« Mac miniはドリームキャストサイズ | トップページ | Finderのウィンドウサイズが突然、記憶されなくなった »

2005年2月 5日 (土)

Mac用文字貼付けツールiSnip

私が三年前 Windows から Mac にスイッチしたときまず行ったことは、それまで Win で愛用していたフリーソフトと同等の機能を持つ Mac 用ソフトを探すことでした。ほとんどのソフトは見つけることが出来ましたが、あらかじめ登録したテキストを貼付けるツールだけは見つけることができませんでした。

登録したテキストをクリップボードに送るソフトはいくつか見つかりました。ですが、私の望んでいたのはあくまでも Win の ToClip のような、貼付けまで行ってくれるソフトだったのです。スイッチしてしばらく後に必要に迫られて導入した ATOK には、テキスト貼付け機能がついていました。しかし、OS X 版の ATOK は私の環境(iMac Summer 2001)では動作がやや重いため、2003年の末に OS X を 10.3 にアップグレードした際、ATOK はインストールしませんでした。ですから、この一年ほどの間はテキスト貼付けツールなしで我慢していたのです。

ところが先日、新しもの好きのダウンロードを眺めていたら、iSnip というソフトが紹介されていたので、インストールしてみたところ、まさに私の望むソフトでした。クリップボードの履歴を記憶する機能がついているところまで ToClip と同じです。キーボードショートカットで呼び出す機能はありませんが、まあ、Mac はもともとマウス操作が中心なので、差し支えはありません。早速、ログイン項目に登録して愛用しています。

(2005年2月10日追記)
その後、使い続けているうちに、このソフトは記憶するクリップボード履歴の件数を制限することが出来ず、無限に記憶してメモリを食いつぶしてしまうことが判明しました(苦笑)。定期的に履歴を手動削除するか、さもなくばクリップボード履歴記憶機能をオフにする(バージョン1.21からオフにすることができるようになりました)しかないようです。今後のバージョンアップで記憶件数を5から10件程度に制限して古いものを自動削除してくれる機能が追加されることを期待します。

(2005年2月11日追記)
とか言っているうちに、今日、バージョン1.3がリリースされ、履歴記憶件数を設定できる機能が追加されました(苦笑)。

(2009年9月3日追記)
この記事で紹介した iSnip はその後、配布サイトが閉鎖されました。現在は iSnip と同等以上の機能を持つ ClipMenu を使っています。


« Mac miniはドリームキャストサイズ | トップページ | Finderのウィンドウサイズが突然、記憶されなくなった »