« SUSE Linux 10.1ネットワークインストール | トップページ | iMac(Summer 2001)にDebianをインストール »

2006年7月18日 (火)

Mac OS X同士のプリンター共有

iMac(OS X 10.3)から、Power Mac G5(OS X 10.4)上のプリンターHP deskjet 3420で印刷する際の覚え書き。

まず、iMac側で「プリンタ設定ユーティリティ」(アプリケーションフォルダ内のユーティリティ内にある)を用いてプリンターを追加しようとすると、このプリンターはRendezvous(現Bonjour)共有プリンターとして表示される。だが、そのままRendevous共有プリンターとして設定しても、うまく印刷が出来ない。HPのサポートページには、「このプリンターはAirMac Extreme、Rendezvousなどネットワーク印刷には非対応」と書いてある。だが、LinuxからCUPSを用いて印刷することは出来たので、あきらめず他の方法を探してみる。

次に、プリンター追加の際、「AppleTalk」として設定してみたものの、このプリンターを見つけてくれず。プリンターが「ネットワーク印刷非対応」のせいか。その次は、「Windows プリント」(SMB経由と思われる)として設定しようとしたが、やはりこのプリンターを見つけてくれない。Windows XP マシンからならちゃんとSMB経由で見つかるし、印刷も出来ているのに。OS X 10.3に入っているSMBクライアントが印刷をサポートしていないということなのか?

最後に、「IPプリント」を試してみたところ、あっさりと成功した。「プリンターのアドレス」欄にはPower Mac G5のIPアドレスのみを記入(lpr://といったプロトコル名は不要)、キュー名にはPower Mac G5のプリンターキュー名「deskjet_3420」を記入、「プリンタの機種」は「一般設定」を選択した。

(7月21日追記)
今日、iMacにOS X 10.3をインストールし直したのでプリンター設定をやり直そうとしたところ、どういうわけか、今回は「プリンタ設定ユーティリティ」で「追加」を押しただけで、Power Mac G5上のdeskjet 3420がちゃんと自動的に表示された(苦笑)。18日に試みた時に表示されなかったのは、いったいなぜだろう?(苦笑)

(08年3月23日追記)
何のことはない、プリンターが接続されているほうのMacで『AppleTalkオン』にしておけば、ネットワーク上のMacの『プリント』ダイアログボックスにちゃんとネットワークプリンターが表示されることが判明した。一度登録すればAppleTalkをオフにしても共有プリンターを使い続けられるようだ。

« SUSE Linux 10.1ネットワークインストール | トップページ | iMac(Summer 2001)にDebianをインストール »