« Finderキーボードショートカット | トップページ | LeopardのSpotlightによる日本語テキストの内容検索 »

2009年3月13日 (金)

yabootで他のディストリビューションを起動

Ubuntu 8.10 PPCのyabootでopenSuSE 11.1 PPCの起動するためのyaboot.confの覚え書き。赤色部分が書き足した箇所。

boot=/dev/sda6
device=/ht@0,f2000000/pci@3/k2-sata-root@c/k2-sata@0/disk@0:
partition=4
root=/dev/sda4
delay=10
timeout=30
install=/usr/lib/yaboot/yaboot
magicboot=/usr/lib/yaboot/ofboot
enablecdboot
macosx=/dev/sda3
defaultos=macosx

image=/boot/vmlinux
    label=Linux
    read-only
    initrd=/boot/initrd.img
    append="quiet splash"

image=/boot/vmlinux.old
    label=old
    read-only
    initrd=/boot/initrd.img.old
    append="quiet splash"

image=/boot/vmlinux
    label=su
    partition=7
    root=/dev/sda7
    initrd=/boot/initrd
    append="quiet sysrq=1 insmod=sym53c8xx insmod=ipr"    ※1

macos=/dev/sdb3    ※2

以上。
※1……appendの中身はopenSuSEのlilo.confから写した(openSuSE PPCはyabootではなくliloで起動するらしい)。Ubuntuは起動時「read-only」と指定しなければならないらしいが、openSuSEのほうでは不要。
※2……二つのMac OS Xがインストールされている場合、片方をmacosとすることで両方ともyabootから起動できるようだ。

« Finderキーボードショートカット | トップページ | LeopardのSpotlightによる日本語テキストの内容検索 »