« Fedora Core6およびDebian Sargeへのnvidiaドライバーインストール | トップページ | RTFDファイルをWord形式に手動変換する »

2007年1月16日 (火)

Mac OS XのX11からLinuxマシンのGUIプログラムを使う

LinuxはFedora Core 6を使用。

Linux側の設定は、メニューバーの「システム」→「管理」→「ログイン画面」で「ログイン画面の設定」ウィンドウを表示し、「リモート」タブで「スタイル」を「リモート・ログインを無効にする」から「簡易型」に替える。

Macの側は、まずMac OS XのX11を起動し、ターミナルエミュレーターに「ssh -X LinuxマシンのIPアドレス -l ログイン名」と打ち込んでSSH接続する(-Xが大文字であることに注意)。次にLinuxマシン側にインストールしてあるGUIプログラムの起動コマンドを打ち込む。

以上。

意外と簡単。firefoxやGIMPも普通に起動できる。但し、日本語を打ち込むことは出来ない。MacのX11に対応した日本語入力プログラムをMacにインストールすれば打ち込めるようになるのかどうかは不明。

また、Debian 3.1 sarge でも試してみたが、今のところうまくいかず。

Linwininmac
左の画像はMac OS XのX11の中でLinuxマシンのgeditを起動したところ。

« Fedora Core6およびDebian Sargeへのnvidiaドライバーインストール | トップページ | RTFDファイルをWord形式に手動変換する »