« LinuxからMacで印刷する | トップページ | NAVによってディスクイメージ作成に失敗する »

2006年2月 8日 (水)

WindowsからMacで印刷する

SMB、LPR、CUPS、JetDirectなどの方法があるらしい(参照:http://www.hayagui.com/m_win2macprint.html)が、MacヘルプにはSMB/CIFSを使う方法が載っているので、この方法を使ってみる。

Mac側の設定:システム環境設定>プリントとファックス>共有タブで共有するプリンタにチェック。次に、システム環境設定>共有でWindows共有にチェック。

Windows側の設定:Macに接続する(詳細は省略)。プリンターが表示されるので、右クリックして接続。するとインストールされ、コントロールパネルのプリンタとFAXに追加される。ドライバーは実際にMacに接続されているプリンターの機種に関わらずPostscriptプリンターのものを選ばなければならない(適当にApple Color LaserWriter 12/600Jを選ぶ)。

http://www.hayagui.com/m_win2macprint.htmlには「出力先が /dev/null になっているプリンターでは印刷できない」と書いてある。私のプリンター、HP deskjet 3420も出力先が /dev/null になっているが、なぜか印刷が可能。

但し、日本語のテキストを印刷しようとすると、Macの側でエラーが出る。SMB以外の印刷方法、LPR(Standerd TCP/IP Port MonitorとUNIX用印刷サービス)、CUPSも試してみたが同じ。確か、一年以上前にMac OS X 10.3上で試したときはできたはず。Mac OS X 10.4の問題なのか、さもなくばdeskjet 3420の最近のドライバーのせいなのか。

(09年1月13日追記)
Macに接続されているプリンターがBonjour対応プリンターなら、上記のようなことをしなくても、Windowsのほうに「Bonjour for Windows(現行バージョンは1.0.5)」をインストールするだけで簡単に設定できる。主要メーカー製のプリンターはたいていBonjourに対応している(と思う)。設定の具体的方法の説明は省略する。

« LinuxからMacで印刷する | トップページ | NAVによってディスクイメージ作成に失敗する »