« Mandriva 2009で日本語が打てない | トップページ | OOo Mac版のメニューがやっとMacらしくなった »

2009年1月22日 (木)

愛用中のWindowsソフト

※単独のアプリケーションだけでなく、常用している OS の機能なども取り上げている。

私は現在、OS X をメイン、Windows をサブとして使っているので、ここにはさほど多くのソフトを掲載していないことをお断りしておく。

(2013年06月25日更新)

ファイル管理および操作

あふw

フリーウェア。

テキストベースの二画面ファイル管理ソフト「あふ」の Unicode 対応版。筆者が最初に購入した PC/AT 互換機 (OS は Windows 98 SE) 上ではエクスプローラーがやたらに落ちてほとんど使い物にならなかったので(苦笑)、あふを導入した。その後も Windows XP、Windows Vista へと引き継がれ、Windows 7 からはこのあふwを使い始めた。

セキュリティ

Windows Defender

OS 標準装備。

Windows XP から 7 まではスパイウェア対策のみを行うソフトだったが、8 からはウィルス対策機能も実装された。おかげで OS 標準機能だけで一応のセキュリティーが保てるようになり、別途セキュリティーソフトを導入する必要はなくなった。私は現在、Windows コンピューターをメインとしては使っておらず、ウェブ閲覧もメールの送受信も行わないため、このソフトだけで十分。

ちなみに、Windows 7 以前は AGV AntiVirus を使用していた。Windows 98 SE から XP の時代は Windows マシンがメインだったので、さすがに Norton AntiVirus を導入していた。

ターミナルエミュレーター

コマンドプロンプト

OS 標準装備。ブートマネージャーを操作するのにちょくちょく使う。

バックアップ

Backup

オープンソースフリーウェア。日本製。Windows がメインだったころは一日一回このソフトを起動して重要ファイルのバックアップをとっていた。現在では重要ファイルを新規作成した時もしくは更新した時にのみ起動し、バックアップをとる。バックアップ先は、かつては外付け HDD だったが、現在は Mac 内の HDD に Samba を介して保存している。

クラウド同期

iCloud コントロールパネル

フリーウェア。Apple 社の クラウドプッシュサービス「iCloud」に Windows で接続するためのコンポーネント。

OS X のブックマークを Windows 8 と同期させるのに大いに活用してる。筆者の経験の範囲内では、非常に正確に同期が行えている。

オフィススイート

LibreOffice

オープンソースフリーウェア。

Microsoft Office と互換性のある本格的なオフィススイート。Microsoft Office を持っていないので一応、これをインストールしている。

プレーンテキストエディター

サクラエディタ Unicode版

オープンソースフリーウェア。日本製。長い間 TeraPad を使っていたが、これに乗り換えた。

メモなどのクラウド同期

Evernote Touch

Windows 8 の「ストア」で無料配布されているフルスクリーンソフト。筆者は基本的に Mac 版 や iPhone 版を常用しており、Windows 上で Evernote を実用することはほとんどないが、「ストア」を試用する意味を込めて当ソフトをインストールした。なお、Windows 7 時代は普通の Windows 版 Evernote をインストールしていた。

ウェブブラウザ

Internet Explorer 10

OS 標準装備。「お気に入り」は iCloud で同期。

あの「お気に入りリスト」がとても使い勝手がよく、現時点では、全ウェブブラウザの中で筆者がもっとも気に入っているブックマークリストである。

Firefox

オープンソースフリーウェア。ウェブブラウザに対する興味からインストールしている。

Opera

フリーウェア。私は Windows をメインにしていた時代、Opera が標準ウェブブラウザだった。その名残で今でも Opera には愛着がある。

Safari

フリーウェア。Mac の標準ウェブブラウザを Windows に移植したもの。ウェブブラウザに対する興味からインストールしている。

FTP クライアント

FFFTP

オープンソースフリーウェア。日本の Windows 界における事実上の標準 FTP クライアント。長らく一個人が開発されていたが、2011年に開発終了を宣言された。その後、開発主体はコミュニティーへと移行した。

PDF ビューワー

Reader

Windows 8 に標準装備されているフルスクリーンソフト。Windows 7 までは Adobe 純正の Adobe reader が必須だったが、今はこれで十分。

動画再生

Windows Media Player

OS 標準装備。ウェブからダウンロードしたゲームのプロモーション画像などを視聴するのに使う。Vista Home Premium を導入してからは、テレビから録画した MPEG2 画像や DVD-Video を視聴することもある(Windows XP Home 時代は MPEG2 画像や DVD-Video を見るのに VLC を使用していた。XP には同梱されていなかった MPEG2 コーデックが Vista からは同梱されているようだ)。更に Windows 7 からは mp4 や mov にも対応し、Quicktime Player Windows 版をインストールする必要もなくなった。

Windows 8 からは再び MPEG2 の再生ができなくなった。だが筆者は Windows 8 発売記念キャンペーンの一環により Media Center を無料でインストールできたため、それをインストールすることによって MPEG2 の再生が可能となった。

ペイント

openCanvas 1.1 b72

日本製ペイントソフト openCanvas がシェアウェア化される前の、最終フリー版。驚いたことに Windows 8上でも動作する(タブレットドライバーをインストールしておく必要があるが)。

ComicStudio 3.0 mini

ペンタブレット『Intuos 3』に添付。漫画製作用ソフト『Comic Studio』の簡易版。一枚だけこれで絵を描いたことがある。だが、後に判明したところでは、当ソフトで作成した「cpg ファイル」は他のソフトで開くことができない仕様になっているらしい。そのため、当ソフトに対応した OS がなくなれば、その cpg ファイルは永久に開けなくなってしまうという、ちょっと困った事態が起きている。

ゲーム

RED STONE online

無料の MMORPG。3D ではないため比較的低いスペックのコンピューターでも動くらしい。詳しい説明は省略。私は現在、家庭用、アーケード用、コンピューター用を問わず、ゲームからは「足を洗った」状態だが、このゲームだけはなぜかプレイしている。

その他

アダルトゲームの体験版をいくつかインストールしている。詳しい説明は省略(笑)。


« Mandriva 2009で日本語が打てない | トップページ | OOo Mac版のメニューがやっとMacらしくなった »