« Macのアプリケーションフォルダは一人4役 | トップページ | Bridge CS3が応答しなくなる件(解決編) »

2008年8月16日 (土)

KDE for Mac 4.1 beta1を試す

2ヶ月以上も前にリリースされていたのにネットワーク的事情からなかなかダウンロードできなかったKDE for Mac 4.1 beta 1を、今日ようやくダウンロードし終えたので、インストールしてみた。インストール先はPower Mac G5 1.8GHz(メモリ1.25GB)に接続したFirewire 400外付けHDD(5400rpm)にインストールしてあるMac OS X 10.4.11上である。

全体的な印象は4.0とあまり変わっていない。一部のアプリケーションが正常起動しない、一部のアプリケーションアイコンやツールバーアイコンが表示されないのも相変わらず。Kritaが起動できないのは少し痛い。だが、KateやKwriteでの日本語入力は問題なし。

なお、今回もクリーンアンインストールができるようすべてのインストーラーパッケージのArchive.bomをlsbomコマンドで調べるという手間をかけた(「lsbom *.pkg/Contents/Archive.bom >> output.txt」)。その結果、ほとんどは「/opt」フォルダ以下にインストールおり、「/private/etc/kde4rc」と「/ライブラリ/LaunchAgents/org.freedesktop.dbus-session.plist」の二つのファイルだけが例外であることがわかった。また、前のバージョンと同じく「/private/var/tmp」にも「kdecaches-ユーザー名」という名のフォルダを生成している。よって、クリーンアンインストールのためには

「/opt」フォルダ
「/private/etc/kde4rc」ファイル
「/ライブラリ/LaunchAgents/org.freedesktop.dbus-session.plist」ファイル
「~/.kde」フォルダ
「~/ライブラリ/Preferences/KDE」フォルダ
「/private/var/tmp/kdecache-ユーザー名」フォルダ

を削除すればいよいということになる。「/private/tmp」フォルダ内にもいくつかフォルダを生成するが、OSを再起動すれば自動的に削除されるので、あえて削除する必要はないと思われる。

但し、Macportsと/optフォルダを共有しているような場合は/optフォルダ全体を削除してはならない。

« Macのアプリケーションフォルダは一人4役 | トップページ | Bridge CS3が応答しなくなる件(解決編) »