« Vistaの検索機能の仕様メモ | トップページ | Leopardのデスクトップにシンボリックリンク »

2009年1月29日 (木)

Natural Wireless Laser Mouse 6000をMacで使う




(2011年5月13日追記:ここに書かれている不具合はその後解消した。文末参照)




Mac mini (2011年5月13日追記:Mac mini Mid 2007) に接続しているMicrosoft Natural Wireless Laser Mouse 6000は、Windows Vista上で使う際は問題ないが、Mac OS X Leopard上ではホイールのスクロール速度が異常に速く、遅くなるように設定しても反映されないことがあった(されることもあった)。

Mac OS用ドライバーの品質が良くないのだろうと考え、長い間放置していたが、今日、Mac OS起動後に一旦マウスレシーバーのコードをUSBポートから抜いて再びさせば確実に設定が反映されることがわかった。

さらに調べてみたところ、どうやらWindows Vistaから「シャットダウン」ではなく「再起動」でMac OSを起動した場合にのみこの問題が生じ、それ以外の場合(一旦Vistaをシャットダウンした後改めてMac OSを起動する場合、もしくはMac OSから再起動してMac OSを起動する場合)はちゃんと設定が反映されていることが判明した。決してドライバーの質が悪かったわけではなく、一台のMacでWindowsとMac OSをデュアルブートするというやや特殊な環境でのみ起こる不具合にすぎなかったのである。

だが、この不具合の根本的な原因は不明である。

筆者はMac miniをWindowsマシンとして使っており(メインはPower Mac G5)、Mac miniでLeopardを起動することはあまりないので、実用上はさほど問題ない。Vistaから再起動でMac OSを起動した時にだけコードを抜き差しすることで対処することにする。

(1月30日追記)
Linuxから再起動してMac OS Xを起動した場合も設定がうまく反映されないことがわかった。
(2月14日追記)つまり、この問題にVistaは関係しておらず、おそらくはIntel MacのMBR互換モードから変更してMacを起動する際にハードウェア的にうまく認識できていないということなのではないか。

(2011年5月13日追記)
この不具合はその後、解消した。ハードウェアを Mac mini Early 2009 に換えたからなのか、ドライバーをアップデートしたからなのか、理由は失念したが、とにかく Mac mini Early 2009 と Natural Wireless Laser Mouse 6000 の組み合わせでは Mac でも Windows でも何も問題は起きなかった。現在は MacBook Pro Mid 2010 に接続し、ドライバーバージョン 8.0 をインストールして使っているが、Windows 7 上でも Mac OS X Snow Leopard 上でも不具合は全く起きていない。

« Vistaの検索機能の仕様メモ | トップページ | Leopardのデスクトップにシンボリックリンク »