« Fedoraの「個人ファイルの共有」フォルダにMacで接続 | トップページ | テキストエディターのPerlカラーリングでの&jcode'convert »

2007年10月23日 (火)

miの仕様に関するメモ

  • クリエータータイプなしのファイルを新規作成することはできない。「モード設定ウィンドウ」(メニューバーの「mi」メニュー→「モード設定」で呼び出す)の「デフォルト」セクションで「クリエータ」を空白にした場合、新規作成書類はクリエータータイプが「????」になってしまう。
  • しかしながら、「モード設定ウィンドウ」の「システム」セクションにおいて「クリエータを自動的にmiにする」設定をはずしておけば、クリエータータイプなしのファイルを開いて編集した後もクリエータータイプなしの状態を維持することはできる。
  • 「モード設定ウィンドウ」の「システム」セクションにおいて「リソースフォークを保存しない」設定しても、既存のリソースフォークを削除する(0にする)ことはできない。この場合、ディスク容量を数百バイト浪費することになる。
  • 「モード設定ウィンドウ」の「デフォルト」セクションで「行送り」を「行送りなし」以外に設定していても、新たに開くファイルに、ウィンドウ幅以上の長さを持つ行が6行(?)以上ない場合は、なぜか折り返してくれない。バグであろうと思われる。(11月23日追記:バージョン2.1.8a7ではこのバグは修正されているようだ)

« Fedoraの「個人ファイルの共有」フォルダにMacで接続 | トップページ | テキストエディターのPerlカラーリングでの&jcode'convert »