« KDE for Mac 4.1 beta1を試す | トップページ | GTK+ on OSX正式リリース »

2008年9月15日 (月)

Bridge CS3が応答しなくなる件(解決編)

先日、Bridge CS3が応答しなくなる件で述べた問題の解決方法がわかったのでメモしておく。

Mac版Bridge CS3が応答しなくなるのは、どうやら「~/ライブラリ/Application Support/Opera/Widgets」フォルダが存在し、なおかつ、その中にサイズが0バイトの「widgets.dat」のみが存在する時にだけ起こることが判明した。このような状態になるのは、Operaブラウザのほうで「ウィジット」機能を全く使用していない場合である。

この結果、Operaブラウザ(現バージョンは9.52)のほうでウィジットを何か一つダウロードしておけば、Bridge CS3の「Bridge Home」や「会議を開始」は正常に表示され、応答しなくなる問題も回避できることができる。ウィジットは一度インストールした後、Operaブラウザ内で「削除」してしまってもかまわない。

あるいはもっと簡単に、「~/ライブラリ/Application Support/Opera/Widgets/widgets.dat」ファイルをテキストエディターで開き、何か一文字打ち込んで保存することでも解決できる。

« KDE for Mac 4.1 beta1を試す | トップページ | GTK+ on OSX正式リリース »