« ディスクのバックアップと復元を試みる | トップページ | KDE 4.0 for Macを試す »

2008年5月18日 (日)

Kubuntu 8.04のOpenofficeで日本語が打てない

最近、Mac miniのMac OS X Leopard上にVirtual Boxをインストールし、Linuxディストリビューションをいくつもインストールして遊んでいる。今日はKubuntu 8.04 desktopをインストールしてみたが、なぜかOpenoffice.org上ではSCIMが起動できないという、Mandriva 2008 Springと同じ不具合が発生した。

試行錯誤の末、Openoffice.orgを起動する前にコマンドラインからSCIMを起動しておけば「全角/半角キー」で日本語入力モードに入れることがわかった。ということは、とりあえずKDEを起動する時にSCIMを自動起動するようにしておけばなんとかなるだろう。調べたところ、KDE起動時に自動起動するプログラムは「~/.kde/Autostart/」ディレクトリ内にシンボリックリンクを貼ることになっているらしいので、コマンドラインで「ln -s /usr/bin/scim ~/.kde/Autostart/scim」と打ってリンクを貼っておいた。

« ディスクのバックアップと復元を試みる | トップページ | KDE 4.0 for Macを試す »