« Debian 「sarge」 | トップページ | FirefoxのブックマークリストをIEのように »

2004年10月12日 (火)

Mac OS X 10.3でカラム表示のFinderウィンドウの大きさを記憶させる方法


Mac OS X 10.3 の Finder では、以下の操作を順に行うとちょっと厄介な現象が起こります。バグなのか仕様なのかはわかりません。



  1. ツールバーありモードのカラム表示の状態で、あるフォルダを開く。
    finder_bug_1.jpg

  2. 現在のフォルダ以外の項目を選択する。
    finder_bug_2.jpg

  3. 手動(マウスによるウィンドウ右下端のドラッグ&ドロップ)で、あるいは最適化ボタンを押して、ウィンドウの大きさを調整する。
    finder_bug_3.jpg

  4. 元のフォルダを再度、選択する。
    finder_bug_4.jpg

  5. ウィンドウを閉じる。

  6. もう一度同じフォルダを開くと、ウィンドウの大きさが記憶されておらず、調整する前の大きさのウィンドウが開く。
    finder_bug_1.jpg


この現象は、2.を行った場合にのみ起こります。フォルダを開き、そのままウィンドウの大きさを調整して閉じた場合は、ウィンドウの大きさは記憶されます。でも、普通はこんなことはしませんよね。フォルダを開いた以上、中のファイルに対して何らかの操作をするはずですから。


いずれにせよ、私のようにカラム表示を常用している者にとっては結構、重大なバグ/仕様です。調べたところ、以下のような解決方法を発見しました。


調整したあとのウィンドウの大きさを記憶させるには、ウィンドウ右上の楕円形ボタンを押して、一旦、ツールバーなしモードにし、ウィンドウを閉じてから再度、同じフォルダを開きます。この時、ウィンドウはツールバーなしモードで開いてしまいますから、また楕円形ボタンを押してツールバーを表示させます。ウィンドウを閉じて更にまた同じフォルダを開けば、ツールバーありのウィンドウが、調整後の大きさで開くはずです。

« Debian 「sarge」 | トップページ | FirefoxのブックマークリストをIEのように »