« RTFDファイルをWord形式に手動変換する (改訂版) | トップページ | Leopard上でPainter Essentials 4を起動させる方法 »

2007年11月10日 (土)

Painter Essentials 4はLeopard上でも使える

(2012年03月29日追記)注意:公式サイトで Painter Essentials 4 のアップデーターが配布されたので、もはや以下の記事内容を参考にする必要はなくなった。

(追記:旧タイトルは「Painter Essentials 4はLeopard未対応」だったが、対応させる方法を見つけたLeopard上でPainter Essentials 4を起動させる方法を参照)のでタイトルを変更させていただいた)

先ほどCorel Painter Essentials 4を購入し、Leopard上にインストールしてみたところ、起動ができないことが判明した。

あらかじめ英語試用版で試した限りでは、起動時にことえりが英数字モードになっていれば起動できたので、日本語製品版でも大丈夫だろうと思っていたのだが、よく考えてみると、試用版は起動時にことえりが日本語モードになっていると起動できないだけでなく、使用中、テキストツールに切り替えて日本語フォントを読み込もうとした時点でcrashしていたことからも、Leopardの日本語表示との相性が悪いことは明らかで、このような事態は推測可能だったのである。

まぁ、こうなってしまった以上、アップデーターがリリースされるのを待つしかない。

そもそもCorel Painter Essentials 4を購入したのは、ブラシツールに「ペン」モードが含まれていたからである。「ペン」モードは、Painter Classicには含まれていたのにEssentialsになってからずっと実装が省略されていたので、CGのオモ線描きの時にペンツールが必要な私としてはEssentialsへのペンツール実装を心待ちにしていたのである。なのに……。

これで、まだしばらくはオモ線描きの際にPainter Classicを使わざるを得ず、iMac CRTの現役引退も先送りとなってしまった(「iMac復活&OS 9初実用」を参照)。iMac CRTにはもうひと頑張りしてもらおう(笑)。

« RTFDファイルをWord形式に手動変換する (改訂版) | トップページ | Leopard上でPainter Essentials 4を起動させる方法 »