« LeopardのSpotlightによる日本語テキストの内容検索 | トップページ | Mac mini (Mid 2007)へのFedora 11のインストールを試みる »

2009年3月18日 (水)

Leopardのテキストエディット.appの仕様メモ (改訂)

テキストエディット.appは、デフォルトではファイルを開く際に文字コードを自動で判別するようになってるが、Tiger以前のテキストエディット.appは、プレーンテキストファイル(.txt)を開こうとする際、文字コードがShift JISかBOM付きUTF-8でないと自動判別して「直接開く」ことができない(「直接開く」とは、ファイルアイコンのダブルクリックやアプリケーションアイコンへドラッグで開くことを意味する)。メニューバーの「ファイル」から「開く」ダイアログボックスを呼び出して文字コードを指定して開くのであれば問題なく開くことができる。(Tigerのテキストエディット.appはUTF-8で保存する際、BOMを付けないらしく、自分自身が作成したUTF-8のテキストが開けない)

だが、Leopardのテキストエディット.appではBOM無しUTF-8でもEUCでもJIS(ISO 2022-JP)でも「直接開く」ことができるようになった。但し、Leopard上でGUIアプリケーションで作成したファイルタイプ無しのプレーンテキストファイルに限られる。ファイルタイプのついているもの、Leopardのコマンドラインプログラム(vi、nanoなど)で作成したもの、TigerやWindowsやLinuxで作成したものはBOM付きUTF-8かShift JISでないと自動判別では開くことができない。

※ここでいうShift JISには「Mac OS」や「CP932」を含む。

(2011年7月21日追記)
上で述べたことは Snow Leopard 上でも全く同じである。一方、Lion の場合は少し異なっている。『Lionのテキストエディット.appの仕様』を参照のこと。

« LeopardのSpotlightによる日本語テキストの内容検索 | トップページ | Mac mini (Mid 2007)へのFedora 11のインストールを試みる »