« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月20日 (火)

KDE 4.0 for Macを試す

KDE 4.0 for Macを、Firewire外付けHDDにインストールしてあるMac OS 10.4.11上にインストールしてみた。動作速度という点ではあまり快適ではないし、クラッシュするプログラムもなくはなかったが、意外と整ったレベルにまで完成している。日本語も、ことえりでちゃんと打てる。ペイントソフトKrita上ではIntuos 3の筆圧も有効である。QtがCocoaに移植されているおかげなのだろう。

Kde40mac1Kde40mac2

Kde40mac3Kde40mac4Kde40mac5

KDE for MacのサイトによるとKDE 4.1.0からMac版を正規リリース版としてリリースするとのこと。どのように仕上がるか興味深い。

なお、アンインストールについてだが、KDE for Macのサイトには何も書かれていないように見受けられる。そこで、KDEインストーラー「kde.mpkg」によってインストールされる数十の.pkgパッケージの中のArchive.bomをすべてlsbomコマンドで調べるという手間をかけたところ、ほとんどすべてのファイルは「/opt」以下にインストールされ、ただ一つ「/private/etc/kde4rc」のみが例外ということがわかった。KDE起動の後、ホームフォルダに生成される設定ファイルも、「~/.kde」と「~/ライブラリ/Preferences/KDE」の二つだけのようだ。ということは、KDE 4.0 for Macをアンインストールをするには、「/opt」フォルダと「/private/etc/kde4rc」ファイルと「~/.kde」フォルダと「~/ライブラリ/Preferences/KDE」、それと「/ライブラリ/Receipts」フォルダ内に置かれるpkgパッケージの残骸?を削除するだけで良いと思われる。但し、MacPortsがインストールされている場合、MacPortsはKDEと「/opt」フォルダを共有しているはずなので、その中のファイルをすべて削除するのではなく、MacPortsが使用するファイルは残す必要があろう。

(2008年5月21日追記)
KDE起動後、上記の他に「/private/tmp」ディレクトリ内と「/private/var/tmp」ディレクトリ内にもkdeの名を冠するファイル/ディレクトリを生成している模様。KDE 4.0 for Macをアンインストールする時はそれらも削除する必要があろう。

2008年5月18日 (日)

Kubuntu 8.04のOpenofficeで日本語が打てない

最近、Mac miniのMac OS X Leopard上にVirtual Boxをインストールし、Linuxディストリビューションをいくつもインストールして遊んでいる。今日はKubuntu 8.04 desktopをインストールしてみたが、なぜかOpenoffice.org上ではSCIMが起動できないという、Mandriva 2008 Springと同じ不具合が発生した。

試行錯誤の末、Openoffice.orgを起動する前にコマンドラインからSCIMを起動しておけば「全角/半角キー」で日本語入力モードに入れることがわかった。ということは、とりあえずKDEを起動する時にSCIMを自動起動するようにしておけばなんとかなるだろう。調べたところ、KDE起動時に自動起動するプログラムは「~/.kde/Autostart/」ディレクトリ内にシンボリックリンクを貼ることになっているらしいので、コマンドラインで「ln -s /usr/bin/scim ~/.kde/Autostart/scim」と打ってリンクを貼っておいた。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »