« 2005年6月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

BeOS 5 PEがちゃんと動いた

昨日、BeOS 5 PEを使える状態でインストールすることに初めて成功した。

前のPCにインストールした時は、画面が著しく横へずれていたし、今のPCに一度インストールしたときは、グラフィックカードが対応していないため白黒で表示されていた。また、BeOS 5 PEに含まれるimage.beをCD-RWに焼いてインストールCDとし、HDDの空きパーティションにクリーンインストールすることも試みていたが、それもうまく行っていなかった。

今回、あるサイトの記述をよく読んでみると、image.beを焼くことによって出来るCDは「インストールCD」ではあるが「ブータブルCD」ではなく、起動には起動用フロッピーが要るらしいことがわかった。そこで、その記述に従ってフロッピーから起動し、途中でスペースバーを押すことでインストールメディアをCD-ROMと選択し、インストールしたところ、無事成功した。

次に、nVidia GeForce FX 5200に対応したグラフィックドライバーと、SiS 900に対応したネットワークドライバーをGoogleで探したところ、Bebitsというサイトで難なく見つかり、それらをいったんWindows用HDDパーティションに保存してBeOSでそのパーティションをマウントして取り出し、インストールした。ただその際、ダウンロードしたそれらドライバーのZipファイルをWindowsの側で解凍してBeOSに移したため、中のファイルはBeOSの側では実行ファイルと見なされず、インストールが出来なかった。そこで再度、ZipファイルのままWinパーティションに保存し、Beに移してから解凍したところ、うまくインストールできた。そして更に、以前にダウンドードしてあった日本語対応用パッケージもインストールした。

問題は、マウスをPS/2接続すると、動きが止まってしまい、キーボードのキーを押すまで動かなくなるという不具合があることだ。現時点ではマウスをUSB接続するしか方法がないようだ。それと、SiS 650用のサウンドドライバーが一般公開されていないのも残念だ。Bebitsには「Zetaの販売元にコンタクトを取ってみろ」と書いてるだけなのだ(苦笑)。

BeOSを使ってみて最も印象的だったことは、起動と停止がやたら速いことだ。暇があれば、サウンドを鳴らす方法を見つけ、アプリをインストールしたりしてもっと遊んでみたい。

Mac OS X 10.4でNFSサーバーを起動するには

Mac OS X 10.4でNFSサーバーを起動するには、ただ単に/etc/exportsファイルが存在すればいいらしい。至極簡単。ただ、システム環境設定>共有>ファイアウォールでファイアウォールが入になっていると、他のコンピュータがNFSアクセスできない。UDPポートの2049番を通すように設定してもうまくいかず、更にmountd用にTCP839とUDP836も開けてみたが、ダメだった。

2006年1月27日 (金)

Spotlightでの日本語ファイルの内容検索

改行コードが内容検索に影響を与えることはなさそう。

.htmlファイルはJapaneseText.mdimporterを導入していればどの文字コードでも内容検索可能。但しmetaタグで文字コードが指定されていれる必要あり(<html>や<head>など、meta以外のタグが全く書かれていなくてもOK)。シフトJISの場合、"Shift_JIS"と書く必要あり("x-sjis"では不可。AppleWorksで作成したファイルをHTML保存した場合、デフォルトではx-sjisになっているので注意)。指定がなければどの文字コードでも日本語の内容検索は全く不可。半角英数字ならmetaタグなしでも可だが、タグ自体を検索する(例えば<html>を探す)ことはmetaタグの有る無しに関わらず不可。

JapaneseText.mdimporter導入前に保存したeuc-jp、およびjisファイルは導入後も内容検索できない。ファイルを保存し直すか別の場所に移せば可能になる。どうやらこのインポーターは検索時に効果を現すのではなく、保存時に内容をunicodeで?データベースに保存するためのものらしい?

mi書類はShift_JISなら内容検索できる。またJapaneseText.mdimporter使用時、euc-jpでもjisでもUTF-8でも拡張子txtがついていれば内容検索可(拡張子なしだと不可)。

(08年6月1日追記)
Leopardでは上記に加え、.htmlファイルにおいて「<meta name="robots" content="noindex">」が指定してある場合も検索対象から外れてしまう模様。

2006年1月24日 (火)

ココログに移転

ココログに移転しました。

無料化されていたとは知りませんでした(笑)。さっそく登録してみたところ、ちゃんとエクスポート機能もあるとわかり、すぐに作成して移転しました。私は自分のサイトのバックアップをとれないのがとても嫌なので、エクスポート機能のない他のブログサービスは利用する気になれなかったのです。

« 2005年6月 | トップページ | 2006年2月 »