« LinuxをインストールしているHDD名が変わったら | トップページ | Leopard対応Gimp.app »

2007年11月22日 (木)

Leopard上でのNorton AntiVirus 10の動作

Power Mac G5にインストールしているが、現在のところ、Symantec Schedulerで設定した時刻が来てもLiveUpdate(4.0.4)が正常に起動しない。/Library/Logs/CrashReporterを見てみると、schedLaucherというプログラムがクラッシュしている(schedLaucherは/Library/Application Support/Norton Solutions Support/Scheduler/SymSedondaryLaunchの中に含まれるプログラム)。(11/30追記:もっとも、LiveUpdateを手動で起動すれば問題なく動作する。ウィルス定義ファイルの更新も問題ない。LiveUpdate以外のプログラムも全く正常に動作する。現状でも実用することは十分可能)。

Symantec社の英語サイトにはNorton AntiVirus 10はLeopardに対応していると書かれているだけで問題点は報告されていない一方、日本語サイトには対応していると書かれていないことから(→現在では英語サイトの「対応している」という記事が翻訳され、そのまま掲載されている)、先日のPainter Essentials 4と同じく日本語環境特有の問題ではないかと考え、システム環境設定で言語環境を英語に設定してみたところ、正常にLiveUpdateが起動した。フランス語、韓国語、繁体中国語に設定しても正常に起動する。やはり日本語環境特有の問題らしい。

先日のPainter Essentials 4のように日本語リソースファイルを読み込ませないようにしてみた(/アプリケーション/Symantec Solutions/内のアプリケーションや、/Library/Application Support/Norton Solutions Support/内のプログラムで日本語リソースをいじってみた)が、正常起動できなかった。Symantec社からアップデーターが配布されるか、Leopardのほうが修正されて問題点が解消されるか、どちらかを待つしかなさそうだまではLiveUpdateを手動で起動して使うことになるだろう。

(11月23日追記)
日本語サイトからメールで問い合わせたところ「Norton for MacはLeopardに非対応」という、サポートの記事と食い違う内容の答えが返ってきた。

(12月12日追記)
Symantec社からNorton AntiVirus for Macintosh Ver.11.0が発表された。現時点のLiveUpdateの最新版4.0.4に上記のバグがある以上、きっと新バージョンがNAV 11に同梱されるだろう。LiveUpdateはNAV本体とは別のプログラムなので、当然、NAV 10でも使えるはずであり、単体で配布もされるだろう。期待したい。

(12月15日追記)
いつの間にか、LeopardとNAV 10の互換性に関するサポート記事の内容が「互換性がある」から「一部互換性がある」に書き変わっている(苦笑)。おそらく、ウイルススキャンやAutoProtectに問題はないのだろう(あったとしたら、さすがに互換性が「ある」とは書けないだろう(笑))とは思うが、サポート記事の「互換性がある」という言葉を信じて早期にLeopardにアップグレードした者としては、Symantec社の不誠実さには少し気分を害した(私は企業や著作家や(政治、思想関係以外の)一般団体や(政治家、思想家以外の)一般個人は批判しない主義だが、今回だけは言わせていただいた)。ただ、上にも述べた通り、LiveUpdate本体とは別プログラムなので、NAV 11に同梱されているLiveUpdateがアップデートされて配布されればNAV 10でも使えるはず。その期待はまだ失われていない。

(08年6月15日追記)
アクティビティモニタ.appでCPU使用率を監視したところ、OpenOffice.org3.0 Beta(474MB)をインストールした直後からNortonAutoProtecというプロセスがかなりのCPU使用率を示し始め、数分間続いた。このことからしても、Leopard上でNAV10.1.2のAutoProtectは間違いなく起動しているようだ。

(08年10月1日追記)
Norton AntiVirus for Mac 11を購入し、10をアンインストールしたうえで11に入れ替えたが、その途端、コンピューターの動きが軽くなった気がする(苦笑)。やはり10ではLeopardへの適合度が低かったのかもしれない(苦笑)。

« LinuxをインストールしているHDD名が変わったら | トップページ | Leopard対応Gimp.app »