタンをクリックしてツールバーを非表示にするか、Finder の環境設定で「フォルダーを常に新規ウィンドウで開く」をチェックしておく必要がある。

Snow LeopardではiText Expressのルーラーが正常に

縦書きも可能なリッチ/プレーン両用テキストエディターiText ExpressをLeopard上で使用した場合、リッチテキストモードで縦書きにするとルーラーの表示が乱れていたが、Snow Leopard上ではTiger以前と同様、正しく表示されるようになった。

まぁ、実際問題として、このソフトをリッチテキスト縦書きモードでは使用しない私にとっては、実用上は何の変化もないが(苦笑)、愛用しているソフトなので、何となく嬉しい。

Snow Leopardの「サービス」は便利

Snow Leopardではアプリケーションメニューから呼び出せる「サービス」が強化された。1.現在使用中のアプリと関係ない項目は一切、表示されなくなった。2.コンテキストメニューにも表示されるようになった(これも関連項目だけなので、コンテキストメニューがだらだら長くなるなどということはない)。3.システム環境設定で不要なサービスを非表示にできるようになった(「キーボード設定」で行える)。4.コンテキストメニュープラグインは廃止された?

私はこれまで、Finder上で選択した画像ファイルを縮小したもの、水平反転したもの、右回転したもの、左回転したもの、および元ファイルの計五つをいっぺんにプレビューで開くというAutomatorコンテキストメニューワークフローを作成して使用していたが、コンテキストメニュープラグイン廃止?にともない、「サービスワークフロー」に移植することにした。Snow LeopardではAutomatorワークフローの実行速度も格段に上がっているので、動作は非常に快適である。

ただ、コンテキストメニュープラグインを廃止?により、私が愛用してきたAmプラグインが使えなくなった。作者の方は「サービス」に移植されるのだろうか?移植していただけたら嬉しい。まぁXcodeで作る本格的なものではなく、Automatorのワークフローなら自分で作れなくもない気はするが。

(09年8月30日追記:コンテキストメニューに表示されたサービスワークフローの例。この画像の一番下に表示されている「画像縮小反転回転」というのが私の作ったワークフローである。Finder上でイメージファイルを選択した時だけ表示される)
Service_context

Snow LeopardにおけるOpenOffice.orgの動作

日本語文字列を打ち込んだ後、変換確定前の状態の時にカーソルが表示されないという、PPC版でしか見られなかったバグが、Snow LeopardをインストールしたIntel Macにおいても起きるようになった。但し、PPC版はカーソルが全く表示されないのに対し、こちらの場合はなぜか一文字おきには表示される。最新の開発版も試してみたが、やはり同じ問題が起きる。

すべてのIntel Mac上で起きるのかどうかは不明。早急な改善を望む。

Snow LeopardにおけるPainter Essentials 4の動作

ブラシ選択が不可能。よって、現状でこのソフトは事実上「Snow Leopardとは互換性がない」と言える。

但し、Rosettaで起動するようにすれば一度だけは選択ができる。私のように、「極細ペン」で絵の下描き、ペン入れをするという目的でしかこのソフトを使わない人間にとっては、実用上差し支えはないことになる(苦笑)。

Corel社がアップデーターを出してくれればありがたいが、発売してから数年経っているソフトなので、望みは薄い。

(09年9月10日追記)
今日、コーレル社の日本語サイトにSnow Leopardへの対応状況が掲載され、それによるとPainter Essentials 4は後日、アップデーターで対応予定とのこと。非常にありがたい。と同時に「望みは薄い」などと書いてしまったことを申し訳なく思う。

(09年9月23日追記)
実は、上記の日本語サイトの文章は正確には「アップデーターでの対応を検討中」となっており、対応することを明言しているわけではなかったのだが(苦笑)、今日、北米版のサイトのKnowledge Databaseに「アップデーターを製作中」と明記した文章が掲載された。アップデートされるのは間違いない模様。率直に嬉しい。

(09年10月26日追記)
Snow Leopard対応アップデーターの配布が開始された(09年11月4日追記:但し、タブレットバンドル版専用のアップデーターである。下記参照)。

(09年10月31日追記)
昨日Corel日本語サイトに掲載された情報によると、上記のアップデーターはタブレットなどにバンドルされているPainter Essentials 4専用のアップデーターであり、パッケージ版ダウンロード版などの単体販売版のためのアップデーターは別に存在するとのこと(現時点では単体販売版用アップデーターへのリンク先は白紙のページとなっており、ダウンロードができない)

(09年11月4日追記)
二日前にCorel社に問い合わせたところ、今日メールが来て、Corel社サイトのシステムの不具合のためダウンロードできない、来週には復旧させたいとの返信があった。
(09年11月4日追記その2)
その後すぐにダウンロード可能となった(日本語パッケージ版のSnow Leopard対応アップデーターのダウロードページはこちら)。アップデーターを適用したところ、Snow Leopard上でも問題なく動作するようになった。但し、ダウンロードページにも書いてある通り、設定の初期化(Shiftを押しながら起動)をする必要があった。
(09年11月4日追記その3)
と思ったら、直っていなかった(笑)。アップデーターを適用しても、ブラシ選択ウィンドウが消滅するバグは依然として存在する。

(09年11月5日追記)
その2へ続く。

Snow Leopardにおけるファイルの関連付けの仕組み(速報)

Leopard以前とは違い、どうやらクリエータタイプよりも拡張子を優先するように変更されている模様。

続きを読む "Snow Leopardにおけるファイルの関連付けの仕組み(速報)" »

2009年8月 8日 (土)

Vista、Win7でPhotoshop Elements 2

Windows VistaとWindows 7 RC上でPhotoshop Elements 2が一応、動作することを確認した。但し、テキストツール使用時、日本語のインライン入力ができないという問題と、上部のツールオプションバーにおいてMSゴシックなどの日本語フォントの名が文字化けして表示される(入力自体は正常に行える)という二つの問題がある。それと、起動速度もやや遅い。現時点ではその三点を確認済みだが、全機能を確認すればその他にも問題は出てくるかもしれない。

なお、ウェブ情報によると、Photoshop Elements 2のインストーラーが正常に機能しない場合もあるらしいが、私の環境では全く問題はなかった。

ちなみにPhotoshop Elements 3は、インストールの時点で「Windows Media Player 9のランタイムがインストールできない」といった意味のダイアログが表示される。インストール自体は行えるが、矩形選択時、マウスポインターの位置がずれて表示されるため、実用に堪える状態ではない。

2009年8月 1日 (土)

インターネット一時ファイル内に不可視の巨大ファイルが!

私のWindowsマシン(Mac mini Mid 2007、Vista SP2)はディスクの余裕があまりないので、ちょくちょくハードディスクの残り容量を確認することにしている。ところが今朝、それを行ったところ、残り容量が昨日と比べて5GBも少なくなっていることに気づいた。

私は「あふ」というテキストベースのファイルマネージャーを愛用しており、このソフトなら不可視ファイルやシステムファイルも操作できるので、これを用いてハードディスクの最上位からフォルダのサイズを調べていった。すると、ユーザーフォルダ内のインターネット一時ファイルフォルダー(ユーザーフォルダ¥AppData¥Microsoft¥Windows¥Temporary Internet Files)が5GB以上のサイズになっていることが判明した。

おそらくこれが原因なのだろうと考え、「インターネットオプション(※1)」からインターネット一時ファイルの全削除を試みた。だが、なぜかサイズが減らない。あふで「Temporary Internet Files」のサイズを計算すると確かに5GBなのに、それを開いて中のフォルダやファイルのサイズを調べてみてもそんな巨大なファイルやフォルダは見当たらないのだった。

(※1)……「コントロールパネル→ネットワークとインターネット→インターネットオプション」とクリックしてゆくと呼び出せる。但しウィンドウの名前は「インターネットのプロパティ」である。

どうしてよいかわからず途方に暮れたが、ふと「インターネット一時ファイルの履歴と設定(※2)」内に「インターネット一時ファイルフォルダ」を他の場所へ移す機能があることに目を止め、これを使えば何とかならないかと思い立ち、実行に移した。

(※2)……上記「インターネットオプション」の「閲覧の履歴」セクションに付いている「設定」ボタンを押すと呼び出せる。

まずその機能を利用してユーザーフォルダ直下に「インターネット一時ファイルフォルダ」を移し、次にあふを使って「ユーザーフォルダ¥AppData¥Microsoft¥Windows¥Temporary Internet Files」を削除する。削除には時間がかかり、しかもなぜかユーザーフォルダ内が全削除されているかのように表示される(苦笑)ため、少し(かなり)あせったが、一か八か、続けてみたところ、ちゃんとTemporary Internet Filesフォルダは削除され、ユーザーフォルダ内も無事だった。

ほっと胸を撫で下ろしたところで、ハードディスクの使用状況を確認(スタートボタン→コンピュータ)してみると、空きスペースが5GB、増えていた。更に、「インターネット一時ファイルの履歴と設定」内の「フォルダーの移動」ボタンを押して元の場所「ユーザーフォルダ¥AppData¥Microsoft¥Windows¥」にインターネット一時ファイル」フォルダを移してみると、うまい具合に元通りにすることができた。

5GBものサイズの実体のないファイルがハードディスクを占有してしまうというこの奇妙な現象がなぜ起こったのか、理由は定かではない。ただ、昨日シマンテック社のオンラインウィルススキャンを行った際、途中でキャンセルしてしまったので、それが原因だったのかもしれない。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »