« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月27日 (火)

Gimp.app 2.0.3-2リリース

Mac OS X + X11 環境下で動くアプリケーションバンドル、Gimp.app 2.0.3-2 がリリースされました。Gimp.app 2.0.3-1 では、テキストツールでフォントを選択しようとすると落ちるバグがありましたが、このリリースでは修正されているようです。

(2004年9月19日追記)
その後、よく調べたら、フォント選択で落ちるバグはまだ残っていました(苦笑)。今のところ、フォント選択ダイアログボックスのスクロールバーをゆっくり動かすよう心がけるしか回避する方法はないような気がします。

2004年7月23日 (金)

Opera 7.5 Mac でウィンドウのゆれを抑える方法

Opera 7.5x for Mac では、ウィンドウの上部、広告の下にあるステータスバーに日本語の項目を表示させるとウィンドウが上下に揺れます。例えば、サイドバーのブックマーク項目のうち、日本語のブックマークにマウスポインターをあわせたりするとこのような揺れが起こります。

これを避けるには、ツールバーを表示するフォントを Osaka などの日本語フォントに設定するのが良いと思います。「Opera」メニューの「環境設定」から「Fonts」→「Interface toolbars」を選択して「Choose」ボタンを押し、Osaka フォントを選択します。

2004年7月21日 (水)

Gimp 2.0.3 for Win

特定のフォルダやドライブにアクセスしようとすると落ちるバグは、まだ改善されていませんねえ。2.0.2で一時的にアイコンが表示されなくなっていたバグは直っていますが…。とにかく、作成データを別ドライブに保存するようにしているウチの Windows マシンでは、別ドライブにアクセスしようとすると落ちる今の状態では実用できないので、早く改善してほしいものです。

(2004年11月4日追記)
その後、調べたところ、上記の現象は NTFS フォーマットのドライブにインストールされた Gimp が FAT32 フォーマットのドライブを参照しようとした時に起こることがわかりました。もっとも、このバグは、gtk+ のバージョンを 2.4.9 あたりに上げた時点で直っていたようです。

2004年7月20日 (火)

Movable Typeを3.0にUpgradeしてSafariで見たら

Movable Type を2.661 から 3.0 Developer Edition 日本語版にアップグレードした直後、mt.cgi に Safari でアクセスしたら、えらくしょぼいデザインのページが表示されました(笑)。どうも、今回のバージョンから導入された mt.cgi のためのスタイルシートや Javascript 外部ファイルを、 Safari はキャッシュしていると思い込み、読み込んでくれないようです。まぁ、「Safari」メニューから「キャッシュを空にする」を選択すればいいだけの話なのですが、最初は原因が分からずパニックに陥りました(苦笑)。

ちなみに、これと同じ現象は Camino でも起こります。

BiglobeではやはりMovable Type 3.0は設置不可

Movable Type 3.0 Developer Edition 日本語版を試験的に Biglobe (www5f サーバー) にインストールしてみましたが、今までのバージョンと同様、mt-load.cgi の実行中に途中で止まってしまいます。errors.txt を参照したところ、やはり「Out of memory!」という文字が。どうやら、サーバーのほうで制限しているメモリ使用量をオーバーしてしまうのも今まで通りのようです。

2004年7月18日 (日)

Firefox 0.9.1 MacおよびThunderbird 0.7.1 Mac日本語化手順

  1. もじら組のトップページの右側のリンクから「日本語化アドオン」をダウンロードする。
  2. 当該アプリケーションを起動する。
  3. Firefox の場合は、「Fileメニュー」から「Open」をクリックして、いまダウンロードしたアドオンファイルを開く。Thunderbird の場合は「Toolsメニュー」から「Extention」をクリックして「Extention ダイアログボックス」を開いたうえ、ボックス上の「インストールボタン」をクリックしてアドオンファイルを開く。
  4. アプリケーションを再起動する。
  5. 「Toolsメニュー」から「Extention」をクリックして「Extention ダイアログボックス」を開く。
  6. いまインストールしたアドオンの項目を、Control+クリック(あるいは右クリック)する。するとコンテキストメニューが現れる。そこから「Property」を選ぶ。
  7. 言語パックを選択するためのダイアログボックスが表示される。「Japanese(ja-JP/JP) ボタン」を押す(ボタンを押しても表示上は何の変化もないため、ちゃんとボタンが押せたのかどうか不安になるが、気にせず続けること)。更に「OK ボタン」を押してダイアログボックスを閉じる。
  8. アプリケーションを再起動すると、日本語化されているはず。

2004年7月14日 (水)

日記CGIに無理やりRSS生成機能を

とある自サイトの日記 CGI に無理やり RSS 生成機能をくっつけてみました。ついでに更新 Ping を打つ Applescript を導入して、更新のたびに手動で Ping を打つことにもしました。うまく行くのかどうか、あまり自信はありませんが、いわゆる RSS リーダーで読み込んでみたところ問題はなさそうなので、たぶん大丈夫でしょう(楽観)。

2004年7月12日 (月)

P_BLOG 1.0b20

P_BLOG ver1.0b20 を XREA にインストールしてみましたが、やはりトップページと「ファイル」ページがちゃんと表示されません。x ディレクトリにインストールすればうまく行きますが、その場合、広告タグを手動で追加しなければなりません(include/fnc_base.inc.php を書き換える必要がある)。

但し、管理画面にある「環境設定」の「インデックスページ」の項目を「index.html」に書き換えたら、トップページだけはなぜかちゃんと表示されるようになるようです(「ファイル」ページはやはりだめですが)。この性質を利用すれば、AAA! CAFE にも一応は設置できるようになります。

2004年7月11日 (日)

Mac用OpenOffice.org 1.1.2(X11版)インストール失敗

Mac 用 OpenOffice.org 1.1.2 (X11版) のインストーラーを起動すると、インストールの最終段階、「Converting Fonts」のところで止まってしまいます。インストーラープログラム自体がフリーズしているわけではなさそうだったので、そのまま二時間ほど待ち続けましたが、だめでした(泣)。

問題は、インストールが完了しなかったためにアンインストールプログラムが正常に機能しないということです。私は「きれいに」アンインストールができないのが一番いやなのです。だから私は Mac OS X に、 ネイティブで動作するようにビルドされていない UNIX 系のプログラムをインストールするのを避けてきたのです。なのに、気まぐれに OpenOffice.org をインストールしようとしてしまい、結果的に失敗しました(泣)。もう二度と気まぐれは起こさないよう、肝に銘じます。

っていうか、早く OS X ネイティブで動作する OOo をリリースしてください。NeoOffice はうちの環境では重過ぎるんです・・・。

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »