« Mandriva Linux 2008 Spring設定 | トップページ | Kubuntu 8.04のOpenofficeで日本語が打てない »

2008年4月23日 (水)

ディスクのバックアップと復元を試みる

Power Mac G5につないでいるUSB2.0外付けハードディスクユニットは、今まで37GBと260GBの二つのパーティションに区切って260GBのほうをTime Machine用にしていたが、ちょうどASCII.jp - Mac/iPodに「バックアップを別のハードディスクに引き継げる?」という記事が掲載されていたので、これを機会に、Time Machineボリュームをバックアップして一つのパーティションに戻したうえで復元することを試みた。

手順の概略は、ディスクユーティリティー.appを起動して予備の内蔵HDDにTime Machineボリュームのバックアップイメージファイルを作成し、外付けハードディスクユニットを一つのパーティションにフォーマットした後、イメージファイルから復元する、というものだが、ディスクユーティリティー.appのヘルプファイルの記述に従って進めただけで全く何の問題もなく作業は完了した。但し、ボリュームのサイズが大きいため、イメージファイルの作成に約1時間15分、イメージのスキャンに約15分、復元に約1時間40分と、結構な時間を要した。

なお、イメージファイルの作成時、表示されるプログレッシブバーが6割程度進んだところで突然、イメージファイルの作成が終了した。最初は不正終了したのかと思ったが、ボリュームのスキャンも正常に行えたし、結果的にも正しく復元できたことを考えると、このプログレッシブバーは、あくまでもボリュームがファイルでいっぱいになっていると仮定した仕様なのだろう。だから容量の6割程度しか使用していなかったボリュームをイメージ化した今回のようなケースでは、6割程度進んだところで終了した、ということだと思う。

« Mandriva Linux 2008 Spring設定 | トップページ | Kubuntu 8.04のOpenofficeで日本語が打てない »